Activity

Email Activityでは、送信したメールに関するアクティビティを確認することができます。ただし、サブユーザから送信されたメールの情報はここには含まれません。

ご利用のアカウントから送信された全てのメールのイベントが表示されており、直近のアクティビティを確認できます。また、特定のメールアドレスで検索することも可能です。

参考動画:[Vimeo] Email Activity Feed

Email Activityで確認できるのは、直近の7日間分のデータのみです。 全てのデータをリアルタイムに確認するには、Event Webhookの利用をご検討ください。

イベント

Email Activityでは、以下のイベントを確認することができます。

イベント

Processed

SendGridがメール送信リクエストを受け付けたときに発生します。 Webサイト、アプリケーション、メールクライアント経由のSMTPリレー、APIなど、全てのリクエストで発生します。

※CCやBCCが設定されている場合、それぞれでProcessedが発生します。(例:TO・CC・BCCに1つずつ宛先が設定されたメールを1通送信すると、Processedは3件発生)

Clicks

受信者が、メール本文中のリンクをクリックしたときに発生します。

※Clickイベントをトラッキングするには、事前にClick Trackingを有効にしておく必要があります。
Subscription Tracking(配信停止リンク)のクリックはカウントされません。

Delivered

SendGridからメールが送信され、受信側メールサーバがそのメールを受け付けたときに発生します。

※受信ボックスへのメールの到達を保証するものではないことにご注意ください。

Opens

受信者がメールを開封したときに発生します。

※Openイベントをトラッキングするには、事前にOpen Trackingを有効にしておく必要があります。

Unsubscribes

受信者から配信停止のリクエストを受けたときに発生します。

日本の法律でも配信停止用リンクの表示義務が定められています。
※SendGridは、送信するメールに配信停止のためのリンクを自動で追加するためのアプリケーションSubscription Trackingを提供しています。 受信者がこのリンクをクリックすると「配信停止リスト」に登録され、次からその宛先へのメール送信はSendGridにより自動的にDrop(破棄)されます。 なお、Subscription Tracking はマーケティングメール機能には適用されませんのでご注意ください。

Group Unsubscribes

特定の配信停止グループに対する、配信停止リクエストを受けたときに発生します。

Group Resubscribes

特定の配信停止グループに対する、配信停止が解除されたときに発生します。

Deferred

受信側のメールサーバから、送信を少しストップするようにリクエストされたときに発生します。

このとき、受信側メールサーバからは一時的なエラー(400番台のエラーコード)が返されています。 よくある発生原因としては、受信者のメールボックスが一杯になっている、接続がタイムアウトした、MXレコードが解決できない、などが挙げられます。
Deferredが発生した場合、SendGridは時間を置いて再送信を繰り返します(72時間)。 たまたまタイミングが悪く、一時的にメールの受信ができなかっただけの場合、メールの再送信を行った時点でシステムが正常に戻っていればメールは通常通りに受け付けられます。

Drops

サプレッションリストに登録されている宛先にメールを送信しようとした場合、SendGridはそのメールを自動的にDrop(破棄)します。このときメールは送信されません。これにより、SendGridは送信者のレピュテーションを保護します。

参考:メールがドロップしてしまったのですが、なぜでしょうか?どう対処すればいいですか?

Bounces

受信側のメールサーバから受信を拒否されたときに発生します。

このとき、受信側メールサーバからは恒久的なエラー(500番台のエラーコード)が返されています。 よくある発生原因としては、宛先のメールアドレスが存在しない、ドメイン指定による受信拒否、メールサーバがブラックリストに登録されている、などが挙げられます。Bounceが発生すると、その宛先は自動的にバウンスリストに登録され、次からその宛先へのメールはSendGridにより自動的にDrop(破棄)されます。

参考:バウンスメールとその対策
参考:Deliverability Centerを利用してバウンスメールの理由を確かめる

Blocks

送信元IPアドレスがブラックリストに掲載されてしまっている場合や、ISP等によってブロックされている場合に発生します。 これはBounceほど深刻ではなく、永続的な問題ではないため、次からのメールが自動的に破棄されることはありません。

Spam Reports

フィードバックループに対応しているISP(Hotmailなど)の利用者が「迷惑メール報告」を行ったときに発生します。

迷惑メール報告はレピュテーションに悪影響を与えるため、本当に受け取りたいと思っている受信者にのみメールを送ることが非常に重要です。 Spam Reportが発生すると、その宛先は自動的に迷惑メール報告リストに登録され、次からその宛先へのメールはSendGridにより自動的にDrop(破棄)されます。

Parse

Inbound Parse Webhookで受信したメールが処理されたときに発生します。

フィルタリング

イベントの種類でフィルタリングできます。特定のイベントのみを確認する場合は、 “All Filters” のチェックボックスをOFFにした後、確認したいイベントのチェックボックスをONにしてください。 なお、画面の更新はイベントの選択変更時に行われます。

検索

特定の受信者のイベントのみを確認する場合は、そのメールアドレスを画面上部の検索フィールドに入力し、Enterキーを押してください。

メールアドレスの「@」の前の部分(メールボックス名)や、後の部分(ドメイン名)で検索することもできます。

サブユーザのイベント

サブユーザのイベントを確認するには、2つの方法があります。

  1. そのサブユーザで、Webポータルに直接ログインする
  2. 親アカウントでログインし、サブユーザに切り替える(画面左上に表示されている自身のアカウント名をクリックし、”Switch User”からサブユーザを選択)

なお、サブユーザのイベントを表示しているときは、親アカウントのイベントは表示されません。