Exchange 2010

本章はMicrosoft Exchange 2010をメールサービスとして利用している場合、SendGridを通じてSMTPを利用するのに必要な事項を説明しています。Exchange Management Console内で設定する必要があります。

本章は既にExchange 2010がインストールされクライアントからのアクセスと外部インターネット向けにメールの送信が可能な状態を前提としています。connectorを正しく設定していない場合、SendGridのアカウントを通じてメッセージ送信ができない結果になる可能性があります。

送信コネクタの設定の詳細については、TechNetのドキュメントを参照してください。

新しい送信コネクタの設定は単純ですが、送信コネクタへのアクセスを適切にコントロールするために必要な設定により複雑になる可能性があります。SendGridを通じて単純にメールを送信するだけからはじめましょう:

  1. Exchange serverまたはExchange Management Consoleがインストールされているサーバにログインします。
  2. スタート > すべてのプログラム > Microsoft Exchange Server 2010 を開き、Exchange Management Console をクリックします。
  3. 組織の構成 リストを開き、ハブ トランスポート を選択します。
  4. サイドバーから 送信コネクタの新規作成 をクリックします。

デフォルト設定では「Default」という名前で送信コネクタが設定されます。インターネットにメールを配信するSMTPサービスを提供するためにこれを設定します。アドレススペースはアスタリスク”*“の形で一般的に動作するように表示されています。

  1. 送信コネクタに任意の名称をつけ、使用目的はインターネットを選択します。これにより、認証されたスマートホストと連携することが可能になり、Exchange 2010がドメインフォレスト外のホストを通してメッセージを配信するのに必要なデフォルトの送信権限を追加します。
  2. 次へ をクリックします。
  3. 追加 をクリックして送信コネクタがメール送信可能なアドレス空間を指定します。インターネット上の全ての宛先に送信する場合、アドレスフィールドに”*”を入力します。特定のドメインにのみ送信したい場合、ドメイン名を入力します。全てのサブドメインへの送信を許可したい場合、 全てのサブドメインを含む のチェックをONにしますが、*.SAMPLEDOMAIN.COMといった内容にした方が好ましいです。この送信コネクタが誤って使用されないように高いコスト(最大100)を設定します。
  4. 次へ をクリックします。
  5. ネットワーク設定ページで、メールを次のスマートホストを経由してルーティングする を選択します。
  6. 追加 をクリックします。
  7. 完全修飾ドメイン名(FQDN) を選択して次のように入力します: smtp.sendgrid.net
  8. 次へ をクリックします。
  9. スマートホスト認証設定の構成 ページで、基本認証 オプションを選択し、TLS経由の基本認証 チェックボックスをONにします。そして ユーザー名パスワード を入力します。
  10. 次へ をクリックします。
  11. Exchange serverが単一の構成の場合、自動的に表示されます。他のサーバにこの送信コネクタを配置する場合、サーバの場所を追加をクリックします。
  12. 次へ をクリックします。
  13. 設定を確認し問題なければ 新規作成 をクリックします。
  14. 設定が正しく完了した場合、通知が表示されます。 終了 を選択します。

送信コネクタのインストールを完了したら、新しい送信コネクタへのアクセスを制限するためにサーバの設定を変更します。詳細は送信コネクタについて を参照してください。