リストとセグメント

Marketing Emails機能からマイグレーションを行う場合、こちらを参照してください。

参考動画:[Vimeo] Contacts, Lists, and Segments

リストとセグメントとは?

リスト(Lists)は、宛先データの静的なコレクションです。 宛先を追加すると、デフォルトでは ALL CONTACTS の配下に保存されます。 宛先を追加する際(手動でもCSVファイルアップロードでも)に、リストを作成することも可能です。

セグメント(Segments)は、定義した基準に基いてグループ化(もしくはセグメント化)された、宛先データの動的なコレクションです。 これには、性別、場所、パッケージの種類、これまでに送信したメールへの反応といったデータを使用することができます。 セグメントは、ALL CONTACTS、もしくは、特定のリストから作成することができます。

セグメントの基準を満たす顧客を追加するか、もしくは宛先データを変更することで条件を満たすことで、セグメントは動的に更新されます。 例えば、「30日以内にメールを開封した」という基準のセグメントは、宛先がメールにエンゲージした(もしくはしない)ことによって自動的に変化します。 セグメンテーションは、あなたのキャンペーンに適した受信者に確実にリーチしようとした場合に特に有用です。

キャンペーンを送信するためには、1つ以上のリストもしくはセグメントを作成する必要があります。

リストの管理

リストの管理機能には、Contacts(※ログインが必要)の歯車アイコンからアクセスできます。 リスト名の右側にあるアイコンをクリックすると、以下のプルダウンメニューが表示されます。

  • Export(宛先のエクスポート)
  • View List(リストの確認)
  • Edit List(リストの編集)
  • Delete(リストの削除)

View List(リストの確認)

“View List”を選択すると、そのリストの内容が確認できます。 ページ上部に表示されている鉛筆アイコンをクリックすると、リストの名前を変更できます。 リスト名を編集したら、Enterキーで変更を保存します。

Edit List(リストの編集)

“Edit List”を選択すると、アップロードダイアログが表示され、リストに宛先を追加することができます。 このダイアログから直接リストのセグメントを作成することもできます。

Delete(リストの削除)

“Delete”を選択すると、リストが削除されます。 本当にリストを削除して良いかの確認の後、リストと宛先の紐付けが削除されます。実際の宛先情報はデータベースに残ります。

リストの作成

宛先をアップロードするとリストが作成されます。 詳しくは、Contacts > Upload CSV をご覧ください。

リストは最大100まで作成できます。

リストに宛先を追加

リストに宛先を追加するには、リスト名の横の歯車アイコンをクリックし、”Edit List”をクリックします。 ポップアップ画面が表示され、そこから新しくCSVファイルをアップロードするか、手動で宛先を追加することができます。

リストから宛先を削除

リスト名をクリックし、宛先の一覧を表示します。 削除する宛先の横にあるチェックボックスをONにすると、画面右上にボタンが表示され、選択している宛先の数が表示されます。 そのボタンをクリックし、”Remove from this list”を選択すると、それらの宛先がリストから削除されます。リストからは削除されますが、データベースには宛先情報が残っています。

“Delete”するとその宛先はデータベースから完全に削除され、元に戻すことはできません。 Deleteした場合は、必要に応じて手動またはCSVファイルにて再度追加してください。

これらの宛先を、宛先データベースそのものから削除するには、”Delete”を選択してください。

New Segment(セグメントの作成)

事前に保存しておいたリストのデータを元に、複数の条件でセグメンテーションすることができます。 セグメントを作成する際は、以下の項目を条件として使用することができます。

  • メールアドレス(email)
  • 姓(last_name)
  • 名(first_name)
  • その他すべてのカスタムフィールド

セグメントは最大100まで作成できます。

セグメントを作成するには、Contactsページの “Add List or Segment” をクリックします。

表示されたプルダウンメニューの中から “New Segmentation” を選択し、作成するセグメントの抽出条件を指定します。 なお、各カスタムフィールドの FIELD TYPE によって、表示される演算子(IS, IS NOT, IS BEFORE, IS AFTER, CONTAINS WORD, など)は異なります。

例えば FIELD TYPE が “number” の場合は、

  • is(等しい)
  • is greater than(より大きい)
  • is less than(より小さい)

“text” の場合は、

  • is(一致する)
  • is not(一致しない)

といった具合です。

条件を追加する際は、AND または OR を選択できます。 AND の場合は両方の条件が満たされている必要があり、 OR の場合はどちらかの条件が満たされればOKです。

各セグメントには、最大15まで条件を作成できます。

メールキャンペーンのエンゲージメントの高さによってセグメンテーションすることもできます。 新しいセグメントを作成する際、抽出条件(Select Condition)の中から Engagement: Opens もしくは Engagement: Clicks を選択してください。 これにより、特定のキャンペーンに興味のあるユーザに売り込みをすることが可能になります。 特に、エンゲージメントの高いユーザにクーポンを配布する、といった際に便利です。

セグメントリストのエクスポート

セグメントの歯車アイコンから “Export” を選択すると、データをエクスポートできます。 Exportすると、ご利用のSendGridアカウントのメインのメールアドレスに対し、SendGridからメールが送信されます。そのメールに記載されているURLをクリックすると、すべての宛先とカスタムフィールドの値が含まれたCSVファイルをダウンロードすることができます。

エクスポート時にSendGridから送信されるのは、このようなメールです。

CSVエクスポートのダウンロードリンクの有効期間は、24時間です。

‹ Contacts
Templates ›