Senders

旧Marketing Emails(Legacy Newsletter)機能からマイグレーションを行う場合、こちらを参照してください。

参考動画:[Vimeo] Account Settings and Sender Identities

アカウント設定の確認

Account Details(※ログインが必要)にアクセスし、タイムゾーンとメールアドレスが正しく設定されていることを確認してください。 これらの情報は、宛先リストのアップロード完了通知メールや、スケジュール配信に使われます。 必要に応じて修正してください。

差出人情報の作成

差出人情報を編集したり、キャンペーンメールを送信したりする前に、Verify(送信元メールアドレスの確認)が終わっている必要があります。

スケジュール配信が設定されている場合、そのキャンペーンメールで使用している差出人情報は削除できません。

迷惑メールを規制する法律を遵守するため、メールには送信元の情報を含める必要があります。 SendGridのSenders(※ログインが必要)を使うことで、正しく入力しておいた差出人情報をメールに追加することができます。

“Create New Sender” をクリックすると、差出人情報を設定するためのフォームが表示されます。

差出人情報は最大100まで作成できます。

  • From Name(From名)
    受信者に表示される差出人名(送信者名)です。
  • From Email Address(Fromメールアドレス)
    メール送信者のメールアドレスとして表示されます。
  • Reply-To Email Address(Reply-Toメールアドレス)
    受信者がメールの「返信」ボタンをクリックした際の、返信先メールアドレスです。
  • Company Address, City, State, Zip Code, Country(会社所在地)
    会社所在地の表示は法律により義務付けられています(※一部例外あり)。
  • Nickname(一意な名前)
    この差出人情報を一意に識別するための名前を指定してください。この名前がメールの受信者に表示されることはありません。

これらの情報を入力してから “Save” をクリックしたら、次の「Verify(送信元メールアドレスの確認)」をしてください。

Verify(送信元メールアドレスの確認)

送信元メールアドレスの確認が完了していない場合、その差出人情報はメール送信には使えません。 これは、きちんと迷惑メールを規制する法律に則ってメールを送信するためのセキュリティ機能です。

まずは、先ほどの手順で差出人情報を作成してください。 “Save” をクリックすると、Fromメールアドレスとして指定したアドレス宛にSendGridからメールが送られてきます。

Verify用のリンクの有効期間は、48時間です。

  1. SendGridから送られてきた確認メールをチェック
  2. 確認メールに記載されているURLをクリック
  3. これでVerifyは完了です

確認メールを再送するには、その差出人情報の歯車アイコンをクリックし、メニューから “View” を選択します。 “Resend Verification” ボタンをクリックすると、再送されます。

送信元メールアドレスの自動Verify

有効なDomain Whitelabel があり、そのドメインが差出人メールアドレスのドメインと一致している場合は、自動的にVerifyされます。

差出人情報をキャンペーンメール内で使用する

Senders(差出人情報)で指定したデータは、メールの中に差し込むことができます。 キャンペーンやメールテンプレートのコンテンツ内で、次のタグを指定してください。

[Sender_Name] - 差出人情報の From Name

[Sender_Address] - 差出人情報の Address および Address2

[Sender_City] - 差出人情報の City

[Sender_State] - 差出人情報の State

[Sender_Zip] - 差出人情報の Zip Code

差出人情報の内容を全て表示

差出人情報をすべて表示するには、次のようなタグを使用します。

1
2
3
[Sender_Name]
[Sender_Address]
[Sender_City], [Sender_State] [Sender_Zip]