概要

Marketing Emails機能からマイグレーションを行う場合、こちらを参照してください。

SendGridのMarketing Campaigns(※ログインが必要)には、以下のような機能があります。

  • 宛先リストの読み込み
  • セグメント機能
  • キャンペーンメールの作成と送信
  • Stats(統計)の確認
    etc.

Senders(差出人情報) - 差出人情報は、Senders(※ログインが必要)から追加・編集できます。 キャンペーンメールを送信する際の、Fromの表示名、Fromメールアドレス、Reply-toメールアドレス、住所(会社所在地)を設定します。

Custom Fields(カスタムフィールド) - 宛先固有の属性情報を差し込むには、Custom Fields(※ログインが必要)を作成し、データをアップロードします。 作成したカスタムフィールドは、タグを使ってその値をメールに差し込んだり、宛先のセグメント条件に利用したりすることができます。

Contacts(宛先) - CSVファイルで宛先リストをアップロードできます。その際、宛先リストを新規作成するか、既存のリストを更新するかを選択できます。 SendGridはアップロードされたデータを読み込み、すでに宛先リストに存在しているメールアドレスの場合はカスタムフィールドの値を更新します。また、それらの宛先は自動的にセグメントにも追加されます。

リストとセグメント - 宛先リストの確認や追加だけでなく、セグメントを作成することもできます。 新しい宛先が追加されると、セグメントも自動的に更新されます。

Templates(テンプレート) - Templates(※ログインが必要)では、よく使うメールテンプレートのコード(HTML)をコピー&ペーストし、保存しておくことができます。 作成したメールテンプレートはサムネイル表示されるので、メール作成時にも簡単に見つけることができます。

Campaigns(キャンペーンの作成と送信) - メールは、Campaigns(※ログインが必要)で作成します。 コンテンツの編集、宛先リストの選択、配信停止の設定、トラッキング用のカテゴリの追加ができます。 設定後、すぐにメールを送信することもできますし、別の時間にスケジュール配信することもできます。

A/Bテスト - メールを作成する際、”Testing > ACTIVE A/B TESTING” をON(有効)にすることで、A/Bテストを実施できます。 複数のバージョンのメールを作成し、受信者からの反応が最も良いバージョンを送信することができます。

Drag & Drop エディタ - Drag & Drop エディタを使えば、メールをすばやく作成することができます。 サイドバーの”Build”タブから簡単にモジュールを追加・編集でき、各モジュールをドラッグ&ドロップするだけで順番を入れ替えることができます。

Overview(ダッシュボード) - Overview(※ログインが必要)では、Marketing Campaignsから送信したメールの統計データを確認できます。

ご不明な点がございましたら、Marketing Campaigns FAQ(英語)もあわせてご確認ください。

API

Contacts API - リストの作成・管理・セグメント

Campaigns API - キャンペーンメールの作成と送信