メールの到達性を上げる”宛先リストクリーニング”

この記事は Email List Hygiene: 5 Tips to Help You Keep Your Lists Clean の抄訳です。

メール配信の宛先リスト、作成後にきちんと管理していますか?どのような宛先リストにも、無効なアドレスや反応のないアドレス、そして重複が含まれているものです。実は、宛先リストを適切に管理し、”クリーン”にすることはメールの到達性を上げるための重要なポイントです。大事なのは、定期的にチェックする習慣をつけることです(半年に一度はチェックすることをおすすめします)。

では、宛先リストをクリーンにするにはどうすればいいのでしょうか?5つの方法を紹介します。

メールの到達性を上げる"宛先リストクリーニング"

1. 業者からリストを購入しない

リストの入手が容易であればあるほど、ユーザも離れやすいものです。業者からリストを購入することで一時的にメールの送信数が増えるかもしれませんが、利益につながらないことがほとんどです。なぜならば、相手にとってみれば身に覚えのないメールが届くことになり、迷惑メール報告をされたり、苦情を出される可能性が高いためです。

2. 管理や業務で利用されるアドレスを削除する

abuse@、support@、info@といった、一般的に各種窓口として利用されるアドレスは宛先リストから削除しましょう。メール配信はオプトイン形式で行うことが基本ですが、こうしたアドレスはオプトインでない可能性が高いためです。見つけたらなるべく早く削除することをおすすめします。

3. バウンスしたアドレス、無効なアドレスを削除する

バウンスしたアドレスや無効なアドレスにメールを送り続けると、様々な悪影響が出ます(特に到達性に)。見かけたら、削除するようにしましょう。多くのメール配信システムでは、ハードバウンスが2度発生したらそのアドレスを自動的に削除するようになっています。

4. 反応のないアドレスを削除する

反応がないアドレスにメールを送り続けるのも、到達性を下げる恐れがあります。なぜならば、迷惑メールを送っていると見なされて、ISP(インターネットサービス事業者)に配信をブロックされる可能性が高まるためです。反応のないアドレスは、宛先リストから削除することをおすすめします。

5. 購読希望の確認は念入りに

ウェブサイトでの購読申込に加え、送信したメールに記載されたリンクをクリックしてもらうなど、二段階の購読手続きを経ることで、購読の意向を確実に確認することができます。さらに、使えないアドレスが宛先リストに登録されるのを防ぐのにも役立ちます。

正当なメールでも、20%は受信ボックスに届いていないと言われています。メールを確実に届けるためにも、この記事で紹介した宛先リストの管理をはじめ、取るべき対策はきちんと取るようにしましょう。

到達性を上げるためのポイントについて、さらに詳しくはこちらのガイドをご覧下さい。