概要

Transactional Template(※ログインが必要)を使うと、トランザクションメール用のテンプレートの作成や編集を、SendGridのWeb画面上で、シンプルかつ柔軟に行うことができます。
既存のアプリケーションに組み込まれたメールテンプレートを取り出し、代わりにこのTransactional Templateを使うようにしましょう! この機能を使うと「マーケター」「開発者」「デザイナー」のスムーズな業務連携が可能になり、SendGridの画面上でメールテンプレートの作成と編集ができます。

現在のところ、1アカウントで作成できるのは 300テンプレート、300バージョン までとなっています。

Transactional Template で作成されたテンプレートは、アカウント(またはサブユーザ)ごとに独立しています。 親アカウントで作成したテンプレートに、サブユーザからアクセスするといったことはできません。

テンプレートの作成と編集

テンプレートはバージョン管理することができます。
各バージョンは固有の名前で管理され、それぞれメールの件名と本文が設定できます。Transactional Template では、視覚的に(もしくはコードエディタを使って)HTMLやインラインCSSを追加/編集することができ、テキストメール用のテンプレートも設定できます。

テンプレートの管理

アップデートやバージョンの追加といったテンプレートの管理は、UI上から簡単に行うことができます。
新しいバージョンの準備が整うまでは、現行の最新バージョンを Active にしておく、といった使い方ができます。

システム連携

新しいテンプレートでメールを送信するときは、アプリケーションの開発チームと打合せてください。
開発者向けのより詳しい情報については、 Transactional Template API および SMTP API をご参照ください。

使ってみましょう!


参考:Template Engine チュートリアル