テンプレートの作成と編集

メールテンプレートは、異なるメールクライアントやモバイル環境でもキレイに表示されるよう作成する必要があり、HTMLやCSSの知識も必要になります。 技術に詳しい人がいない場合、フロントエンドやテンプレート周りの担当エンジニアをアサインした方が良いでしょう。 また、実際にメールを送信する前のテストには、Litmusのようなレンダリングアプリケーションを活用されることをお勧めします。

現在のところ、1アカウントで作成できるのは 300テンプレート、300バージョン までとなっています。

Transactional Templateは、アカウント(またはサブユーザ)ごとに独立しています。親アカウントで作成したテンプレートに、サブユーザからアクセスするといったことはできません。

テンプレートの作成

まずはテンプレートを追加してみましょう。

“Create Template” をクリックし、テンプレート名を入力してください。

“Save” をクリックすると、テンプレートのグループが作成されます。

新しくバージョンを作成するために、ドロップダウンメニューを開きます。

“Add Version” をクリックすると、メールのエディタが表示されます。テンプレートの件名や本文はここで編集できます。

これまで使っていたメールテンプレート(もしくは、インターネットのフリーテンプレート)をベースにして編集するのが最も簡単です。

テンプレートの編集

メジャーなメールアプリケーションの中にはテーブルレイアウトしか読み込めないものがあるため、テンプレートはインラインまたはヘッダースタイルのテーブルベースのHTMLにするのが無難です。

HTMLのコードを編集するには、画面上部の “CODE” をクリックします。 表示されたコードエディタ(黒背景部分)にHTMLコードを設定してください。

Transactional Template では、2種類のタグ <%subject%><%body%> を使うことができます。 これらのタグはメールを送信するときにAPIから渡される動的コンテンツ(件名や本文)で置き換えられます。 タグ

コードをペーストする場合は、コードエディタに元々表示されていたデフォルトのコードを上書きしてしまうことがあるかと思いますが、特に問題はありません。

編集が終わったら、Save ボタンをクリックして全ての変更を保存します。 実際にメールを送信する前に、意図した通りのテンプレートになっているかを再度確認してください。

テキストメール用のテンプレートを編集する場合は、上部のバーにある「T」アイコンをクリックしてテキストメールエディタに切り替えます。

表示プレビューとテスト送信

テンプレートを編集したら、意図した通りに表示されるか、プレビュー表示やテスト送信で確認しましょう。 テンプレートを有効化する前には必ずテストすることをお勧めします。


プルダウンメニューの “Preview & Test” をクリックすると、サイドバーが開き、そのメールのプレビュー(モバイル版/PC版)が表示されます。

ここからテストメールを送信することもできます。

“Send Test” ボタンをクリックすると、テストメールの送信先と件名を指定することができます。

レイアウトやフォーマットについてはこのテストメールで表示を確認できますが、Substitution Tag は置換されませんのでご注意ください。

テンプレートの有効化

テンプレートは複数のバージョンを持つことができますが、1つのテンプレートで有効化できるバージョンは1つだけです。 新しく作成したバージョンでメールを送信するには、そのバージョンを “Active(有効)” にしておく必要があります。

バージョンを有効化するには、設定メニュー(歯車アイコン)から “Make Active” を選択してください。

テンプレートの複製

今あるテンプレートから新しいバージョンを作成する場合は、設定メニュー(歯車アイコン)から “Duplicate” を選択します。

「オリジナルバージョンの名前 + “clone” + 日付」という名前で複製バージョンが作成されます。 複製されたバージョンは自動では有効化されないため、必要に応じて有効化してください。

配信停止タグ

受信者がメールを配信停止するためのリンクを挿入するには、Substitution Tagsを使います。 これにより受信者は、以下の操作を行うことができるようになります。

  • 当該グループのメールのみ配信停止する
  • 全てのメールを配信停止する
  • 配信設定を変更する

グループごとに配信停止できるようにするには、使用するUnsubscribe Groups(配信停止グループ)をメールの送信時に指定しておく必要があります。 SMTP経由でメールを送信している場合、X-SMTPAPIヘッダにグループIDを追加してください。 Web API経由でメールを送信する場合は、mail.send の呼び出し時に、x-smtpapiパラメータにグループIDを追加してください。

Manage Email Preferences” を使用する場合は、設定画面に表示する配信停止グループも指定する必要があります。

詳しくは、API Referenceをご参照ください。

グループIDは、以下のいずれかの方法で確認できます。

当該グループのメールのみ配信停止する

メールの本文中に <%asm_group_unsubscribe_url%> タグを入れておくと、そのタグは “Unsubscribe From This List” というテキストに置換されます。受信者がこのリンクをクリックすると、当該配信停止グループのメールが配信停止(Group Unsubscribe)されます。

全てのメールを配信停止する

メールの本文中に <%asm_global_unsubscribe_url%> タグを入れておくと、そのタグは “Unsubscribe From All Emails” というテキストに置換されます。受信者がこのリンクをクリックすると、全てのメールが配信停止(Global Unsubscribe)されます。

配信設定を変更する

メールの本文中に <%asm_preferences_url%> タグを入れておくと、そのタグは “Manage Email Preferences” というテキストに置換されます。 受信者がこのリンクをクリックすると購読管理ページが表示され、どのグループのメールを受け取るかを受信者が自ら選択することができます。