概要

Whitelabelは、SendGridがユーザの許可を得てメール送信している、ということを証明する機能です。

設定する際には、メール送信に使用する独自ドメインのレジストラに、SendGridからのメール送信を許可していることを表すDNSレコードを登録します。各DNSサーバのキャッシュが更新されると、受信側メールサーバはそのDNSレコードをチェックすることで、信頼できる送信元(SendGrid)からのメールであると確認できるようになります。

これにより、独自ドメインや固定IPアドレスのレピュテーションを高め、メールの到達性を改善することができます。

SendGridはドメインを提供していません。すでに登録済みドメインをお持ちの場合、それを管理するレジストラ(お名前.comなど)が存在します。Webサイトのホスティング会社がレジストラを兼ねていることもあります。

DNSレコードの変更については、レジストラにお問い合わせください。

DNSレコードの変更は、ウェブへのアクセスにすぐさま影響する可能性があります。注意深く自己責任で行ってください。疑問点などあれば、サポートにお問い合わせください。

Whitelabelの種類

Domain Whitelabel

Domain Whitelabelは、独自ドメインで送信ドメイン認証するための機能です。これはメールの到達性を改善します。

ただし到達性には、送信元IPアドレスのレピュテーションも影響することにご留意ください。

Email Link Whitelabel

Email Link Whitelabelは、メール本文にテキストリンクや画像リンクを入れていて、さらにクリックや開封をトラッキングしている場合、メール内のリンクアドレスを独自ドメインにする機能です。これにより、受信側メールサーバはリンクアドレスが貴方の制御下にあるということが分かります。

外部のURL短縮サービスを使ってリンクアドレスのドメインを誤魔化す手法は悪用されやすいため、迷惑メールフィルターに引っかかりやすくなります。

IP Whitelabel

IP Whitelabelは、Domain Whitelabelと一緒に機能します。両方とも設定することが理想的です。複数のドメインが一つのIPアドレスを指しうるため、たいていはIP Whitelabelの方がより強くレピュテーションに影響します。

IP Whitelabelの設定には、固定IPアドレス(Silverプラン以上)が必要です。固定IPアドレスは追加することができます。一つの固定IPアドレスに複数のドメインを割りあててメール送信することも可能です。ただし、ドメイン同士がIPアドレスのレピュテーションを共有してしまうことにご留意ください。

Whitelabelの設定

Whitelabelの設定は、ポータルのメニュー「SETTINGS > Whitelabel」から行うことができます。詳しくは、各機能のページをご覧ください。

  1. Domain Whitelabelの設定
  2. Email Link Whitelabelの設定
  3. IP Whitelabelの設定
  4. 独自ドメイン利用(Whitelabel)および設定時のDNSレコードについて、詳しく教えてください

Whitelabelの仕組み

受信側メールサーバによるメールヘッダ確認

受信側メールサーバは、不適切なメールから受信者を守るため、メールが適切と判断できるまでは迷惑メール扱いします。そのため送信者は、できるかぎり自身の情報を開示する必要があります。受信側メールサーバは、メールヘッダから分かる送信者と送信サーバについて情報確認します。

受信側メールサーバが確認する基本事項の一つが、ヘッダFromと送信サーバのドメインが一致しているかどうかです。一致していない場合、メールアプリによっては、差出人名のところに「sendgrid.net経由」のような表示をする場合があります。

メールヘッダへの情報追加

SendGridにメール送信リクエストを送ると、ユーザの許可を得てメール送信していることを受信側メールサーバに伝えるため、SendGridはメールヘッダに送信者を証明する情報を追加します。

Domain Whitelabelを設定していない場合、FROMアドレスに関係なくsendgrid.netから送信されたように表示されるでしょう。

Whitelabel設定の優先順位

送信者を証明する情報は、メールヘッダへ慎重に追加する必要があります。

この作業はSendGridが行うため、心配は要りませんが、その手順は知っておくとよいでしょう。

送信するメールに適用できる有効(VALID)なWhitelabel設定がない場合は、sendgrid.netのWhitelabel設定が使用されます。

SendGridが、送信するメールにどのWhiltelable設定を適用するかは、次の優先順位に従います。

  1. FROMアドレスのドメインと一致する有効なWhitelabel設定
  2. デフォルトの有効なWhitelabel設定
  3. sendgrid.net

サブユーザの場合は、次の優先順位に従います。

  1. サブユーザのFROM欄のドメインと一致する有効なWhitelabel設定
  2. サブユーザのデフォルトの有効なWhitelabel設定
  3. 親アカウントの有効なWhitelabel設定
  4. sendgrid.net