宛先リストの作成と管理

マーケティングメール機能(Legacy Newsletter)は旧機能です。 新機能であるマーケティングキャンペーン機能をご確認ください。

宛先リストの作成

宛先リストの作成には、3つの段階があります。ここでは各段階について説明します。

  1. Create A List Name:リスト名の設定
  2. Add Recipients:宛先の追加
  3. Verify & Save:確認と保存

宛先リストの作成画面は、メニューバーの Recipients をクリックし、プルダウンメニューから Create New を選択すると表示されます。もしくは、Dashboard の上部にある、Create a Recipient List をクリックします。 宛先リストの作成

STEP 1: リスト名の設定

リストを識別するための名前を入力します。 リスト名の設定

STEP 2: 宛先の追加

宛先をリストに追加します。追加方法は次の3つから選択できます。 宛先の追加

1. Upload a list

ローカルのCSVファイル(または半角カンマ区切りのTXTファイル)をアップロードします。 宛先の追加

ファイルは 必ず UTF-8 形式で保存してください。 Excelで作成したファイルはSJIS形式となっています。形式を変更するには、SJIS形式で出力したファイルを一旦メモ帳などで開いて、UTF-8形式で保存してください。

メールアドレス以外の情報(氏名など)をマーケティングメールで使用する場合、CSVファイルにカラムを追加してください。追加したデータはカスタムタグとして使用できます。

Uploadボタンをクリックし、ファイル選択ダイアログからローカルのCSVファイルを選択します。アップロード後、宛先リストのサンプル(5行分)が表示されます。サンプルの内容を確認し、必要に応じてカラム名を設定します。カラム名が未定義(Undefined Column)の場合、そのカラムはアップロードされませんのでご注意ください。

カラム名には日本語を使わないようにしてください。

1
2
3
name,email
"SG Support","support@sendgrid.com"
"Sales Team","sales@sendgrid.com"

<確認画面> アップロードの確認画面 ※CSVファイルにヘッダ(カラム名)がある場合は、「The first row contains headers」をONにしてください。

2. Add recipients manually

手入力で追加します。 基本的には上記「Upload a list」の場合と同じです。必要に応じて追加カラムを定義してください。 手入力で追加

行を追加する場合は「Add a row」、列を追加する場合は「Add a column」をクリックします。

3. External URL

外部サーバ上のCSVファイルを宛先リストとして使用します。 外部ファイルの指定

ファイルURLを指定し、Checkをクリックします。基本的には上記「Upload a list」の場合と同じです。

URLには必ずスキームを含めてください。(例:http://、ftp:// )

Checkをクリックし、リストのプレビューを確認した上で、カラムの編集を行なうようにしてください。

Activate dynamic mode をONにすると、メール送信時に最新の宛先リストの情報を再取得します。

基本認証を使用する場合は、次のようにURLを指定します。
例)http(s)://ユーザ名:パスワード@ドメイン名/ファイル名
※ ftp(s) の場合も同様です

STEP 3: 確認と保存

アップロードされたメールアドレスが表示されます。不要なアドレスはここで削除してください。 確認と保存

「Verify & Save」をクリックするとリストが保存されます。


宛先リストの管理

宛先リストの一覧

  • Recipient List Name :宛先リストの名前
  • Number of Contacts :リスト内の宛先の総数
  • Unique Open Rate :ユニーク開封率
  • Open Rate :開封率
  • Opt Out Rate :配信停止率

ページ上部にある検索フォームで、宛先リストを名前でフィルタすることができます。

複数のリストを統合する場合、統合するリストを選択して「Merge」をクリックします。リストを削除する場合は「Delete」をクリックします。

各宛先リストの上にカーソルを移動すると、次のメニューが表示されます。 メニュー

  • Edit
    リスト内の宛先を、移動・コピー・削除することができます。 編集
    • Bulk Actions
      • Move to
        選択されている宛先を、別のリストに移動します。Move to をクリック後、移動先のリストを選択してください。
      • Copy to
        選択されている宛先を別のリストにコピーします。Copy to をクリック後、コピー先のリストを選択してください。

Bulk Actionsでは、移動先/コピー先に該当メールアドレスが既に存在している場合、そのアドレスは追加されません。なお、アドレス以外のカラムがある場合、その情報は上書きされます。

  • Update
    リスト内の宛先を、追加・更新することができます。手順はリストを作成するときと同じです。 リストの更新
  • Clone
    既存の宛先リストをコピーして、新しく作成します。
  • Stats
    この宛先リストに関する、統計データを表示します。
    デフォルトでは、このリストに送信した全てのマーケティングメールの統計が表示されます。特定のマーケティングメールの統計のみを表示する場合は、右上のプルダウンから選択します。 統計情報の確認
    • Download
      統計データをXLSファイルにエクスポートします。
    • Print
      統計グラフと表を、印刷しやすい形で表示します。
  • Custom Tags
    宛先リストのカスタムタグを設定します。 メールの本文でカスタムタグを使用すると、タグの中身が実際の宛先リストのデータに置き換えられて送信されます。 カスタムタグ タグを追加する場合は、左下の Add a Custom Tag をクリックし、タグ名を設定してください。 カスタムタグを追加したら、必ずそのタグに対応するデータを宛先リストのカラムに追加してください。そうしないと、タグには何のデータも追加されず、受信者には単なる空欄が表示されてしまいます。

タグ名には日本語を使わないようにしてください。

マーケティングメールを効率的に送信するために、「カスタムタグの作りすぎ」や「カスタムタグのデータの合計サイズが大きすぎる」といった事態は避けるようにしてください。 詳しくは Custom Tag Sending Best Practices をご参照ください。

  • Manage Unsubscribes
    配信停止、および配信停止の解除を行ないます。 配信停止の管理 上部のプルダウンで、「Bounce」「Unsubscribe(配信停止リクエスト)」などのタイプを選択して表示することができます。
    • Download as Csv from all lists
      各リストをダウンロードできます。
    • Resubscribe(配信停止の解除)
      選択されているメールアドレスをリストから削除し、配信停止状態を解除します。
    • Upload(ファイルアップロード)
      • Unsubscribes
        配信停止リストをアップロードします。
      • Re-subscribes
        配信停止解除リストをアップロードします。
  • Subscription Widget
    このウィジェットを使うと、Webサイトへの訪問者が、直接マーケティングメールの宛先リストに自身のメールアドレスを登録することができるようになります。
    “Manage Recipients Lists” を開き、特定の宛先リストの “Subscription Widget” をクリックしてください。ポップアップが表示されるので、ご自身のドメイン名を入力し、Generate Widget Code をクリックします。なお、ドメイン名はSendGridデータベースへの追加リクエストの認証で使われるため、入力必須です。
    生成されたコードを、ご自身のWebサイトに埋め込んでください。メールアドレス等を入力し、Subscribe ボタンをクリックすると、指定したメールアドレスが該当の宛先リストに追加されます。
    デフォルトでは全てのフィールドが表示されますが、HTMLコードを編集することで表示項目を変更することができます。もっと細かく設定やスタイルを変更するためのAPIもあります。詳しくはGithubをご確認ください。
  • Export
    宛先リストをCSVファイルに出力します。リストの一部のみを出力することもできます。
    • Usable Emails :利用可能なもの全て
    • Bounced Emails :Bounceが発生したもの
    • Blocked Emails :Blockが発生したもの
    • Invalid Emails :Invalidが発生したもの
    • Unsubscribed Emails :配信停止リクエストされたもの
    • Spam Reports :迷惑メール報告されたもの
  • Delete 宛先リストを削除します。