テンプレートを適用して送信する

トランザクションメールにテンプレートを適用する方法として、「Transactional Template」という機能を提供しています。この機能を利用すると、Webブラウザ上でテンプレート編集やバージョン管理ができるため、柔軟なテンプレート運用ができるようになります。

テンプレートを適用したメールを送信する手順を紹介します。

テンプレートを編集する

テンプレートの編集は、Webポータルから行うことができます。まず、Webポータルのメニューから「Templates > Transactional」を選択します。

画面右上の「Create Template」ボタンを選択して、新しいテンプレートの名前を入力したら「Save」ボタンを選択します。

テンプレートの編集画面が表示されるので、HTMLメールのテンプレート編集を行います。「DESIGN」と「CODE」のスイッチを切り替えると、WYSIWYGエディタとソースコードエディタを切り替えることができます。

DRAG AND DROP EDITORを「ON」にすると、ドラッグ&ドロップ編集モードに切り替わります。ただし、モードを変更すると、テンプレートの内容の一部が自動的に変換されるのでご注意ください。

件名内の「<%subject%>」と本文内の「<%body%>」という2つの置換タグは必須タグで、メール送信時に指定する件名と本文で置き換えられます。

画面上部の「T」アイコンを選択するとテキストメールのテンプレートを編集できます。テンプレートはHTML、テキスト両方必須です。

テンプレートを編集したら画面右上の「Save」ボタンを選択します。

テンプレートのプレビュー

次に、プレビュー機能でテンプレートの表示を確認します。表示はHTML(PC)、HTML(モバイル)、テキストの3種類で確認できます。

テスト送信

プレビュー機能で表示確認したらテスト送信を行い、実際の宛先で表示を確認します。画面右上の歯車アイコンから「Send a Test」を選択します。

テスト送信の宛先を指定して「Send Test」ボタンを選択すると実際にメールが送信されます。

テンプレートIDの確認

テンプレートの編集が完了したら、「Save」ボタンで保存後、画面左上の「」ボタンを選択してテンプレート一覧に戻ります。

テンプレート一覧で表示されるテンプレートIDは送信時に必要になるので確認しておきます。各テンプレートには複数のバージョンを登録することができますが、「ACTIVE」なバージョンが自動的に適用されます。

テンプレートを指定してメール送信する

テンプレートの指定方法はメールの送信方法(SMTPまたはWeb API v3)によって異なります。

SMTPで送信する場合

SMTPで送信する場合、SMTP API(X-SMTPAPIヘッダ)で次のようなJSON文字列を指定します。ここで「template_id」には先ほど確認したテンプレートIDを指定します。SMTP APIの詳細についてはAPIリファレンスを参照してください。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
{
  "filters": {
    "templates": {
      "settings": {
        "enable": 1,
        "template_id": "b38f104a-bdaf-4154-badd-2e93933bf563"
      }
    }
  }
}

Web API v3で送信する場合

Web API v3でメール送信する場合、リクエストパラメータ内の「template_id」パラメータで先ほど確認したテンプレートIDを指定します。詳しくはAPIリファレンスを参照してください。

1
2
3
4
5
6
7
{
  "personalizations": [
    
  ],
  "template_id": "b38f104a-bdaf-4154-badd-2e93933bf563"
  
}

また、公式ライブラリでもテンプレートを指定してメール送信できます。ライブラリの詳しい利用方法は各リポジトリ内のREADMEを参照してください。サンプルコードについてはこちらを参照してください。