Apple Mail

以下の例では既に存在するメールアカウントについてSMTPサーバ設定の方法を紹介していますが、アカウント作成時にも同様に設定することができます。

SMTP設定の追加

アプリケーション > メール > 環境設定 を選択します。アカウント情報 タブで編集したいアカウント設定で 送信用メールサーバ(SMTP) ドロップダウンをクリックして、SMTPサーバリストを編集 を選択します。

Mail, Preferences, Outgoing Mail Server (SMTP) dropdown, Edit SMTP Server List

次にSMTPサーバリスト下部の + をクリックして新しい設定を追加します。

The plus button to click to add an SMTP server

アカウント情報および詳細で必要な情報を入力します:

  • サーバ名: smtp.sendgrid.net
  • 説明: SendGrid
  • デフォルトポートを使用
  • Secure Sockets Layer (SSL)を使用
  • 認証: パスワード
  • ユーザ名: SendGridアカウントのユーザ名
  • パスワード: SendGridアカウントのパスワード

Settings for Mail to use SendGrid SMTP Settings for Mail to use SendGrid SMTP

メッセージを書いているとき、件名の下に送信メールサーバの定義を選択するドロップダウンがあります。このようにして通常のSMTP送信と必要なときにSendGridを経由して送信する方法を使い分けることができます。送信メールサーバの選択を変更すると変更が保存され次回も同じサーバが利用されることに注意してください。

The dropdown menu to select the SMTP server to use for this send.

残念ながらApple Mailでは簡単にX-SMTPAPIヘッダを追加する方法はありません。

Apple Mailは他のメールクライアントと互換性のない方法で画像を添付することがあります。これは修正可能です。