Contacts

旧Marketing Emails(Legacy Newsletter)機能からマイグレーションを行う場合、こちらを参照してください。

参考動画:[Vimeo] Contacts, Lists, and Segments

マーケティングキャンペーンにおいて、なくてはならないものの一つに「Contacts(宛先)の管理」があります。 Marketing Campaignsでは、宛先の追加、アップロード、削除を Contacts(※ログインが必要)から行います。

2,000宛先までは無料です。

宛先を追加するには、”Add List or Segment” をクリックし、アップロード方法を選択してください。

メールを送信する前に、必ずメール受信者からの明示的な許可を得てください。 SendGridでは、購入またはレンタルした宛先リストへの送信を禁止しています。 詳しくは、Eメールポリシー をご確認ください。

Manual Add(手動追加)

宛先を1つ、手動で直接追加するには、CSVアップロード画面の “Manual” タブをクリックします。 そこで、追加する宛先の情報を入力してください。

Upload CSV(CSVアップロード)

SendGridのポータル画面からCSVファイルでアップロードするか、もしくはAPI経由で追加することができます。 うまくいかない時は、トラブルシューティング をご確認ください。

Contacts(宛先)は、メールアドレスがキーとなっています。 そのため、同じメールアドレスを複数登録することはできません。 複数登録しようとした場合は、元のレコードが上書きされます。 データが上書きされた場合、ロールバックする(元に戻す)ことはできません。

アップロード用のCSVファイル

CSVファイルは、必ず UTF-8 で作成してください。

CSVファイルのアップロードで、簡単にSendGridデータベースへ宛先を追加できます。 スプレッドシートで宛先データをお持ちの場合、Microsoft ExcelやGoogleスプレッドシートのようなアプリケーションを使うことで、CSVファイルとして保存することができます。 その他のデータベースシステムでも、大抵は宛先をCSVファイルとしてエクスポートできるはずです。

CSVファイルには、宛先メールアドレスだけでなく、カスタムフィールドの値も含めてください。 例えば、email, first_name, last_name, country, city, age というデータがあった場合、“country,” “city,” “age” の部分はカスタムフィールドです。

CSVファイルの1行目は、各列を特定するためのヘッダ行である必要があります。 CSVファイルのサンプル(※1行目はヘッダ)もあわせてご確認ください。 ヘッダには、半角英数とアンダースコアのみ使用できます。 カスタムフィールドのデータをアップロードする場合、事前に定義しておいたカスタムフィールドの名前と同じものをCSVのヘッダ行に指定しておくことで、スムーズにアップロードすることができます(※必須ではありません)。

メールアドレスがキーになっています。 そのため、CSVファイルのヘッダには必ず email を含めてください。 email列がない場合、データを追加することはできません。 また、email列にメールアドレスのデータが入っていない場合、その行はインポートされません。

宛先のアップロード

先ほどの手順で作成したCSVファイルをアップロードすることにより、宛先を追加することができます。 同じ宛先を2回以上アップロードした場合、データは追加もしくは上書きされ、最後にアップロードされたデータが正とみなされます。

SendGridは、宛先データベース(ALL CONTACTS)に重複データを作成したり、リストやセグメントに何度もデータを追加したりすることはありません。

CSVアップロードで宛先を追加

新しい宛先を追加するには、”Add List or Segment > Upload CSV” を選択します。 “Drag and drop your CSV here or select it from your computer” と書かれたエリアにファイルをドラッグ&ドロップするか、もしくはそのエリアをクリックしてファイルを選択します。

アップロードできるCSVファイルのサイズは、最大2GBです。

CSVアップロードで新しいリストを作成

CSVアップロード時に新しいリストを作成するには、まず “Add List or Segment > Upload CSV” を選択します。 ”+ Add to New List” をクリックし、作成するリストの名前を入力してからCSVファイルを選択します。

リストに宛先を追加

既存のリストに宛先を追加する場合も、手動追加、もしくはCSVファイルからアップロードできます。 Contactsページを表示し、リストの歯車アイコンから “Edit List” を選択します。 ポップアップ画面のタブで、Upload(通常のCSVアップロード)またはManual(手動追加)を選択してください。

カスタムフィールドのマッピング

ファイルをアップロードすると新しいウィンドウが表示され、CSVファイルから読み込まれた各列のヘッダが表示されます。

CSVファイルの中にアップロードしたくないデータが含まれている場合、その列の読み込みをスキップすることができます。 “Email” 以外 のすべての列は、列名の右に表示されている “Skip Column” チェックボックスを選択することでスキップすることができます。 スキップされた列のデータはアップロードされず、宛先プロフィールにも表示されません。

どの列のデータを、どのカスタムフィールドと紐付けるかを指定できます。 ヘッダがカスタムフィールドの名前と一致している場合は自動的に紐付けられます。 また、アップロード時にカスタムフィールド自体を追加することも可能です。

ファイルをアップロードすると進行状況が表示されます。 リストが非常に大きい場合、SendGridは読み込みプロセスを開始し、既存のセグメントがある場合はその内容も自動的に更新します。 リストが小さい場合は、すぐに新しい宛先を確認できるでしょう。

新しい宛先の読み込みプロセスが完了すると、以下のサマリが含まれた通知メールが来ます。

  • 処理された宛先の合計数
  • 新しく追加された宛先の数
  • 更新された宛先の数
  • エラーの数
  • 各エラー行のエラーメッセージ

エラーがあった場合は、エラー行のCSVファイルのダウンロードリンクがあります。 内容を確認し、データを修正してから再度アップロードしてください。 追加された宛先の数をUI上でチェックする場合は、ページを読み込み直してください。

エラー行のCSVのダウンロードリンクの有効期間は24時間です。

リストをアップロードする前にセグメントを作成していた場合、条件にマッチする宛先があれば自動的にそのセグメントに追加されます。

宛先プロフィールの表示

メールアドレスの検索では、大文字と小文字は区別されませんが、”@” や TLD(”.com” や “.io” など)を含む完全なメールアドレスを指定する必要があります。

特定の宛先のプロフィールを表示するには、リストの中からその宛先を見つけるか、宛先データベース(ALL CONTACTS)の検索ボックスで検索します。 メールアドレスをクリックすると、その宛先のメールアドレス、SendGridによって追加された予約フィールド、および、その宛先に紐付けられたリストを確認することができます。

その宛先に割り当てたカスタムフィールドや、その宛先が追加されているリストを表示するには、Contact Detailsページの下部にあるタブをクリックします。 すべてのカスタムフィールドを一度に確認することもできますし、“Text”、“Date”、“Number” といったデータ型ごとに表示することもできます。

宛先プロフィールの編集

宛先プロフィールの内容を変更する場合は、そのセクションの “Edit” ボタンをクリックします。 ここでは、SendGridの予約フィールドの値(メールアドレス以外)、追加したカスタムフィールドの値、および、その宛先が含まれているリストといったものが編集できます。

宛先に紐付いているリストを編集するには、”Associated Lists”タブを選択し、”Add to List”で紐付けたいリストを選択します。

特定の宛先を削除

特定の宛先をリストから削除するには、削除する宛先の歯車アイコン から “Remove from list” を選択します。
同じところに “Delete” というメニューも表示されていると思いますが、これをクリックするとその宛先の情報はデータベースから完全に削除されます。

全ての宛先を削除

全ての宛先を一度に削除するには、Contacts(※ログインが必要)にアクセスします。 ALL CONTACTSの歯車アイコンをクリックし、Delete All Contactsをクリックしてください。

これにより、SendGridのアカウントを破棄することなく、マーケティングキャンペーンで管理している全ての宛先を削除できます。

トラブルシューティング

ファイルのアップロードがうまくいかない

文字コード

英語以外の言語が含まれている場合は、CSVファイルをUTF-8で作成する必要があります。 文字コードがUTF-8になっているか確認してください。

データ書式

CSVの日付書式を確認してください。 Excelを使ってCSVを作成する場合、CSVとしてエクスポートする前に日付の書式を指定しておく必要があります。 西暦は4桁の数字(99ではなく1999)にしてください。日と月は数字1文字でも構いません。

使用できる日付書式は次の通りです。

  • MM/DD/YYYY
  • MM/D/YYYY
  • M/D/YYYY
  • M/DD/YYYY

ヘッダ行がない

CSVには、必ずヘッダ行を含めてください。

  1. “email” 列は必須です。
  2. 大文字/小文字は区別されません。
  3. その他の列はブランク(空)でも構いません。

手持ちの宛先リストの中にメールアドレスの重複がある

SendGridのMarketing Campaigns機能では、メールアドレスがキーとなっています。 そのため、同じメールアドレスのデータを複数回アップロードしても同じ宛先が複数追加されることはなく、アップロード(更新)の度にカスタムフィールドの値が最新の値で上書きされます。 これにより、配信停止した宛先にメールを送信してしまうというアクシデントを抑止することができます。

メールアドレスが重複してしまった理由(製品ラインが複数あるなど)によって適切なカスタムフィールドを設定し、リストをセグメンテーションすることをおすすめします。