Tracking

Click Tracking (クリックトラッキング)

Click Trackingを有効にすると、Clickイベント(受信者がリンクをクリックした時間やそのURLなど)をトラッキングできるようになります。 その際、本文中のリンクURLは全て「SendGridのサーバ」もしくは「Email Link Whitelabelで指定したドメイン」を経由するように上書きされます。SendGridでは、メール1通あたり1000件までのリンクをトラッキングすることができます。

Settings

Status - On(有効) / Off(無効)

Google Analytics (Googleアナリティクス)

メール本文中のリンクURLに、Google Analyticsのカスタムキャンペーン用のパラメータを自動的に追加します。

何もパラメータを設定しなければデフォルト値が適用されますが、Settingsで各フィールドに値を設定すればそれが優先されます。

参考:GoogleのURL生成ツール
参考:Google Analytics Demystified

Settings

Status - On(有効) / Off(無効)

Campaign Source - キャンペーンのソース(例:Google, SomeDomain.com, Marketing Email)

Campaign Medium - キャンペーンのメディア(例:Email)

Campaign Term - キャンペーンのキーワード(検索広告キーワード)

Campaign Content - キャンペーンのコンテンツ(広告との区別用)

Campaign Name - キャンペーン名(商品名など)

Open Tracking (開封トラッキング)

Email Link Whitelabelを設定している場合、開封をトラッキングするための画像のURLは「sendgrid.net」ではなく、「Email Link Whitelabelで指定したドメイン」になります。

Open Trackingを有効にすると、Open(開封)イベントをトラッキングするために、メールの末尾に非常に小さな1ピクセルの画像が挿入されます。 メールの受信者がメールクライアント上で画像の表示を許可すると、その画像のリクエストがSendGridサーバに送られ、メールの開封イベントが記録される仕組みです。 これらのイベントはSTATS、ACTIVITYで確認することができ、Event Webhookでも通知されます。

Open と Unique Open の違いは、Open がそのメールの全ての開封を記録しているのに対し、Unique Open は最初に開封したときにしか記録されないという点です。

Settings

Status - On(有効) / Off(無効)

Replacement Tag - メールの末尾に開封トラッキング用の画像が挿入されることに何か不都合がある場合、SMTP API ヘッダを使用してください。opentrackのreplaceパラメータを指定することで、メール内の任意の場所にトラッキング用の画像を挿入することができます。

メールの送信にWeb API v3を使用している場合は、open_trackingパラメータを使用することもできます。この場合、substitution_tagパラメータに任意の値を指定し、その値をメール内に挿入しておけば、開封トラッキング用の画像で置換されます。

参考情報 - Gmailの新しい画像表示方法についてのTips

Subscription Tracking (配信停止トラッキング)

メール本文の末尾に、配信停止用のリンクを追加します。 ここで配信停止された宛先はSendGridに保存され、以降、その宛先へのメールは自動的にDrop(破棄)されます。

配信停止用のリンクの内容や、配信停止時のランディングページ(待ち受けページ)はカスタマイズすることができます。

Settings

Replacement Tag - ここでタグ(例:<unsubscription_link>など)を定義し、本文内の任意の場所に記述することで、配信停止リンクを自由に配置することができます。タグがない場合、配信停止リンクは自動的にメールの末尾に配置されます。

HTML Unsubscribe Content - HTMLメール用の配信停止メッセージです。このHTMLメッセージには、配信停止リンクを配置するためのタグ <% %> を必ず含めてください。

1
配信停止は <% こちら %>

Text Unsubscribe Content - テキストメール用の配信停止メッセージです。ここには配信停止リンクを配置するためのタグ<% %>を必ず含めてください。タグがないと、配信停止をするためのリンクURLが挿入されません。

1
配信停止はこちら: <% %>

Custom Landing Page URL - 受信者が配信停止リンクをクリックした際に、ここで指定したページにリダイレクトさせることができます。必ず有効なURLを指定してください。

SendGrid Landing Page (HTML) - 受信者が配信停止リンクをクリックした際に表示されるHTMLページの内容を、ここで指定できます。ページ自体はSendGridのサーバ上に配置されます。