サブユーザの作成/管理

この機能は、Silver以上のアカウントでのみ利用可能です。 サブユーザの最大作成数は15です。これより多くのサブユーザが必要な場合、サポートまでお問合せください。

サブユーザとは”子アカウント”のことで、これは親アカウントに紐付いています。
SendGridへのアクセス情報や、メールの送信上限通数といったものは、サブユーザごとに個別に設定することができます。

サブユーザは、メール送信やAPIの処理を分けて管理するのに便利な機能です。 SendGridでは、送信するメールの種類ごとにサブユーザを作成することをお勧めしています(トランザクションメールとマーケティングメールで別のサブユーザを使用する、など)。 SendGridユーザの中には「送信するメールの種類や機能ごとにStats(統計情報)を分けるために、複数のサブユーザに細分化している」という方もいらっしゃいます。

サブユーザの管理

サブユーザ名をクリックすると、そのサブユーザの設定ページが表示されます。 設定内容の確認や変更、無効化、削除といったことは、ここで設定できます。

サブユーザの作成

SendGridアカウントを作成した時点では、サブユーザは1つもありません。

サブユーザを作成するには、[Settings > Subuser Management](https://app.sendgrid.com/settings/subusers)(※ログインが必要)にアクセスし、ページ上部の”Create New Subuser”をクリックします。必要な情報を入力し、”Create Subuser”をクリックすると、作成されたサブユーザのプロフィールページが表示されます。

サブユーザは15まで作成できます。これより多くのサブユーザが必要な場合、サポートまでお問合せください。

サブユーザからSendGridのWebポータルにアクセスするには、sendgrid.comからログインしてください。日本公式サイトsendgrid.kke.co.jpからはログインできませんので、ご注意ください。

Username(サブユーザ名)は半角英数で指定してください。日本語は使えません。

Username - サブユーザのユーザ名です。サブユーザからのメール送信や、APIアクセスに使用します。

Email Address - サブユーザ用の連絡先メールアドレスです。 サポートや利用規約の確認等で必要となりますので、必ず有効なメールアドレスを設定してください。 なお、SendGridから直接サブユーザに連絡する際は、親アカウントにもメールさせていただきます。

Password - サブユーザからsendgrid.comにアクセスするためのパスワードです。

Confirm Password - パスワードの確認です。上と同じパスワードを入力してください。

Avatar - メールアドレスを入力すると、gravatarの画像が読み込まれます。一覧からサブユーザを見つけやすくするためのものです。

Email Monitorで送信されたメールは、送信通数としてカウントされます。

Email Monitor - サブユーザが送信するメールをサンプリングし、指定されたメールアドレスに転送することができます。 デフォルトではこの機能はオフになっているので、有効化する場合は、”Off”ボタンをクリックして”On”に変更してください。 有効化すると入力フォームが表示され、サンプリングの「頻度」と「転送先メールアドレス」を設定することができます。

“Collect Sample Rate”には、サンプリングの頻度を指定します。
例えば”Collect Sample Rate”に100を設定した場合、そのサブユーザがメールを100通送信するごとに、100通目のメールのコピーが転送されます。

各サブユーザの振る舞いは、そのサブユーザに割り当てられているIPアドレスのレピュテーションに影響します。 そのため、親アカウントや他のサブユーザと同じIPアドレスを共有している場合は注意が必要です。

Bronze以下のプランの場合、他のユーザとIPアドレスを共有している状態です(共有IPアドレス)。 Silver以上のプランにアップグレードすると固定IPアドレスが割り当てられ、親アカウントやサブユーザの送信挙動によって固定IPアドレスのレピュテーションが変動します。

IP Addresses

Silver以上のプランにアップグレードすると、固定IPアドレスが1つ割り当てられます。 SendGrid経由で送信される全てのメールは、このIPアドレスから送信されることになります。 (※IPアドレスを追加で購入して割り当てている場合や、IP Poolsを使用している場合を除く)

サブユーザについても同様です。サブユーザの作成時に、メール送信で使用するIPアドレスを選択します。

画面上には同じIPアドレスに割り当てられている他のユーザが表示されているので、同じようなユーザをまとめることができます。

固定IPアドレスを追加する場合は、サポートまでお問合せください。

Optional Profile Information

この情報は必須入力ではありません。 ただし、親アカウントの情報と異なる場合は入力することをお勧めします。 SendGridからサブユーザに直接連絡を取る際に使用されます。

First Name - サブユーザの名

Last Name - サブユーザの姓

Company - 会社名

Company Address - 会社所在地

Company Phone Number - 会社電話番号

Company Website - 会社WebサイトのURL

各サブユーザのサマリ情報のエクスポート

各サブユーザのパフォーマンスを知りたい場合、Subuser Management(※ログインが必要)の”Export Data”ボタンをクリックしてください。 CSVファイルが作成され、各サブユーザのレピュテーション、当月および先月の送信リクエスト数を確認することができます。