設定

サブユーザを作成すると、Settings(設定)画面が表示されます。この画面は、サブユーザの一覧でサブユーザ名をクリックすることでも表示されます。

ここでは、メール送信状況の確認や、登録内容の変更、メールの送信上限を設定することができます。

サブユーザの状況確認

画面の上部には、サブユーザのメール送信状況がひと目で分かるサマリ情報が表示されています。 親アカウントには、作成した全てのサブユーザの行動に責任があるため、この情報には常に注意を払ってください。

Requests - このサブユーザが送信したAPIリクエスト数です(当月分)。 1リクエストで複数のメールを送信することもできるため、メールの送信通数とは必ずしも一致しません。

Reputation - レピュテーションが下がると、そのサブユーザはSendGridからメールを送信することができなくなることがあります。

Opens - このサブユーザからのメールが開封された数です(当月分)。

Clicks - このサブユーザからのメールのリンクがクリックされた数です(当月分)。

Credit Allocation

作成した各サブユーザには、自動的に「Unlimited Credits(送信可能なメール通数:上限なし)」の権限が与えられます。 すぐにメールを送信できるようにこのような設定となっていますが、上限は変更することができます。 この設定にはいくつか選択肢があります。

Unlimited Credits(上限なし) - 新規サブユーザのデフォルト設定です。 各サブユーザは必要な分だけメールを送信することができます。

Recurring Credits(期間で通数指定) - 一定期間(日/週/月)内で送信可能な通数を指定することができます。 上限に達すると、そのユーザからのメール送信リクエストはSendGridに拒否されます。

Nonrecurrent Credits(合計通数で指定) - 送信可能な合計通数を指定することができます。時の経過によって通数が回復することはありません。 上限を増やすには、手動もしくはAPIでより大きな数を指定する必要があります。

Add/Subtract Credits

Credit Allocationで”Nonrecurring Credits”を選択した場合のみ指定できる、オプション設定です。

“Nonrecurring Credits”で送信可能通数を指定している場合、“Change Credit Rules”をクリックすることで、その上限を増減させることができます。

Select Whitelabel

親アカウントは特定のWhitelabelやIPアドレスを指定してメールを送信することができますが、サブユーザでも同じです。 サブユーザごとに使用するIPアドレスを指定することで、送信するメールの種類や目的等によってセグメント化し、お互いのIPアドレスのレピュテーションを保護することができます。

サブユーザの作成時に、そのサブユーザで使用するWhitelabelやIPアドレスを選択できますが、後から設定を変更する場合はここから変更できます。 複数のIPアドレスを選択した場合、SendGridはそれらのIPアドレスを交互に使用してメールを送信します。

Email Monitor

Email Monitorで送信されたメールは、送信通数としてカウントされます。

サブユーザが送信するメールをサンプリングし、指定されたメールアドレスに転送する機能です。
有効化する場合は、”Off”ボタンをクリックして”On”に変更してください。 有効化すると入力フォームが表示され、サンプリングの「頻度」と「転送先メールアドレス」を設定することができます。

“Collect Sample Rate”には、サンプリングの頻度を指定します。 例えば”Collect Sample Rate”に100を設定した場合、そのサブユーザがメールを100通送信するごとに、100通目のメールのコピーが転送されます。

Disable Account

サブユーザからSendGridへのアクセスを一時的に停止するには、”Enabled”ボタンをクリックし、黄色い”Disabled”ボタンに切り替えます。

再度有効化するには、”Disabled”ボタンをクリックし、緑の”Enabled”ボタンに戻してください。

Delete Account

サブユーザを削除してしまうと、元には戻せません。 削除してしまう前に、本当に削除しても良いかよく確認してください。 削除すると、該当サブユーザのすべてのアクセスは即座に取り消されます。

サブユーザを削除するには、赤い”Delete”ボタンをクリックし、ポップアップされた確認ダイアログの”Confirm”をクリックします。 この操作は元には戻せませんので、本当に削除して良いかよく確認してください。