概要

SendGridは、統計情報、バウンス、迷惑メール報告、配信停止他のアカウントに関する情報取得ができるWeb APIを提供します。このAPIはほとんどのコールをGETとPOSTのみで行い、他の動詞をサポートしていないためRESTfulではありません。


インタラクティブドキュメント

公式ドキュメントのAPIリファレンス上の各メソッドで「Try It」ボタンを確認することができます。このボタンを選択することでパラメータテーブルがフォームに変化して、Webサイト上から実際のWeb APIコールを行うことができます。

この機能を利用するためにSendGridのアカウントが必要です。この機能はサンドボックスではないことに注意してください。全てのAPIは実際にコールされます。