メールが届いているか確認する

メールを送信したはずなのに受信トレイに届かないときは、まず何が起きているかを把握しましょう。Activity 機能は、送信したメールの状況を把握するのに便利なツールです。各イベントの詳細はユーザマニュアルを参照してください。

Activityに記録されるイベントタイプ

  • Processed: SendGridに対するメール送信リクエストの受付
  • Delivered: 宛先サーバによるメール受付
  • Bounces: 恒久的な配信エラー(ハードバウンス)
  • Deferred: 一時的な配信エラー(ソフトバウンス)
  • Blocks: ソフトバウンスしたためSendGrid側で再送を試みたが、一定時間経っても宛先サーバが受け付けなかった
  • Drops: 送信リクエストの破棄(バウンスリストや配信停止リストに掲載されていた、など)
  • Spam Reports: 受信者からの迷惑メール報告
  • Unsubscribes、Group Unsubscribes、Group Resubscribes: 配信停止または配信停止の解除
  • Opens: HTMLメールの開封
  • Clicks: リンクのクリック
  • Parse: Inbound Parse Webhookでのメール受信

Activityの基本的な使い方

ActivityはWebポータルの「Activity」メニューからアクセスできます。発生したイベントが時系列に降順(上が新しく、下が古い)で表示されます。Activityでは次の情報を確認できます。

  • TYPE
    イベントタイプ(上述)
  • email
    メールの宛先。宛先アドレスまたはドメインなどで表示を絞り込むことができます。
  • CATEGORY
    メール送信時に指定したカテゴリ。カテゴリは、トランザクションメールの場合はSMTP API(X-SMTPAPI)で指定します。マーケティングメール機能の場合は、Webポータル上でカテゴリを選択できます。
  • TIME
    イベントの発生時刻。Account Detailsで設定したアカウントのTIME ZONE設定に依存します。

また、表示対象のイベントを絞り込むこともできます。特定のイベントに着目したい場合などに利用します。

各イベント行右端の「i」アイコンを選択するとイベントの詳細を確認できます。中でも重要なのが「REASON」です。例えば、Bouncesイベントの場合、メールが届かなかった理由を確認できます。

よくあるケース別のActivityの見方

メールが宛先サーバに届いていることを確認する

Deliveredイベントは宛先サーバがメールを正常に受け付けた(SMTPの応答コード250)ことを示します。

Deliveredイベントが発生しているのに受信トレイに届かない場合、次の可能性が考えられます。

  • 迷惑メールフォルダに振り分けられている
  • 受信側の判断によりフィルタリングされたり、破棄されている
  • 宛先側の事情により受信トレイに届くのに時間がかかっている

メールが遅延して届く

ProcessedとDeliveredの間にDeferredが複数回発生する場合、宛先側の問題により一時的な配信エラーが発生しています。Deferredイベントは正常な宛先に送信した場合でも発生することはあるので、それほど気にする必要はありません。ただし、送信実績のない宛先に大量に送信した場合など、スロットリングが疑われる場合は、送信量を減らすなど対策が必要になる場合があります。

バウンスする

Bounceイベントは存在しない宛先に送信した場合などに発生します。原因に応じて個別に対処する必要があります。詳しい原因はREASONで確認できます。

メールがDrop(破棄)される

Dropイベントは、SendGrid側で送信できる条件を満たしていないと判断された場合に発生します。メールは送信されず破棄されます。

原因はREASONで確認できます。例えば次のようなケースでDropが発生します。

  • 配信停止リストに掲載されている宛先に送信しようとした
  • バウンスリストに掲載されている宛先に送信しようとした
  • SMTP API(X-SMTPAPI)の内容に問題があった

メールが送信されるまでの時間を確認する

ProcessedとDeliveredの発生時刻の差を見ると、SendGridがメールを配信するまでにかかった時間が分かります。表示対象の宛先アドレスとイベントを絞り込むことで見やすくなります。

同じ宛先にたくさん送信していてProcessedとDeliveredの対応が不明な場合、SMTP-IDが同じことを確認します。SMTP-IDはメール毎にユニークな値が割り当てられています。

  • Processedの詳細

  • Deliveredの詳細

制限事項

Activityには次のような制限事項があります。

  • 表示されるイベントの保存期間は7日間です。この期間を過ぎたデータは参照できません
  • 保存期間内であっても1度に表示できる件数には制限があります
  • Activityに表示されるデータのダウンロードはできません

このようなActivity機能の制限を回避する方法については「Event Webhookでイベントを受信する」を参照してください。