Inbound Parse

SendGridのInbound Parse Webhook機能は、特定のホストへのメールをSendGridが受け取り、自動的に本文・添付ファイル・ヘッダといった要素に分け、それらのデータを指定されたURLへPOSTすることができるものです。これにより、SendGridを経由してメールを受け取ることが可能になります。

どのような形式でデータが渡されるのかなど、テクニカルな情報については Inbound Parse Webhook をご参照ください。

Inbound Parseの管理

Inbound Parseの設定ページを開くと、設定済のホスト名とURLの一覧が確認できます。 各行の右側の歯車アイコンをクリックすると、設定の変更や削除をすることができます。

ホスト名とURLの追加

Inbound Parse Webhook機能を使うには、メールの送信先となるホスト名と、各メールデータ(本文、添付ファイル、ヘッダなど)のPOST先となるURLを設定する必要があります。

Host Name

SendGridでメールを受け取れるようにするため、MXレコードを設定したドメインを指定します。(例: parse.yourdomain.com)

なお、ここで指定するホスト名(受信するメールのドメイン)は以下の条件をすべて満たしている必要があります。

  • サブドメイン+ドメインが、グローバルで一意(ユニーク)である
  • Domain Whitelabelが1つ以上設定されているドメインである

URL

パースされたメールデータのPOST先URLを指定します。

Spam Check

Inbound Parseで受け取ったメールがスパムかどうかをチェックし、明らかにスパムである場合は受信拒否して迷惑メール報告をします。

Send Raw

このオプションを選択すると、パースされていないメールのソースをそのまま受け取ることができます。

API

Inbound Parse Webhookの使い方については、Inbound Parse Webhook APIをご覧ください。