ステップ4 キャンペーンの作成

ここまででキャンペーン送信に必要なデータは揃いました。いよいよ、メールの中身を作成します。「Create New Campaign」ボタンを押します。

Campaignsページが表示されたら「Create Campaign」ボタンを押します。

Create a Campaignのパネルが表示されます。Templates(メールテンプレートから作成する)か、Paste HTML(HTMLを記述する)か選ぶことができます。

今回はテンプレートを利用して作成していきます。デフォルトではSendGridがあらかじめ用意した9つのテンプレート(すべてレスポンシブなテンプレートです)を選ぶことができます。このテンプレートを変更したものを、さらにテンプレートとして再利用したり、HTMLで記述したメールからテンプレートを作成する、など、テンプレートは柔軟に増やすことができるようになっています。

今回はSendGridが用意したテンプレート(Templates > SendGrid Templates)から「UNDERWOOD BLUE」を選びます。「Continue」ボタンを押すと、エディタ(ビルダーと呼ばれることもあります)が表示されます。

エディタでは、タグの埋め込みやA/Bテスト、スケジュール送信など多くの設定・機能があるため、今回はキャンペーンメール送信に必要な最低限の説明のみ抜粋します。画面左の「Settings」タブ以下の項目を設定します。

CAMPAIGN SETTINGS

  • 差出人の選択(From Sender)
  • メールのタイトル入力(Email Subject)
  • (任意)プリヘッダー入力(Emal Preheader)
  • (任意)カテゴリ入力(Categories)

RECIPIENTS

  • 配信停止グループの選択(Unsubscribe Group)

ここまで入力したら、キャンペーンのテスト送信をしてみましょう。「Send Test Email」にテスト送信先のメールアドレスを入力して「Send」ボタンを押します。これだけで、テンプレートそのままのキャンペーンメールがテスト送信されます。

届いたメールを確認します。テスト送信なので、件名に「Test -」と自動で付きます。

テスト送信が確認できたら「Lists/Segments to Send To」のプルダウンから事前に作成した「サンプルキャンペーンのリスト」を選択してください。

ここで、少しだけテンプレートを編集してみます。これ以降は自由に操作しても構いません。本チュートリアルでは、ボタンを追加して、指定したURLを開くような機能を追加してみます。「Build」タブの「ADD MODULES」から「BUTTON」を選択して、下図のようにドラッグ&ドロップしてください。

するとボタンが下図のように配置されます。

このボタンを選択すると、「MODULE STYLES」にボタンの属性情報が表示されます。

Button Textでボタン名を変更し、Button URLにボタンをクリックした際に表示するサイトのURLを入力してください。ここではAlignmentを左寄せにしたり、Border Radiusを変えてボタンの丸みを大きくしたりしています。

配置したボタンと画像の位置が近いので、「ADD MODULES」から「SPACE」を選んでボタンの下に置きます。

今回はこれで完成としますが、その他、内容を変えたり、別のモジュールを追加したり、色々試してみてください。

なお、画面上部にあるスマートフォンのアイコンをクリックすると、モバイルでのデザインがプレビュー表示されます。

SendGridが用意しているテンプレートはレスポンシブ対応しているため、下図のようにモバイルでも綺麗な表示となります。

また、メール本文や件名に宛先毎に異なる文字列を埋め込むには、「Tags」タブの「SUBSTITUTION TAGS」に表示されるタグをメール本文や件名に記載してください。こうすると、メール送信する際にタグが対応する文字列に置換されます。タグは、宛先リストをアップロードした際に作成した各カスタムフィールドの他、差出人情報、配信停止、Webリンクなど様々なものが利用できます。

なお、カスタムフィールドタグの場合、「|」の右側にデフォルト値を設定することができます。これを利用することで、カスタムフィールドに値が設定されていない場合に、「%first_name% 様」といった形でタグが残ってしまう事故を防ぐことが可能です。

最後に「Send」ボタンでキャンペーンを送信します。

キャンペーンの一覧が表示され、ステータスなどが表示されます。ここでは「SCHEDULED」と表示されていますが、リロードするとステータスが変わります。送信を完了すると「SENT」になります。

届いたメールを実際に開いたり、追加したボタンを押してリンク先ページを開いた後に再度みると、開封率やクリック率などが変わっていることを確認できます。統計情報の確認について詳しくはこちらを参照してください。

次のステップ

より高度な内容については以下を参照してください。