Bounces

bounceイベントは、送信したメールが受信側メールサーバに拒否されたときに発生します。 よくある発生原因としては、メールアドレスのスペルミス、存在しないメールアドレス、宛先メールボックスが一杯になっている、といったものが挙げられます。

バウンスが発生した宛先のリストは、SUPPRESSIONS > Bounces で確認することができ、このリストを「バウンスリスト」と呼びます。

バウンスリストの宛先に対して再度メールを送信しようとしても、SendGridはメールを送信しません。バウンスリストに載っている宛先は、不正であることが分かっているためです。

バウンス通知

各バウンスメールの通知を受け取りたい場合、SETTINGS > Mail Settings > Bounce Forwarding を有効化してください。

日付で検索

右上のカレンダーアイコンをクリックすると、期間を指定できます。 一覧が更新され、その期間にバウンスが発生したメールアドレスのみが表示されます。

CSVファイルでリストをダウンロード

このリストをCSVファイルでダウンロードするには、ページ上部にある歯車アイコンをクリックし、”Download as CSV”を選択します。

メールアドレスをリストから削除

メールアドレスや検索ボックスの横に表示されているチェックボックスを選択すると、画面の上部に新たなボタンが表示されます。 このボタンをクリックし、”Remove Selected Bounces”をクリックすると、選択されたメールアドレスがリストから削除されます。 リストからの削除には、SETTINGS > Mail Settings > Bounce Purgeを使うこともできます。