Reverse DNS(IPアドレス逆引き設定)の設定方法

参考動画:[Vimeo] Setting Up Reverse DNS

複数ドメインからメール送信する場合は、それぞれのドメインが1つ以上の固定IPアドレスと紐付くように、Reverse DNSを設定してください。

Reverse DNSは、送信元IPアドレスの逆引き結果を独自ドメインにする機能です。 一般的にSPFレコードにはIPアドレスを含みますが、Reverse DNSを設定してもSPFやDKIMのレコードを変更する必要はありません。

Reverse DNSは、親アカウントでのみ設定でき、サブユーザでは設定できません。親アカウントは、サブユーザに対して固定IPアドレスを割り当てることができます。

Reverse DNS設定では、一つの固定IPアドレスに対して紐付けられるドメインは一つだけです。一方で、一つのドメインに対して複数のReverse DNSを設定する(=一つのドメインに対して複数の固定IPアドレスを紐付ける)ことは可能です。これにより、複数のIPアドレスからのメールを送信することができるようになります。

Reverse DNSの設定

IPアドレス(IP ADDRESSES)

「IP ADDRESSES」列にて、有効な固定IPアドレスのリストからReverse DNS未設定のものを選択できます。

「USER ASSIGNED」列にて、固定IPアドレスがどのサブユーザに適用されているか確認できます。また「RDNS」列にて、逆引き結果を確認できます。Reverse DNSを有効化(Validate)したあとの逆引き結果は、設定した独自ドメインのサブドメインになります。

サブドメイン(SUBDOMAIN)

Reverse DNSを設定するドメインの前に、サブドメインを付けます。

Reverse DNSのサブドメインは、Domain Authenticationのサブドメインと同じにすることを推奨します。

SendGridは設定されたサブドメインの下に、さらにo1といった連番付きのサブドメインを付加します。

ドメイン(DOMAIN)

メールのレピュテーションの評価対象となるルートドメインです。Reverse DNS設定は、FROMアドレスのドメインに一致するものが適用されます。FROMアドレスをnewsletteexampexample@example.comとする場合は、example.comというドメインについての設定が必要です。

ドメインの追加

「Get Started(※初めて設定する場合)」または「Set up Reverse DNS(※設定を追加する場合)」のボタンを選択すると、新しいドメインの設定を追加することができます。

デフォルト設定

Reverse DNSにはデフォルト設定はありません。固定IPアドレスが一つしかないならば、常にその固定IPアドレスからメール送信されます。

Reverse DNS設定の作成

Reverse DNSの情報を入力し「Save」ボタンを選択すると、SendGrid内のDNS情報が更新されます。これには最大60秒かかります。

その後、登録すべきDNSのAレコードが表示されます。このレコードを、独自ドメインのレジストラ(お名前.comなど)に追加してください。

Reverse DNSの有効化(Validate)

レジストラに登録したAレコードについて各DNSサーバのキャッシュが更新され、SendGrid上で有効化(Validate)されるまで、Reverse DNSは機能しません。

DNSレコードを変更したら、対応するReverse DNS設定を検証する必要があります。

  1. Sender Authenticationの画面に戻ります。
  2. 追加したReverse DNS設定のIP ADDRESSをクリックします。
  3. 遷移先の画面でValidateをクリックします。

適切に設定され、DNSサーバのキャッシュが更新されているならば、SendGridは設定を有効化(Validate)します。

Reverse DNSの確認

Reverse DNSの状態は、Sender AuthenticationのReverse DNSのセクションで確認することができます。各設定の詳細を確認するためには、参照したい設定のIP ADDRESSをクリックします。

遷移先の詳細確認ページでは、設定時に入力した全情報、設定が有効かどうか、必要な全DNSレコードを確認することができます。

固定IPアドレスの追加

固定IPアドレスを追加する際は、一緒にReverse DNSも設定することをお勧めします。

Reverse DNS設定の削除

一度Reverse DNS設定を削除すると、元に戻すことはできません。

Reverse DNSの詳細確認ページに「Delete」ボタンがあります。ボタンをクリックし、確認メッセージの「Confirm」ボタンを押すと、そのReverse DNS設定は削除されます。

API

Web API v3経由のReverse DNS管理

11個以上のIPアドレスを利用する場合

SPFレコードには文字数制限があるため、特定のIPアドレスを11個以上含めることはできません。

固定IPアドレスを11個以上お持ちの場合、自動で生成されるSPFレコードは、SendGridから送信されうる全てのIPアドレス範囲を含むようになります。もしセキュリティのため、自身の固定IPアドレスだけを含むようにしたい場合は、include機構を利用した複数のSPFレコードを手動で作成してください。詳しくはOpen SPFのサイトをご覧ください。