認証

Authorizationヘッダ

AuthorizationヘッダにAPI Keyを指定して要求を行うことで認証を行います。

APIキー

Web API v3はAPI Keyをサポートします。API Keyを利用することで、ユーザ名/パスワードとは異なる方法で認証することができます。APIキーはアカウントに対して追加のセキュリティレイヤーとして機能するとともに、パーミッションを割り当ててアクセス可能な範囲に制限を設けることができます。APIキーはhttps://app.sendgrid.com/settings/api_keysで作成できます。キーを使用するには、”Bearer XXX”という値の”Authorization”ヘッダを追加する必要があります。ここでXXXはAPIシークレットキーです。

ヘッダ例:

1
2
GET https://api.sendgrid.com/v3/resource HTTP/1.1
Authorization: Bearer ここにAPI Keyを入れる
1
curl -X "GET" "https://api.sendgrid.com/v3/templates" -H "Authorization: Bearer ここにAPI Keyを入れる" -H "Content-Type: application/json"