API Keys

APIキーは、アプリケーション、メールクライアント、WebサイトなどからSendGridへアクセスする際の認証に使います。ユーザ名やパスワードを変更することなしに、いつでも削除できます。そのため、可能な場合はAPIキーを使ってアクセスすることを推奨しています。

Name - APIキーのラベル名。

API Key ID - APIキーのID。API経由で、APIキーの編集や削除をする際に使います。

Action - APIキーの設定を編集したり、削除することができます。

APIキーの作成

「Create API Key」ボタンをクリックして、ドロップダウンメニューから「General API Key」を選択すると、ラベル名および各APIに対する権限の設定ウィンドウが、ページの横からポップアップ表示されます。このラベル名はポータルに表示されるため、用途の分かりやすい名前を付けましょう。

APIキーは一度しか表示されません。再確認することはできないため、安全な場所に保存してください。

APIキーの権限

APIキーを作成する際に、各APIに対する権限をどの程度与えるか選択します。これによりAPIキーのアクセス範囲を制限できます。

具体的には、表示される次のアクセスレベルから選択可能です。

  • No Access 対象APIのエンドポイントにはアクセスできません。
  • Read Access 対象APIのエンドポイントには、HTTP動詞「GET」によってのみアクセスできます。
  • Full Access 対象APIのエンドポイントには、利用可能な全てのHTTP動詞によってアクセスできます。

作成者よりも強い権限を持ったAPIキーを作成することはできません。

「Save」ボタンをクリックすると、作成されたAPIキーが表示されるので、コピーしてください。ページを離れると、以降は再確認できません。

APIキーの編集

APIキーを編集をするためには、同じ列の歯車アイコンをクリックして「Edit Details」を選択します。ラベル名と各APIに対する権限を編集できます。

APIキーの削除

APIキーを削除すると、以降はそのAPIキーを使ってサービスにアクセスできなくなります。

APIキーを削除するためには、同じ列の歯車アイコンをクリックして「Delete」を選択します。削除されたAPIキーを使った場合は、アクセスが拒否されます。

APIキーを使ったメール送信

APIキーを使ってAPI経由でメールを送信する方法は、APIリファレンスまたはHow Emails Are Sentをご覧ください。