独自ドメインを利用する

独自ドメインの利用(Whitelabel)とは?

独自ドメインの利用(Whitelabel)とは、SendGridから送信するメールのブランドやレピュテーションを守り、到達性を改善するための機能です。この機能を使うことで、SendGridがお客様の許可を得た上でメールを送信していることを公に証明できます。

Whitelabelは以下の3つの設定から構成されます。いずれも必須ではありませんが、どうしてもメールが届かない場合に設定することで到達率の向上が見込めます。各設定を行うには対象ドメインのDNSにいくつかのレコードを登録する必要があります。必要なDNSレコードの詳細についてはこちらを参照してください。また、各設定の詳細についてはユーザマニュアルを参照してください。

Domain Whitelabel Email Link Whitelabel IP Whitelabel
概要 送信ドメイン認証(SPFとDKIM)の独自ドメイン設定を支援します。 メール本文内のトラッキング用URL(※)を独自ドメインに変更します。
メールの送信元IPアドレスの逆引き結果を独自ドメインに変更します。
期待できる効果
  • 信頼性および到達率の向上
  • Gmailなど一部のメールクライアントで「~経由」の表示が消える場合がある
  • 信頼性および到達率の向上
  • 信頼性および到達率の向上
設定しない場合 SendGridドメインでSPFとDKIMが設定されます。 Tracking設定が有効な場合、トラッキングURLはSendGridドメインになります。
Tracking機能を利用しない場合は設定しても挙動に影響はありません。
送信元IPアドレスの逆引き結果がSendGridドメインとなります。
利用可能なプラン 全てのプラン 全てのプラン Silverプラン以上

※トラッキング用URLはTracking各設定(Click Tracking、Open Tracking、Subscription Tracking)を有効化した場合に自動的に埋め込まれます。

Domain Whitelabel

設定概要

差出人のメールアドレス(ヘッダFrom)がsample@kke.co.jpの場合、以下のように設定します。

  • DOMAIN: kke.co.jp (ヘッダFromのドメインと同一のもの)
  • SUBDOMAIN: em (詳細は後述)

正しく設定すると、そのドメインからメールが送信されていると受信側サーバに認識されるようになります。具体的には送信されるメールが以下のように変化します。

Domain Whitelabel未設定 Domain Whitelabel 設定済み
エンベロープFromのドメイン(=SPFの判定に使用されるドメイン) sendgrid.net em.kke.co.jp
DKIM署名 sendgrid.net kke.co.jp

SendGridのDomain Whitelabelでは、上記ドメインをCNAMEレコードによりSendGridに向けることで、必要な設定を全てSendGridで自動的に実施するようになっています。そのため、個別にSPFレコード等を追加する必要はありません。

Whitelabel設定の作成

Webポータルのメニューから「Settings > Whitelabels > Domains」を選択して、「Add Whitelabel」ボタンを選択します。

以下を参考にして設定を行い「Save」ボタンを選択して保存します。Domain Whitelabelを設定すると、エンベロープFromのドメインが以下で設定するSUBDOMAIN.DOMAIN(それぞれ設定した内容に置き換わる)に変更されます。

  • ON BEHALF OF USER
    独自ドメイン設定するアカウント(またはサブユーザ)で利用する場合サブユーザ名)を選択します
  • SUBDOMAIN
    他のサービスで使用しているDNSレコードとの重複を避けるため、他で使用していないものを指定する必要があります(例:em)。送信元メールアドレス(ヘッダFrom)のドメインとの関連はありません。
  • DOMAIN
    送信元メールアドレスのドメイン部分と同じものを設定してください。(例:kke.co.jp)
  • DEFAULT WHITELABEL
    Whitelabel設定が複数存在した場合、メールのヘッダFromに応じて適用されるWhitelabel設定が自動的に切り替わります。ヘッダFromに一致するWhitelabel設定がない場合、デフォルトのWhitelabel設定が適用されます。
  • AUTOMATED SECURITY
    通常は「ON」を選択しますが、次の場合「OFF」にしてください。

DNSレコードのチェック処理(Validation)が必要な旨の警告が表示されるので、内容を確認の上「Confirm」ボタンを選択します。

次の画面では、Domain Whitelabelに必要なDNSレコードが表示されるので、内容を確認します。この時点では「VALID」には赤い×がついていて、設定は完了していません。DNSにレコード登録後再びこの画面を操作するので、画面は開いたままにしておきます(閉じてしまった場合、Domain Whitelabel設定一覧から選択することで再び同じ画面を開くことができます)。

DNSにレコードを追加する

次に、ご自身が管理するドメインのDNSに先ほど確認したレコードを追加します。以下はレジストラとしてお名前.comを利用した場合の画面例ですが、登録画面のイメージや登録方法はレジストラ毎に異なるので、詳細はご利用になっているレジストラにお問い合せください。DNSにレコードを登録したら内容が反映されるまでしばらく待ちます。これには最大48時間かかる場合があります。

DNSレコードを確認する

DNSレコードの登録内容が反映されたら、再びSendGridのDomain Whitelabel設定画面に戻り「Validate Record」ボタンを選択します。設定が正しく反映されていれば「VALID」に緑のチェックマークが表示されます。以上で設定は完了です。VALIDにならない場合はこちらを参照してください。

Email Link Whitelabel

Whitelabel設定の作成

Webポータルのメニューから「Settings > Whitelabels > Email Links」を選択して、「Add Whitelabel」ボタンを選択します。

以下を参考にして設定を行い「Save」ボタンを選択して保存します。

  • ON BEHALF OF USER
    独自ドメイン設定するアカウント(またはサブユーザ)を選択します
  • SUBDOMAIN
    他で使っていないものであれば何でも構いません。Domain Whitelabel設定とは別のものを入力します。(例:link)
  • DOMAIN
    送信元メールアドレスのドメイン部分と同じものを設定してください。(例:kke.co.jp)
  • DEFAULT WHITELABEL
    Whitelabel設定が複数存在した場合、メールのヘッダFromに応じて適用されるWhitelabel設定が自動的に切り替わります。ヘッダFromに一致するWhitelabel設定がない場合、デフォルトのWhitelabel設定が適用されます。

Domain Whitelabelと同様、DNSレコードのチェック処理(Validation)が必要な旨の警告が表示されるので、内容を確認の上「Confirm」ボタンを選択します。

次の画面では、Email Link Whitelabelに必要なDNSレコードが表示されるので、内容を確認します。この時点では「VALID」には赤い×がついていて、設定は完了していません。DNSにレコード登録後再びこの画面を操作するので、画面は開いたままにしておきます(閉じてしまった場合、Email Link Whitelabel設定一覧から選択することで再び同じ画面を開くことができます)。

DNSにレコードを追加する

Domain Whitelabel設定と同様、ご自身が管理するドメインのDNSに先ほど確認したレコードを追加します。内容が反映されるまでしばらく待ちます。

DNSレコードを確認する

DNSレコードの登録内容が反映されたら、再びEmail Link Whitelabel設定画面に戻り「Validate Record」ボタンを選択します。設定が正しく反映されていれば「VALID」に緑のチェックマークが表示されます。以上で設定は完了です。VALIDにならない場合はこちらを参照してください。

IP Whitelabel

Whitelabel設定の作成

Webポータルのメニューから「Settings > Whitelabels > IPs」を選択して、「Add Whitelabel」ボタンを選択します。

以下を参考にして設定を行い「Save」ボタンを選択して保存します。

  • Select the IP you would like to whitelabel
    Whitelabel設定するIPアドレスを選択します
  • SUBDOMAINとDOMAIN
    逆引き結果のサブドメイン(例:em)とドメイン(例:kke.co.jp)を入力します。IP WhitelabelはDomain WhitelabelやEmail Link Whitelabelと異なり、IPアドレス1つあたり設定可能なWhitelabel設定は1つのみです。これは、IP WhitelabelがIPアドレスの逆引き結果を変更するのが目的のためです。 複数ドメインからメール送信する場合、ドメインごとにIPアドレスを追加して以下のようにしてください。
    1. サブユーザを利用してIPアドレスを使い分ける
    2. IP Pools機能を利用して同じアカウント内でIPアドレスを使い分ける

Domain Whitelabelと同様、DNSレコードのチェック処理(Validation)が必要な旨の警告が表示されるので、内容を確認の上「Confirm」ボタンを選択します。

次の画面では、IP Whitelabelに必要なDNSレコードが表示されるので、内容を確認します。この時点では「VALID」には赤い×がついていて、設定は完了していません。DNSにレコード登録後再びこの画面を操作するので、画面は開いたままにしておきます(閉じてしまった場合、IP Whitelabel設定一覧から選択することで再び同じ画面を開くことができます)。

DNSにレコードを追加する

Domain Whitelabelと同様、ご自身が管理するドメインのDNSに先ほど確認したレコードを追加します。内容が反映されるまでしばらく待ちます。

DNSレコードを確認する

DNSレコードの登録が反映されたら、再びIP Whitelabel設定画面に戻り「Validate Record」ボタンを選択します。設定が正しく反映されていれば「VALID」に緑のチェックマークが表示されます。以上で設定は完了です。VALIDにならない場合はこちらを参照してください。

VALIDにならない場合は?

VALIDにならない場合、次のような原因が考えられます。

  • DNSレコードの登録内容に誤りがある
    digやnslookupなどのツールを使ってDNSに登録されているレコードの内容に誤りがないか確認しましょう。Google Apps ToolboxのDig機能を使うと、DNSレコードを簡単にチェックすることができます。
  • DNSレコードの登録内容が反映されていない
    DNSに登録内容が反映されるまでには時間がかかることがあります。焦らずに待ちましょう。

Whitelabel設定が適用されるタイミングは?

Whitelabel設定が適用されるのはVALIDになったタイミング以降です。設定の切り替えタイミングが重要な場合、事前に必要なDNSがレコードをすべて登録しておき、切り替えタイミングでValidationを行うようにしてください。

動作確認

VALIDになったら実際にメールを送ってメールヘッダの内容を確認します。

Whitelabel設定前のメールヘッダ

  • Domain Whitelabel設定前
    DKIM署名のドメイン、SPFの送信元確認結果はいずれもSendGridドメインになっています。

  • Email Link Whitelabel設定前
    Click Trackingが有効な場合、メール本文内のURLがSendGridドメインになっています。

  • IP Whitelabel設定前
    送信元IPホストのドメイン名がSendGridドメインになっています。

Whitelabel設定後のメールヘッダ

  • Domain Whitelabel設定後
    DKIM署名のドメイン、SPFの送信元確認結果はいずれも独自ドメインに変更されました。

  • Email Link Whitelabel設定後
    Click Trackingが有効な場合、メール本文内のURLが独自ドメインに変更されました。

  • IP Whitelabel設定後
    送信元ホストのドメイン名が独自ドメインに変更されました。