ブラックリストへの掲載リスクを軽減するためのベストプラクティス

ブラックリストへの掲載リスクを軽減するためのベストプラクティス

この記事は Avoiding Email Blacklists: Best Practices for Reducing Your Risk of IP and Domain Blacklisting の抄訳です。

メール配信業務に携わる方なら、一度は「IPアドレスやドメインがブラックリストに載ってしまった」という経験があるのではないでしょうか。万一ブラックリストに登録されてしまったら、まずはメールアドレスの収集方法やSunset Policyを見直しましょう。その上で、各ブラックリストに削除依頼を出します。

IPアドレスやドメインがブラックリストに載ってしまうと、メールマーケターにとっての最優先事項である「メールの到達性」に大小様々な問題が生じてしまいます。ブラックリストへの掲載リスクを減らすために、その仕組みや送信者としてなすべきことを理解しておく必要があります。

ブラックリストの仕組みを支える、スパムトラップとは?

未承諾広告メールを送信しているIPアドレスやドメインを割り出すため、大抵のブラックリスト業者はスパムトラップを活用しています。スパムトラップとは、誰からもメールが送られて来るはずのないメールアドレスであり、大抵は次の3つのいずれかに該当します。

使われなくなったメールアドレス(Recycled Spam Traps)

かつては有効だったメールアドレスですが、長い間(通常は1年かそれ以上)使われず、休止状態になったものです。こういったものがスパムトラップとして再利用されています。

入力ミスにより登録されたメールアドレス(Typo Traps)

ユーザの入力ミスが原因でリストに登録されてしまったメールアドレスです。例えば、example@hotmail.com と入力しようとしたのに example@hitmail.com と入力してしまった、といったケースです。
上述の「使われなくなったメールアドレス」の場合と同様、これらのアドレスで受け取られたメールは決して開封/クリックされることはありません。迷惑メール対策コミュニティでは、こういったアドレスへの大量メール送信を「リストの獲得方法やリストの健全性に問題がある」ことの証拠であると考えています。

未使用のメールアドレス(Pristine Traps)

メールの受信に同意したことのないメールアドレス/ドメインです。こういったメールアドレスが宛先リストに入ってしまう主な原因としては、リストの購入、レンタル、クローリングが挙げられます。

※ ブラックリスト業者は、ユーザからの未承諾メール報告を元に、ドメインとIPアドレスのリストを作成することもあります。

ブラックリストへの掲載リスクを軽減するには

リスクを軽減するために、できる対策がいくつかあります。

ダブルオプトイン(Confirmed Opt-in)の採用

ダブルオプトインとは、新しいメールアドレスをリストに追加する前に、一度確認のメールを送信する方法です。

メリット

  • 有効でエンゲージメントの高いメールアドレスのみが、宛先リストに追加される
  • 上述の3種のスパムトラップが宛先リストに混入してしまうことを完全に防ぐことができる
  • 開封率とクリック率が大きく向上する
  • 迷惑メール報告や配信停止が減る
  • メール1通あたりのROIが改善する

デメリット

  • マーケティングメールではオプトインが20〜30%減少する可能性がある
  • サインアップ(登録申込み)時の手間が増える
エンゲージメントを基準にリストを整理

一定期間内に開封やクリックのない宛先については、宛先リストから削除しましょう。この「期間」は業界や送信頻度により異なります。

メリット

  • 「質の悪いメールアドレス」をリストから削除できる
  • 最近エンゲージメントがあった宛先にのみメールを送ることで、送信レピュテーションが向上する
  • メール1通あたりのROIが改善する
  • 迷惑メール報告や配信停止が減る
  • スパムトラップの中でも「使われなくなったアドレス」や「入力ミス」に起因するものに引っかかるリスクが著しく減少する
  • 受信を望まない人へのメールの数が減り、ブランドの評判が上がる

デメリット

  • エンゲージメントの高い宛先を判別するには、技術的な対応が必要になる
  • 宛先リストの数が減る
  • 機会損失の可能性がある(しかし、長期間エンゲージメントのなかった人の何パーセントが利益に結びつくでしょうか?)
リアルタイムなメールアドレス検証

サインアップ時に、そのメールアドレスの有効性や入力ミスもチェックしてしまいましょう。

メリット

  • ドメインの入力ミスを防げる
  • 「未使用のメールアドレス」がスパムトラップになっているケースに引っかかるリスクを減らせる
  • でたらめなメールアドレスの入力を防げる
  • ダブルオプトインよりも手間がかからない
  • 新規サインアップの場合、この種の機能は好意的に受け取られる傾向にある(「入力ミスを見つけてくれたのね!」となる)

デメリット

  • 外部サービスを利用する場合は、費用がかかる
  • 検証ロジックをカスタマイズする場合、開発が必要になる

あなたに適したソリューションはどれか?

ブラックリストへの掲載リスクを軽減するための最適なソリューションは、ビジネスモデルによって異なります。ブラックリストはメール送信者を困らせるために存在している訳ではありません。世界の迷惑メール問題は想像を絶する規模にまでふくれあがっているため、残念ながら必要不可欠となってしまっているのです。

ブラックリストの目的は、明示的な同意を得ていないにも関わらずメールを送りつけるような行為を防ぐことです。これはつまり、「何か1つ予防策を講じたからといって、ブラックリストに載らないという保証はできない」ということです。しかし、本当に受信を希望している人にのみメールを送信するよう普段から最大限努力していれば、簡単にブラックリストから削除してもらえるでしょう。

メールを確実に届けるにはダブルオプトインを採用すべきだと思います。とはいえ、採用が困難な企業も多いことでしょう。その場合は新規ユーザのエンゲージメントをチェックし、エンゲージメントのない宛先は積極的に削除していきましょう。これにより、死にアドレスへメールを送信し続けていた時間を大幅に削減できます。

サインアップ時にメールアドレスを検証する方法を採用した場合、明らかに不正なドメイン/メールアドレスは排除できます。しかしながらこの対策だけでは、メールに興味がない(=エンゲージメントがない)人にもメールが送信されてしまうため、ブラックリストへの掲載リスクは依然として残ってしまいます。

ブラックリストへの掲載や、その他の到達性問題を回避するためのTipsについて、詳しくはEmail Deliverability Guide – メールを確実に届けるためにをチェックしてみてください。