Unique Arguments

SMTPAPI JSON文字列でメールに対して無制限のユニーク引数を追加することができます(上限は10,000 byte)。この引数はトラッキングのためだけに使用されます。Event WebhookEmail Activityページで一覧を取得することができます。

これらの引数はJSON文字列を使用して以下のように追加することができます:

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
{
  "unique_args": {
    "customerAccountNumber": "55555",
    "activationAttempt": "1",
    "New Argument 1": "New Value 1",
    "New Argument 2": "New Value 2",
    "New Argument 3": "New Value 3",
    "New Argument 4": "New Value 4"
  }
}

これらの引数はSendGridのEvent WebhookからのPOST内で見ることができます。POST内のコンテンツは以下のような形になります:

WebhookでPOSTされるデータの例

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
{
  "sg_message_id": "145cea24eb8.1c420.57425.filter-132.3382.5368192A3.0",
  "New Argument 1": "New Value 1",
  "event": "processed",
  "New Argument 4": "New Value 4",
  "email": "user@example.com",
  "smtp-id": "<145cea24eb8.1c420.57425@localhost.localdomain>",
  "timestamp": 1399331116,
  "New Argument 2": "New Value 2",
  "New Argument 3": "New Value 3",
  "customerAccountNumber": "55555",
  "activationAttempt": "1"
}

いくつかのケースでは、イベントでunique_argsが取得できない場合があります。例えば、Return-Pathを通じて返される特定のバウンスなどが該当します。開発時にPOST内のunique_argsを取り扱う場合、この点にご留意ください。

また、Unique ArgumentsはあなたのアカウントのEmail Activity Tab内で見ることができます。

メール個別に異なるUnique Argumentsを適用する場合、Substitution Tagsを使用することができます。以下に例を示します:

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
{
  "sub": {
    "-account_number-": [
      "314159",
      "271828"
    ]
  },
  "unique_args": {
    "customerAccountNumber": "-account_number-"
  }
}