Templates

Marketing Emails機能からマイグレーションを行う場合、こちらを参照してください。

参考動画:[Vimeo] Marketing Campaigns Templates

メールを宛先に送信する上で、テンプレート機能は欠かせません。 SendGridが用意しているデフォルトのテンプレートを使用するか、Templates(※ログインが必要)を使ってテンプレートのHTMLをインポートすることができます。

Templatesでは、テンプレートの追加、編集、および指定したテンプレートからキャンペーンを作成することができます。 また、特定のテンプレートの歯車アイコンをクリックし、”Duplicate” を選択することで、テンプレートを複製することもできます。

Drag & Drop エディタを使うことで、簡単にテンプテートの作成や編集を行うことができます。

Campaigns(キャンペーン)から、直接テンプレートを作成することもできます。 その場合、ベースにしたいキャンペーンの歯車アイコンをクリックし、”Create Template”を選択します。 選択したキャンペーンのコンテンツを含んだ新しいテンプレートの作成画面が表示されるので、内容を確認し、必要に応じて編集してください。

作成できるテンプレートは、最大300です。

HTMLのアップロード

このエディタは2分ごとに内容を自動保存するため、途中でブラウザを閉じても変更内容は保存されます。 自動保存中は、”Save” ボタンの表示が “Saving…” になります。

HTMLメールのテンプレートをお持ちの場合、簡単にアップロードすることができます。

“Create New Template”をクリックすると、テンプレートの標準エディタが表示されます。 コードビューに切り替えるために、以下のアイコンをクリックしてください。

すると、こんな風にコードを貼り付けることができるようになります。

貼り付け後、ペイントブラシアイコンをクリックするとデザインビューに戻ります。

デザインビューではテンプレートのプレビューが表示され、簡単に編集することができます。

テンプレートが設定できたら、”Save”ボタンをクリックします。 テンプレートを編集する必要があれば、いつでもこの画面に戻ってくることができます。

Image Library

テンプレートに画像を追加するには、このアイコンをクリックします。 画像をテンプレートで利用するための、Image Libraryが表示されます。

Image Libraryでは、次の操作ができます。

  • これまでにアップロードしたすべての画像の確認
  • 新しい画像のアップロード
  • テンプレートに追加する画像の選択

画像のアップロード

画像をアップロードするには、大きな + のアイコンをクリックするか、Uploadボタンをクリックします。 表示されたアップロードエリアに画像をドラッグしてください。アップロードの進捗が表示され、サムネイル画像が表示されます。

Image Libraryの上限は1000画像、各画像サイズは10MBまでです。

画像をテンプレートに挿入する

画像をテンプレートに挿入するには、Image Libraryのサムネイル画像をクリックし、表示されたフォームで画像のプロパティを設定します。

  • Alt Text:Alt属性の追加
  • Width:横幅の変更
  • Height:高さの変更
  • Alignment:表示位置の指定(left, center, right)

Substitution Tags(置換タグ)

配信停止リンク

アンカータグに次のような形で [unsubscribe] タグを使用することで、配信停止リンクをカスタマイズできます。

1
<a href="[Unsubscribe]">カスタムした配信停止用テキスト</a>

配信停止リンクの追加には、2つの方法があります。

その1
[unsubscribe] タグを追加し、Campaigns作成ページの左側にある Unsubscribe Group から配信停止グループを選択します。 Unsubscribe Groupは必ず選択してください。 [unsubscribe] タグがテンプレートに含まれていない場合、メールの末尾に自動的に配信停止リンクが追加されます。

その2
配信停止機能(SendGridのものではなく)をお持ちの場合は、そのリンクをメールに追加します。 この場合、Unsubscribe Groupは選択しないでください。選択した場合、メールの末尾に自動的に配信停止リンクが追加されます。

上記のどちらの方法も実装していない場合、配信停止リンクが追加されません。 これは、迷惑メールを規制する法律に抵触する可能性があります。

Webリンク

テンプレートに [weblink] タグを追加することで、メールをオンラインで表示することが可能になります。 このタグで追加されるのはURLのみです。そのため、この置換タグに関連するHTMLアンカータグは、ご自身で追加する必要があります。

差出人情報をキャンペーンメール内で使用する

Senders(差出人情報)で指定したデータは、メールの中に差し込むことができます。 キャンペーンやメールテンプレートのコンテンツ内で、次のタグを指定してください。

[Sender_Name] - 差出人情報の From Name

[Sender_Address] - 差出人情報の Address および Address2

[Sender_City] - 差出人情報の City

[Sender_State] - 差出人情報の State

[Sender_Zip] - 差出人情報の Zip Code

デフォルト値の指定

現在のところ、デフォルト値として指定できるのは半角英数のみです。日本語は使えません

置換タグの値がデータベースに登録されていないときに、どういった値を表示させるかを指定することができます。 例えば、”Dear [%first_name%]” を “Dear John” のように置換したい場合、その宛先の first_name が宛先リストに登録されていなければ “Dear [%first_name%]” と表示されてしまいます。

これを回避するには、 Dear [%first_name|Valued Customer%] のようにデフォルト値を指定してください。

こうすることで、宛先データベースに値がないときに、”Dear [%first_name%]” ではなく “Dear Valued Customer” と表示させることができます。