メルマガを送信する(Marketing Emails編)

マーケティングメール機能は、事前に用意した宛先リストに対してメールを一括送信する機能です。Webポータルからメールの作成、宛先リストのアップロード、一括送信を行うことができます。個々の機能の詳細についてはユーザマニュアルを参照してください。API経由でマーケティングメール機能を利用することもできます。

マーケティングメールの作成

マーケティングメール機能にはたくさんのオプション設定がありますが、今回は一般的なメール配信で使用される設定をご紹介します。はじめに、Webポータルのメニューから「MARKETING > Legacy Newsletter」を選択します。

次に、マーケティングダッシュボード画面左上の「Create Marketing Email」を選択します。

作成するマーケティングメールを識別するためのタイトル(件名は後で編集します)を入力して「Create A Sender Address」を選択して差出人情報を設定します。

差出人情報設定画面で必要な情報を入力後、「Save」ボタンを選択して保存します。

再び「Create Marketing Email」画面に戻るので、次のように選択します。

  • Pick a Sender Address :先ほど作成した差出人を選択
  • Choose Content Type :「HTML + Plain text」(HTMLとテキストをセットで送る)
  • Choose how to send your Marketing Email :「Send the same Marketing Email to all recipient」(A/Bテストをしない)
  • Category :必要に応じてカテゴリを選択(指定したいカテゴリがリストにない場合は新たに作成してください)

画面下部の「Step 2 - Select Recipients」を選択します。

宛先リストの登録

次に、「Create A List」ボタンを選択して宛先リストの登録を行います。

宛先リストに名前をつけて「Step 2 - Add Recipients」ボタンを選択します。

Upload a list」ラジオボタン(リストのアップロード)を選択して「The first row contains headers」チェック(1行目にヘッダ行あり)をONにしてから「Upload」ボタンを選択します。

ファイル選択画面では、あらかじめ用意しておいた次のような内容(ヘッダに「email」と「name」属性を持つ)の宛先リストファイルを選択します。これらの属性はメール本文、件名中でカスタムタグとして使用することができます。ファイルの文字コードはUTF-8とします(Microsoft Excelで保存したcsvファイルは文字コードが異なるため、事前に変換してください)。

1
2
3
email,name
alice@test.com,アリス
bob@test.com,ボブ

ファイルの内容が正しく表示されていることを確認して、「Step 3 - Verify & Save」ボタンを選択します。

宛先リストにemailとname属性が登録されたことを確認して、「Verify & Save」ボタンを選択して宛先リストを保存します。

宛先リストに2件登録されていることを確認して「Step 3 - Design」ボタンを選択します。

メールの編集

Basic Templatesの中から適当なテンプレートを選択します。テンプレートはあらかじめ登録されているものから選択できる他、自身で保存したものを選択したり、ソースコードから全て作成することもできます。

Subjectに件名を入力して、Sectionの編集ボタン(ペンアイコン)を選択します。

Edit Sectionではテキストの編集を行うことができます。テキストにカスタムタグを埋め込むことで宛先ごとに異なる文字列を埋め込むことができます。カスタムタグは宛先リストに登録したものの前後を[]括弧でくくったものになります。編集が完了したら「Save」ボタンを選択します。

利用可能なカスタムタグはメール編集画面右側で確認することができます。

その他、メールコンテンツのHTMLページヘのリンクや配信停止リンクに置換する特殊タグや、差出人情報に置換するための差出人情報タグが利用できます。詳しくはユーザマニュアルを参照してください。

テンプレートを編集したら画面右下の「Step 4 - Review & Schedule」ボタンを選択します。

メールの内容確認とスケジュール送信

メールの内容を確認したら、画面下部の「Schedule」ラジオボタン(スケジュール送信)を選択して、送信時刻とタイムゾーンを指定します。最後に「Finish」ボタンを選択します。 ※すぐに送信する場合は「Send Now」を選択します。

送信内容の最終確認を行い「Confirm」ボタンを選択します。

送信リクエストの登録完了表示がされたら「Ok」ボタンを選択します。

マーケティングメール一覧画面でStatusが「Scheduled」となっていることを確認します。

送信時刻になると、Statusが「Sent」に変わります。時間の経過とともに各種統計情報が更新されていくので、画面をリロードして最新情報を確認できます。統計情報の詳細についてはこちらを参照してください。

制限事項

  • マーケティングメールにはファイルを添付する機能はありません。添付ファイルをクラウドストレージサービスなどにアップロードしておき、そのURLをメール本文内に記載するなどのご対応が必要になります。