配信停止リストの移行

参考動画:[Vimeo] Migrating your Newsletter Unsubscribes into Marketing Campaigns

 
旧マーケティングメール機能(Legacy Newsletter)からマーケティングキャンペーン機能に移行してからも、引き続きメール受信者の意向を尊重するようにしましょう。 そのためには、旧マーケティングメール機能(Legacy Newsletter)の配信停止リストを手動で移行する必要があります。 これにより、以前、配信停止をした人に対してキャンペーンメールが送られてしまうことを防ぎます。

マーケティングキャンペーン機能を使えば、配信停止をより効率的に管理することができ、迷惑メールを規制する法律に準拠することもより容易になります。

  • Unsubscribe Groups(配信停止グループ)機能により、送信するメールの種類に応じた配信停止が可能になります。
  • 特定の「配信停止グループ」が設定されたメールに対し、受信者が配信停止をおこなった場合、その宛先メールアドレスがどのリストやセグメントに含まれているかには関わらず、それ以降その配信停止グループのメールがその人に送られてしまうことはありません。
  • APIでメールを送信した場合も、マーケティングキャンペーン機能を使ってメールを送信した場合も、受け手の受信希望を尊重できます。(詳しくは、下記の青い注意書き部分をご確認ください。)

Unsubscribe Groups(配信停止グループ)の概要についてはこちらをご確認ください。 特にマーケティングキャンペーンに関連する配信停止グループの使い方については、Adding Unsubscribe Links in Marketing Campaignsをご確認ください。

配信停止リストのデータを旧マーケティングメール機能(Legacy Newsletter)からマーケティングキャンペーンへ手動で移行することで、配信停止設定を維持することができます。

Unsubscribe Groups(配信停止グループ)の配信停止は、旧マーケティングメール機能(Legacy Newsletter)の配信停止とは異なり、マーケティングキャンペーンでのメール送信だけではなくAPI経由のメール送信にも適用される点にご注意ください。 これにより、メールの送信方法に左右されることなく、メール受信者の配信希望を簡単に実現できるようになります。

配信停止リストを旧マーケティングメール機能(Legacy Newsletter)からエクスポートする

まずは旧マーケティングメール機能(Legacy Newsletter)のダッシュボードを開き、Recipients をクリックし、 Manage を選択します。

配信停止リストのエクスポートが必要なリストを選び、マウスポインタをそのリストの上に移動して、Manage Unsubscribes をクリックします。 必要があれば、エクスポートを始める前にこのリストに配信停止先を追加してください。

準備ができたら、宛先リストの一覧画面でリストの上にマウスポインタを移動し、今度は Export をクリックします。 Unsubscribed Emails にのみチェックが入った状態にし、Export をクリックして配信停止リストのダウンロードを開始します。

配信停止リストが非常に大きい場合は、数分かかることがあります。

配信停止リストをマーケティングキャンペーンにインポートする

旧マーケティングメール機能(Legacy Newsletter)からエクスポートした配信停止リスト(CSVファイル)を、どの配信停止グループにインポートするのがベストなのかを決めてください。 例えば、”週刊ニュースレターの購読者” という名前の宛先リストからエクスポートした配信停止リストであれば、”週刊ニュースレター” という名前の配信停止グループにする、といった具合です。

配信停止グループを新規作成するには、左メニューにある Suppressions の下の Unsubscribe Groups をクリックしてください。

ここで、配信停止グループの名前や説明を入力します(※ユーザはこのグループの単位で購読/購読解除することになります)。 新しく作成した配信停止グループの名前と説明は、受信者がメールの受信設定(配信停止設定)を変更する際に表示されます。 「そのグループではどのようなメールを送信するのか?」について、受信者にとって分かりやすく簡潔な説明を入力してください。

 例)
 グループ名:週刊ニュースレター
 説明:人気記事のダイジェストを週に1回お届けします。

Save をクリックすると、新しいグループが追加されます。

グループを作成できたら、旧マーケティングメール機能(Legacy Newsletter)からエクスポートした配信停止リストをインポートします。

作成した配信停止グループの横にある 歯車アイコン をクリックし、Upload CSV を選択してください。

エクスポートしたCSVファイルを灰色の枠の部分にドラッグ&ドロップするか、もしくは “browse your computer” をクリックしてファイルを選択し、Save をクリックします。

配信停止グループを指定する

これで配信停止リストの移行は完了です。 実際にキャンペーンメール(週刊ニュースレター等)を送信する際には、それに応じた適切な配信停止グループを指定するようにしてください。

配信停止グループを指定するには、キャンペーンメールの作成画面の Settings タブの Recipients の下にある Unsubscribe Group で、当該グループを選択します。

これで配信停止グループの設定は完了です。このグループのメールを配信停止した宛先に対し、メールが送られてしまうことはありません。

配信停止グループについて詳しくは、こちらをご確認ください。

マーケティングキャンペーンの配信停止については、Adding Unsubscribe Links in Marketing Campaignsで詳しく解説しています。