Event Webhookでイベントを受信する

Activityに表示されるデータは、メールのトラッキング管理以外に、メールマーケティングにも活用できる重要なデータですが、Activity機能の制限事項のためアプリケーションでの活用は困難です。このイベントデータを活用する場合、「Event Webhook」という機能を利用します。この機能はあらかじめ指定したURLにイベントの内容をPOSTします。POST先でデータを蓄積することで柔軟な活用ができます。Event Webhookの詳細についてはAPIリファレンスを参照してください。

Event Notification設定

Event WebhookのPOST先やイベント種別の指定はEvent Notification設定で行います。まず、Webポータルのメニューで「Settings > Mail Settings」を選択します。

次に、Mail Settings一覧にある「Event Notification」を「ON」にして、「edit」リンクを選択して設定変更します。

HTTP POST URL」にはPOST受信するアプリケーションのURL(後述)を指定します。「SELECT ACTIONS」でPOST対象のイベント種別を選択します。不明な場合は「All」を選択して全てのイベントをPOST対象とします。

設定を完了したら画面右上の✔マークを選択して編集を完了します。

Tracking設定

Clicked、Opened、Unsubscribeの各イベントを発生させるには、Event Notification設定の他に、送信メールにトラッキング用URLを埋め込むためのTracking設定が必要になります。Tracking設定はWebポータルのメニュー「Settings > Tracking」で行います。

Click Tracking、Open Tracking、Subscription Tracking設定を「ON」にすることでそれぞれのトラッキング用URLがメールに埋め込まれます。各設定の詳細については、ユーザマニュアルを参照してください。Subscription Trackingを利用した配信停止の管理方法についてはこちらも参考にしてください。

POSTを受信するアプリケーションの準備

POSTを受信するにはWebアプリケーションを用意する必要があります。Webアプリケーションの実装に手間を掛けたくないという方向けに、簡単にデータを受信する方法をいくつかご紹介します。

イベントの発行テスト

受信側アプリケーションの準備ができたらEvent Notificationページで「Test Your Integration」ボタンを選択してテストイベントを発行します。アプリケーション側でイベントが受信できることを確認したら設定完了です。最後に実際にメールを送信してイベントを受信できることを確認してください。Event WebhookのPOST内容を確認するなど、デバッグが必要な場合はAPIリファレンスを参照してください。