サービス利用・アカウント管理規約

(2019年8月1日版)

本規約は、2018年1月1日から適用された「サービス利用・アカウント管理規約」を改定したものであり、2019年8月1日より発効します。同規約第2条2.1項に基づき、2019年8月1日以降に新たに規約に同意されたお客様には即時適用され、2019年8月1日より前に同意されていたお客様には、2019年9月1日より適用されます。旧版はこちらからご確認いただけます。

改定内容
・第15条 適用関係 (2)5の削除
お客様が損害を被った場合の損害賠償責任は、SendGrid社に代わり当社が負担することとなっておりましたが、SendGrid Terms of Serviceに基づき、SendGrid社により負担されるよう変更いたしました。

 


 

サイトおよびサービスを利用されるにあたっては、下記の「サービス利用・アカウント管理規約」を、必ずお読みください。

このサービス利用・アカウント管理規約(以下、本規約といいます)は株式会社構造計画研究所(以下、当社といいます)と下記のサービスを利用するお客様個人、または下記サービスを利用する法人・団体(以下総称して、お客様といいます)の間で締結されます。
本規約においてサービスとは、当社が提供する当ウェブサイト(以下、当サイトといいます)を通し、SendGrid社またはSendGrid社が指定する関連ウェブサイト(以下総称して、サイトといいます)より提供されるEメール・メッセージに関する開発、通信、分析、管理、サポートに関するものおよび当社によるサポートサービスを指します。
当サイトを通すか否かにかかわらず、すべてのサービスへのアクセス、サービスの利用に関しては本規約が適用されます。サービスまたはサイトを利用する場合には、本規約に従わなければいけません。お客様が(当サイトを通じて、またはEメール、電話、その他の方法を通して)当社に対してすでに申し込みをし、またはこれから申し込みを行い、サービスをご利用になる場合は、当社は、お客様が本規約を遵守することを条件として、サービスを利用することに同意します。本規約に同意できない方、18歳未満の個人および利用目的その他について本規約が定める条件に適合しない方は、サービスを利用することはできません。
この規約を注意深くお読みください。サービス利用の申し込みをする場合、またサービスやサイトを利用する場合、お客様は本規約を読み、また本規約の記載事項を遵守することに同意したものとみなします。

1.契約関係

当社は、SendGrid社からSendGridサービスのアカウント管理の代理権(お客様アカウントの開設の代理権、利用の停止・解除権、料金収受権、サポート提供を含む)を与えられております。
したがって、SendGridサービスの利用にあたり当サイト経由でアカウントを開設する場合は、上記のアカウント管理の代理等の業務を遂行する上で必要となる、当社が定める下記利用条件に同意いただくことが必要です。
また、メール配信プラットフォームサービスSendGridは、SendGrid社の提供によるものであり、SendGrid社の定める「SendGrid Terms of Service」(下記掲載)に従っていただく必要がございます。
当社を通してサービスをご利用いただくことができるのは、当社による特段の承諾のない限り、日本国内に本社所在地を有する法人または住所地を有する個人に限られ、それ以外の場合については、SendGrid社との間で直接契約を締結していただく必要がございます。

2.規約の有効期間等

2.1 規約の発行日と有効期間

本規約の締結日は、お客様がサービス利用の申し込みを行った日、または最初にサービスもしくはサイトにアクセスし、利用した日のうち、早い日付の日(以下、発効日といいます)とします。
契約期間は、アカウントが開設された日を含む当月末日まで有効とし、本規約に別途定めがない限り、その後自動的に月初から月末までの1か月単位で更新されるものとします。

2.2 規約の更新と変更

当社は、利用条件および約款を変更することがあります。この修正変更点については、当サイトの掲示または通知を発してから30日後に有効になるものとします。お客様がサイトまたはサービスを当該修正変更の有効日以降も継続して利用することにより、この変更または修正に同意したものとみなされますので、最新の内容をご確認頂きますよう、お願い申し上げます。
当社は、理由の如何に関わらず、情報の変更および当サイトの運営の中断または中止によって生じるいかなる損害についても、一切の責任を負いません。

2.3 解約

お客様からの解約(アカウントに必要な情報や設定を一切削除すること)は、解約を希望する月(サービスの最終利用月)の月末から数えて10日前までに当社に対してその旨を通知していただく必要がございます。この期限を過ぎて通知をいただいた場合には、解約は有効とならず、お客様はさらに1か月分の料金を支払うものとします。
当社がお客様との解約をさせていただく場合、前月の15日までにお客さまに対してその旨を通知するように努めるものとしますが、SendGrid社との契約関係その他の理由により、予告なく解約させていただく場合があることをお客様は了承するものとします。

3. 費用と支払い

お客様は、サイトもしくはサービス上で特記されない限り、請求書/請求明細書に明記されている全金額(以下総称して、請求金額といいます)を当社に支払うことに同意します。

3.1 請求方法の原則

すべての請求金額については、各請求書/請求明細書で特定されています。お客様は、請求書/請求明細書に明記されている請求金額を当該書面で指定されている期限までに支払うことに同意します。お客様は、特定のクレジットカードを請求金額の支払いに指定した場合、本規約に基づいて発生する請求金額を直接クレジットカード会社に請求する権利を当社に与えるものとします。

3.2 請求書払い

当社が認めた場合に限り、お客様は当社が発行した請求書に記載された条件に基づきお支払いをすることができます。

3.3 返金

請求金額が当社に支払われた場合、返金をすることはできません。(本規約に基づく契約終了や、一定期間のアカウント停止期間があったとしても例外ではありません。)

3.4 遅延損害金

全請求金額の支払いが終了するまでは、遅延損害金は、未払請求金額につき月1.5 %の割合、または法律上許される最高の利率のうち、低い方を適用して請求されます。

3.5 料金変更

当社は請求金額について一方的に変更することができ、その変更点についてはサイトに載せるか、もしくはサービスを通してお客様に通知し、その通知後の利用期間から請求金額の変更が適用されるものとします。

3.6 お客様の負担

お客様の事情により、再度請求の手続きを要した場合や請求書の再発行が必要となった場合、またお客様の使用するアカウントについての集金にあたり、集金代行業者、弁護士、裁判所を通すことが必要となった場合など、当社の責めによらず請求に関して増加した一切の費用はお客様の負担となります。本規約に記載されているサービスに課せられるすべての税負担はお客様にあります。

4.データプライバシー

お客様のサイトおよびサービスの利用に関して、ならびにサイトおよびサービスを通してお客様が当社に提供する、個人を特定する情報その他のデータおよび情報の取り扱いについて、お客様は、当サイトに掲載された最新時点のプライバシーポリシー とEメールポリシー(以下あわせて、プライバシーポリシーといいます) に記載されているデータおよび情報の使用および開示の条件に明白に同意するものとします。

5.当サイトご利用の制限について

当サイトは、当社が運営しております。第三者および当社に不利益や損害を与える行為、公序良俗に反する行為、営業活動もしくは営利を目的とした行為、特定電子メールの送信の適正化等に関する法律をはじめとする法律・法令もしくは条令に違反する行為、またはそれらのおそれのある行為、その他、当社が不適切と判断する行為はこれを禁止します。サービスを利用して、メールを配信される場合には、本規約の他、当該配信先の地域での法律・法令・条令や慣習にも従わなければいけません。従いまして、お客様ご自身の主観的な判断基準で適切か否かを判断されることないようにご注意ください。
お問い合わせに対して差し上げた回答の一部または全部は、お客様内部での利用を除き、無断での複製、転送等を行わないようお願いいたします。

6.当サイトおよびサービスに関する当社の権利について

当社の、サイト、サービス、テクノロジー、ソフトウェアおよびこれらに付加、改良、更新、修正されたものを含む、一切の権利、権限および利益は、当社が有します。本規約に基づくサービスにアクセスするための権利を除いては、お客様は上記に記載したものの所有権および使用するためのライセンスを有しないことを承諾します。
当サイトに掲載されるすべての情報は、当社が著作権を保有し、各国の著作権法、各種条約およびその他の法律で保護されています。個人の私的使用、その他著作権法によって認められる範囲を超えて、これらの情報を使用(複製、改変、配布等を含む)することは、事前に当社から許可を得ない限り禁止します。
当サイト上で使用される当社の社名(構造計画研究所)、社名ロゴは、当社の商標または登録商標です。SendGrid社の社名(SendGrid, Inc.)、社名ロゴおよびサービス名称(SendGrid)は、SendGrid社の商標または登録商標です。その他の製品および会社名は、各社の商号、登録商標または商標です。
当社はお客様に対して、当サイトに掲載している当社、SendGrid社またはその他の商標類の使用許諾は行っておりません。当サイトに掲載されている商標類は、これを無断で転用・転載することを禁止しています。

7.サポート(対象、範囲、対応時間)

7.1 サポート対象

当社は、本規約、プライバシーポリシーに同意いただいているお客様を対象にサポートを提供しております。
SendGrid社と直接契約もしくは当社以外のSendGridリセラーパートナー経由で利用されているお客様は、SendGrid社サポートに直接お問合せください。

7.2 サポート範囲

当社は、サービスをご利用中のお客様に対し、下記のサポートを無償で提供いたします。サポートの内容、手段、期間は、当社が独自に判断できるものとします。

  1. ・サービスの仕様、利用方法、動作環境についてのお問い合わせへの回答
  2. ・サービス導入に関するご相談
  3. ・サービスが正常に動作しない場合の原因究明、解決策のご提案

また、下記の事項(例として挙げますが、これらに限りません)はサポート対象外となります。

  1. ・サービス以外のソフトウェアおよびハードウェア、ネットワークに関するサポート
  2. ・お客様のシステムとの統合作業
  3. ・サービスに関するトレーニング
  4. ・サービス導入に関する工程確認、実地検証、調整
  5. ・サポート対応時間外のサポート
  6. ・本規約に反する、あるいは当社で想定されていないサービスの利用に関するサポート
  7. ・お客様または第三者の責任となる事由により発生した不具合や障害
  8. ・その他、サポート対象に含まれないと当社が独自に判断した作業
7.3 サポート対応時間

当社営業日の午前9時より午後5時まで対応いたします。時間外のご要望については基本的に翌営業日より、順次対応いたします。サポートはこちらより承ります。

8.当サイト上のコンテンツの保証について

当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。当社は、当サイトの内容に関するいかなる間違い、不掲載についても、一切の責任を負いません。当サイトで提供するサービスに関し、お客様が、当社へのお問い合わせに対して当社から差し上げた回答から、何らかのアドバイスや情報を得た場合であっても、当社は本規約に記載されている内容を超えて保証を行うものではありません。当社の自由な判断により、予告なく当サイトの運営の中断または中止や、当サイトに掲載したサービス内容ならびに価格の全部、または一部を適宜変更または廃止できるものとします。

9.免責と責任限定

当サイトの利用および閲覧、サービスの利用は、お客様自身の自己責任でなされるものであり、当サイトの作成や公開等に関わった当社および関係者は、当サイトへのアクセスまたは利用によって発生したいかなる損害(パソコンやネットワークに生じた損害を含み、直接損害・間接損害の別を問いません)やその修理費用等に関して、一切の責任を負いません。
どのような場合においても、当社は、サイト、サービス(またはサイトおよびサービスを通じて提供された当コンテンツ)の利用によって生じた間接的、付随的、特別、懲罰的または結果的損害(データ、機会、収入または利益の喪失、事業の中断、または代替商品もしくはサービスの調達を含みますが、これに限りません。)について、たとえかかる損害発生の可能性を告知されていたとしても、一切責任を負いません。
本規約および本規約のもとに提供されたサービスに関して生じる当社の全責任は、契約上または不法行為またはそれ以外に基づくものにかかわらず、責任が初めて生じたときより前の1ヶ月間において当社に対して支払った請求金額(または、かかる請求金額が支払われていない場合には1,000円)を超えないものとします。
お客様は、上記の責任限度額が、本サービスの低廉な料金体系をふまえた適正なリスク配分を反映していることに合意をし、また、当社がその責任の制限なしに本規約を締結しないことを理解するものとします。

10.不可抗力

天災地変、戦争、暴動、内乱、テロ、放火、延焼等による弊社の施設または人的被害、輸送機関・通信回線の事故または利用困難(サイバーテロによる被害を含む)、電力需給の逼迫、その他当社の責めに帰することができない不可抗力によりサービスまたはサポートの提供ができないときは、当社はその責任を一切負わないものとします。

11.リンクサイトについて

当サイトから、または当サイトへリンクしている当社以外の第三者が運営するWebサイト(以下、リンクサイトといいます)の内容は、当社が管理するものではありません。従いまして、リンクサイトの内容およびリンクサイトをご利用になられたことで生じた損害について、当社は一切の責任を負いません。
当サイトへのリンクを希望される方は、こちらからご連絡ください。
なお、当サイトには当社が運営する他のウェブサイトもリンクされております。それらのサイトを利用される際にはその中に掲げられているご利用条件にもご同意いただく必要がありますのでご注意下さい。

12.反社会的勢力

お客様および当社は、相互に、自己またはその役員、実質的に経営権を有する者(以下、役員等といいます)が、現在および将来において、暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、およびこれらに準ずる者(以下あわせて、反社会的勢力といいます)の何れにも該当しないこと、ならびに反社会的勢力と取引、交際、利用等の関係を有しないことを表明し保証することとします。
お客様および当社は、相手方が前項の表明保証に反したことが判明した場合には、お客様と当社の間における一切の契約、覚書等を直ちに解除することができるものとし、解除した当事者は相手方に対して、何等の経済的利益の提供および損失補償をする義務を負わないものとします。

13.準拠法および管轄裁判所

当サイトおよびサービスのご利用に関して、当社とお客様との間の権利義務関係に関する解釈および適用は、日本国法に準拠するものとし、当社とお客様の間で生じた紛争については、東京地方裁判所を第一審専属管轄裁判所といたします。

14.その他の利用条件

上記1~13以外の利用条件については、下記掲載の「SendGrid Terms of Service」に従います。

15.適用関係

  1. (1) 本規約と「SendGrid Terms of Service」が矛盾する場合は、「SendGrid Terms of Service」が本規約に優先して適用されます。
  2. (2) ただし、下記については、本規約が「SendGrid Terms of Service」に優先して適用されます。
    1. 1 当サイトを利用したアカウント開設申し込みは、SendGrid社ではなく当社に対しておこなわれます。
    2. 2 当サイトを利用して開設したアカウントを通じて利用するサービスの料金については当社が請求し、収受いたします。
    3. 3 利用者の適正利用、利用者情報の確認については、当社もSendGrid社に対して責任を負っております。
    4. 4 規約違反や料金不払いの際のサービス停止・解除やアカウント廃止についてはSendGrid社に代わって当社が実施する場合もございます。
    5. 5 お客様は、サポートについては、SendGrid社のサービスだけでなく、当社の定めるサービスを受けることができます。

※ SendGrid Terms of Service

以下の翻訳は、便宜上提供されているに過ぎず、翻訳版と原文の間で齟齬または矛盾がある場合、原文が優先され適用されます。齟齬または矛盾には、合理的理由等翻訳版提供のタイムラグによるものを含みますがそれに限りません。 原文:https://sendgrid.com/policies/tos/

 

当社のサービス利用規約が更新されました。

当社は、サービス利用規約に重大な変更を行いました。更新後の条件は、本サービス利用規約に初めて同意したすべてのお客様に対しては2019年5月1日に、また2019年5月1日より前に当社のサービス利用規約のいずれかのバージョンに同意したすべてのお客様に対しては2019年5月31日に、発効します。

お客様がSendGridおよび/またはTwilioとの間で別個の書面による契約を締結している場合、本サービス利用規約の更新は、当該書面契約の対象であるサービスには適用されません。ただし、SendGridおよび/またはTwilioとの間で書面にて別途合意されている場合はこの限りではありません。

この更新の一環として、当社サービスを利用するお客様の権利は変更されていません。お客様は引き続き、SendGridアカウントにアクセスし、従来通り当社サービスを利用することができます。

それぞれ2019年5月1日(または2019年5月31日)後も当社サービスを継続して使用することで、お客様は、この更新後の規約に同意したとみなされることに留意してください。

  1. 1.Twilioは、2019年2月1日、SendGrid, Inc.の買収を完了したと発表しました。SendGridの顧客が、Twilioの提供する電気通信事業およびEメールサービスを全範囲で利用することができるよう、本規約が更新されました。よって、本サービス利用規約は、とりわけ、下記変更事項を盛り込むために大幅に刷新されています。
    1. (a) SendGrid, Inc.とTwilio Inc.は共に現在、本サービス利用規約の当事者であり、よって、合意に基づく本サービスの定義には現在、TwilioサービスとSendGridサービスの両方が含まれます。ただし、支払については引き続き、SendGridサービスについてはSendGrid, Inc.に対して、TwilioサービスについてはTwilio Inc.に対して行うことを明確にしました。
    2. (b) またTwilioサービスを利用するためのライセンスを追加しました。
    3. (c) 他の適用される方針および文書と共に、Twilioプライバシーポリシーおよび利用規約は、本サービス利用規約に組み込まれたことに留意してください。
    4. (d) SendGridサービスとTwilioサービスの違いを反映するために追加の更新が行われました。
    5. (e) 一部の用語および定義は、何がTwilioサービス、SendGridサービスおよび本サービス全体に適用されるかを明確にするために移動されました。
    6. (f) 顧客データ、その使用方法、および削除の時期に関する詳細事項を更新しました。
    7. (g) 当社とお客様双方のそれぞれの保証、および当該保証の違反の場合に関連する救済を更新しました。
    8. (h) 当社とお客様が相互に負う責任に対する制限を更新しました。
    9. (i) 本サービス利用規約に基づき当社とお客様が相互に補償する各自の権利を更新しました。
  2. 2.上記リストは、変更された事項を網羅したリストではありません。本規約は、現在、本規約に基づくTwilioサービスを含んでいるため、広い範囲で更改されているためです。よって、新たな本規約の全体を必ず確認してください。
  3. 3.当社は膨大な数の様々なお客様を擁しているため、残念ながら当社の本サービス利用規約に変更を行うことはできません。

 


 

Twilioサービス利用規約

2019年5月1日付で発効します。ただし、2019年5月1日より前に本規約のいずれかのバージョンにすでに同意していた場合、更新後の本規約は、お客様に対して2019年5月31日付で発効します。

SendGridのみを対象としたサービス利用規約の旧版を確認するには、ここをクリックしてください。

Ahoy! Twilioへようこそ!

Twilioは、クラウド通信会社です。当社サービスにより、接続が可能になり、電気通信とEメールの機能を、モバイル、ウェブベースおよびデスクトップアプリケーションなど、ソフトウェアアプリケーションに簡単に統合することが可能です。

こちらは、当社のサービス利用規約であり、Twilio Inc.とSendGrid, Inc.の双方が提供するサービスを対象としています。便宜上、左側(※)に、難解な法律用語を「人間が理解しやすい」形で解説しています(もちろん当社の法務部は、弁護士も人間であると断言しています)。しかしながら、お客様は、右側の文言が法的に拘束力を有する内容であることを認識しておく必要があります。当社の条件を完全に、読みやすく、かつ理解しやすいものにするよう最善を尽くしましたが、追加の質問が出てくる場合があります。その点は了解しております。よって、当社のサポートチーム(help@twilio.com)宛または下記の住所宛に書面にてお問い合わせください。

※構造計画研究所注:当サイトでは左右ではなく、各条項の冒頭に要約を設置しております。そのため、左側、右側は適宜読み替えをお願いいたします。

Twilio Inc.
375 Beale Street, Suite 300
San Francisco, CA 94105
宛名:Legal / Contracts Department

Twilio UK Limited
7 Soho Square, 5th Floor
London, W1D 3QB
United Kingdom
宛名:Legal / Contracts Department

SendGrid, Inc.
1801 California Street,
Suite 500
Denver, Colorado 80202
宛名:Legal

 


 

本サービス利用規約(以下「本契約」または「本規約」といいます)において、「当社」または「Twilio」は、Twilio Inc.(375 Beale Street, Suite 300, San Francisco, CA 94105)およびその子会社であるSendGrid, Inc.(1801 California Street, Suite 500, Denver, Colorado 80202)を指し、「お客様」および「顧客」という用語は、お客様を指します。本サービスを利用するためにTwilioアカウントに登録する資格を得るためには、お客様は、本規約を確認し、「同意します」または「開始します」ボタンをクリックするか、その他の方法で承諾する必要があります。お客様は、組織を代理して本サービスを利用するためにTwilioアカウントに登録している場合、その組織に代わり本規約に同意し、お客様がその組織を本規約に拘束させる権限を有することをTwilioに約束したことになります(この場合、「お客様」または「顧客」という用語は、当該組織を指します)。上記事項の例外としては、当該組織が本サービスの利用に適用される別個の書面契約をTwilioとの間で締結している場合です。この場合、当該契約が、こうした利用に適用されます。

本規約を注意深くお読みください。承諾後、本規約は、お客様とTWILIO間の拘束力を有する法的な約束となります。お客様が本規約に拘束されることに同意しない場合、お客様は、「同意します」または「開始します」ボタンをクリックしてはならず、また本サービスを利用してはなりません。

本規約において「本サービス」に言及する場合、以下の両方を含む、本サービス全体を意味します。(1) Twilio Inc.がお客様に提案および提供するサービスである「Twilioサービス」。通常は、以下で構成されます。(a) 当社のプラットフォームサービス(お客様のプラットフォームサービスの利用に関してTwilioが提供するTwilioサービス向けのアプリケーションプログラミングインターフェースおよびクラウドベースのソフトウェア、プログラム、特徴、機能、開発者ツールおよびレポート様式、ならびにTwilioが一般的に利用可能とする上記いずれかの後のアップデートまたはアップグレードを含みます)、(b) 接続サービス(Twilioサービスと電気通信事業者のネットワーク(固定回線、セルラー、無線、高帯域および/または光ファイバーケーブルを含みます)をインターネットを通じてリンクするTwilioサービス内に組み込まれた接続機能を含みます)、ならびに (2) SendGrid, Inc.が提供する「SendGridサービス」。このサービスは、お客様が利用可能なSendGrid, Inc.専有のウェブサイト(現在www.sendgrid.comで利用可能)を通じて、Eメール通信ならびにその他の関連するデジタル通信およびツールの開発、伝送、分析および管理を可能にします(すべてのプログラム、特徴、機能およびレポート様式、ならびにSendGrid, Inc.が市販する上記いずれかの後のアップデートまたはアップグレードを含みます)。ただし、Twilioサービスは含まれません。

「Twilio API」に言及する場合、当社がお客様に提供する本サービス(または本サービスの機能)向けのアプリケーションプログラミングインターフェースを指します。

「ドキュメント」に言及する場合、当社が本サービスに関して市販し、随時更新されることのある、Twilio APIのすべての取扱説明書およびガイド、コードサンプル、マニュアル、ガイド、オンラインヘルプファイルおよび技術文書を指します。

「顧客アプリケーション」に言及する場合、お客様が当社が提供する開発者ツールを利用して作成したソフトウェアアプリケーションを含むソフトウェアアプリケーションであって、本サービスと連動し、お客様が当該アプリケーションを通じて利用に供するサービス(ウェブベースまたはその他のサービス)を含むものを指します。

重要事項:本規約により、お客様に対する当社の責任は制限されます。詳細については、第14条を参照してください。

また、条件またはお客様による本サービスの利用全般に関する紛争は、拘束力を有する仲裁により、もっぱら個別に解決する必要があります。詳細については、第18条を参照してください。

質問がある場合は、twilio.com/help/contactにてTwilioにお問い合わせください。

お客様が米国連邦政府の利用者である場合または別途、米国連邦政府の立場で本サービスにアクセスするか、これを利用している場合、本規約の変更契約がお客様に適用されます。

目次

  1. 1. 本規約の変更
  2. 2. お客様のTwilioアカウント
  3. 3. 本サービスのアクセスおよび利用
  4. 4. 顧客データ
  5. 5. 制約および要件
  6. 6. 本サービスの変更
  7. 7. 輸出管理
  8. 8. 関係会社
  9. 9. プロダクト規約
  10. 10. 料金、支払条件、および税金
  11. 11. 所有権および秘密保持
  12. 12. 表明および保証、保証否認
  13. 13. 補償
  14. 14. 責任の制限、救急サービス
  15. 15. 期間、解除、停止
  16. 16. 存続条項
  17. 17. 総則
  18. 18. 仲裁に対する合意
  19. 19. 楽しみ

1. 本規約の変更

当社は、本規約を随時改定する場合があります。その場合、改定後の本規約は、旧版に優先します。別途指定しない限り、改定は、本規約の冒頭に記載された発効日に効力を生じます。重大な改定があれば事前にお知らせします。この通知は、お客様のTwilioアカウントポータルで、またはお客様のTwilioアカウントのEメールアドレスの所有者宛にEメールを通じて提供されます。その他の改定については、冒頭記載の本規約の発効日を更新します。お客様は、Twilioのウェブサイトにアクセスする場合またはTwilioアカウントにログインする場合は必ず、本規約の発効日を確認することが推奨されます。お客様が引き続き、本サービスにアクセスし、またはこれを利用する場合、お客様は、改定を受け入れたとみなされます。改定に同意しない場合、本サービスの利用を中止するものとします。

2. お客様のTwilioアカウント

本サービスを利用する際に、お客様は、Twilioのアカウントを作成するよう求められます。アカウント作成プロセスの一環として、お客様は、Eメールアドレスの提示、パスワードの作成、および電話番号の提供(お客様がロボットでないことを確認するため、フォームに入力いただく検証コードを当社からその番号あてに送付いたします)を求められます。お客様がTwilioアカウントを登録するまでは、本サービスへのお客様のアクセス権は、一般に公開されている範囲に限定されます。Twilioアカウントに登録する際に、お客様は、アカウント作成プロセス中に要求されるとおり、自身に関する真正、正確、最新かつ完全な情報を提供する必要があります。お客様は、各Twilioアカウント内にサブアカウントを作成することもできます。お客様は、各Twilioアカウントを作成した後、この情報を真正、正確、最新かつ完全に保つ必要があります。

お客様は、自らのTwilioアカウントおよびサブアカウントを通じた本サービスのすべての利用(認められているか否かを問いません)につき単独で責任を負います。これは、お客様の顧客データおよび各顧客アプリケーション(以下で定義されます)の品質および完全性を含みます。お客様は更に、顧客アプリケーションにアクセスする権利を有するまたは別途これを使用する人(「エンドユーザー」)のすべての作為および不作為につき単独で責任を負います。お客様は、本サービスの不正アクセスまたは不正利用を回避するために合理的なあらゆる予防措置を取ることに同意し、不正アクセスまたは不正利用があれば速やかに当社に通知します。当社は、お客様のTwilioアカウントの不正利用から生じる損失または損害につき責任を負いません。お客様および各エンドユーザーが本サービスに接続、アクセスし、これを利用するために必要になりうるすべてのハードウェア、ソフトウェアおよびその他の装置については、お客様が、自らの費用負担で取得、インストールおよび保守を行う責任を単独で負います。

Twilioがお客様またはエンドユーザーの住所もしくはその他の関連情報を記録することを要求される電話番号の使用に関し、お客様は、当該番号と関連付けるために正確かつ最新の情報を当社に提供する義務を負います。そして当該情報を最新の状態に保つ責任を負います。お客様は、法執行機関、規制機関または電気通信事業者からの情報要請に関して、合理的な協力を行うことに同意します。

3. 本サービスのアクセスおよび利用

3.1 Twilioサービスの提供

当社は、このサービスレベル契約(「Twilio SLA」)(随時更新される場合があります)に従いTwilioサービスをお客様の利用に供します。

お客様は、以下の目的に限り、非独占的にTwilioサービスを利用することができます。

  1. a. お客様のアプリケーションを開発するために必要なドキュメントおよびTwilio APIを使用するため
  2. b. ドキュメントおよび当社の利用規約に従い、各顧客アプリケーションの使用に関して、Twilioサービスを使用し、エンドユーザーの利用に供するため
  3. c. 本規約に基づくお客様の活動に関して、またこれに必要な場合に限り、Twilioサービスを利用するため
  4. d. お客様の関係会社に、本第3条に基づき(第8条(関係会社)に従った)Twilioサービスの利用を許可するため

3.2 SendGridサービスの提供

当社は、本契約に従い、SendGridサービスをお客様の利用に供します。SendGridサービスは、実質的に、当社が公表しているドキュメント(その変更を含みます)に従い機能するものとします。本契約の条件、およびEメールポリシーに従い、当社はお客様に対し、SendGridサービスの一環として提供されるドキュメントおよび適用されるTwilio APIを使用する非独占的、サブライセンス許諾不可、移転不可、制限付き、取消可能な権利を付与します。

4. 顧客データ

4.1 顧客データの使用

「顧客データ」は、本規約に基づく本サービスの利用を通じて当社の利用に供されるデータおよびその他の情報(顧客利用データおよび顧客コンテンツを含みます)で構成されます。

「顧客コンテンツ」とは、(a) Twilioサービスを利用する形で交換されるコンテンツ(テキスト、メッセージ本文、音声および動画メディア、画像および音声など)、(b) お客様に代わりTwilioサービスを通じて保存されるデータ(通信ログなど)、(c) SendGridサービスを通じて送信される個人データ(送信者、受信者およびコピー受信者の身元情報(姓名)、連絡先情報(住所、電話番号(固定および携帯)、Eメールアドレス、ファックス番号)、雇用情報(役職)、ならびに (d) お客様がSendGridサービスを利用して送信するEメールの本文に含めることを選択したその他の個人データを意味します。

「顧客利用データ」とは、顧客コンテンツを伝送、配信または交換する目的でTwilioが処理するデータを意味し、通信元および通信先を追跡および特定するために使用されるデータ((a) 個人データの主体の電話番号、Twilioサービスを提供する際に生成されるデバイスの位置データ、通信の日時、期間および種類、ならびに (b) SendGridサービス要求の発信元を追跡および特定し、SendGridサービスの性能を最適化および維持し、システムの悪用を調査および回避するために使用される活動ログなど)を含みます。

「顧客サービスデータ」とは、お客様およびそのエンドユーザーによるSendGridサービスの利用および操作に起因して、集計された個人を特定しないデータまたは情報(その情報源である事業体または自然人を特定しないデータまたは情報)を意味し、量、頻度、バウンス率に関する情報、またはお客様もしくはそのエンドユーザーがSendGridサービスを利用して生成および送信するEメールおよびその他の通信に関するその他の情報を含みます。

お客様は、当社の「プライバシーポリシー」、すなわち、(a) Twilioサービスに関しては、このTwilioのプライバシーポリシー「Twilioプライバシーポリシー」)および (b) SendGridサービスに関しては、このSendGridのプライバシーポリシー「SendGridプライバシーポリシー」)を読んだことを認め、ここに当社がお客様の顧客データを収集、保存および使用する方法が定められていることを了解します。お客様は、当社のプライバシーポリシーに同意しない場合、本サービスの利用を直ちに中止しなければなりません。

お客様は、(a) Twilioのその時点のプライバシーポリシー、第11.4条および本第4条に沿った本サービス(セキュリティインシデント、不正行為、スパムまたは本サービスの不法な利用の検知、回避および調査を含みます)を提供するため、ならびに (b) 技術上の問題またはお客様の問合せに回答し、本サービスの適切な稼動を確保するために必要な場合、顧客データを使用および開示するよう当社に指示します。お客様は、EメールおよびSMSは通常、送信中に暗号化されない安全ではない媒体であり、インターネットを通じて伝送される情報のセキュリティを保証することはできないこと、よって当社は、インターネットを通じた通信の傍受もしくは妨害につき、または本サービスに関する顧客データの変更もしくは紛失につき責任を負わないことを認めます。

なお、本規約において「法」に言及する場合、管轄権を有する政府、裁判所または裁定機関の法令、法、条例、規制、規則、判決または命令(データ保護法、プライバシー法、および各顧客アプリケーションのエンドユーザーによる利用に関して、当該エンドユーザーから同意を取得するまたは当該エンドユーザーに通知を付与することを義務付ける法のほか、電話の内容、SMSメッセージまたはその他の通信の記録または監視に関する州、連邦および国際的な法、規制および規則、米国海外腐敗行為防止法、連邦通信委員会が制定する規則、連邦または州のアンチスパム法令または規制(2003年CAN-SPAM法、または1991年電話消費者保護法(TCPA)を含む、一方的な通信の配布を禁止する連邦または州の法令または規制を含みますが、これらに限定されません)を指します。

4.2 顧客利用データおよび顧客コンテンツの返還および消去

本規約の終了をもって、当社は、顧客利用データを以下のとおり保持、使用および開示することができます。(a) Twilioの会計、税金、請求、監査およびコンプライアンスの目的で、(b) 不正行為、スパムもしくは本サービスの不法な利用を調査するため、ならびに/または (c) 適用法により義務付けられる場合。ただし、上記目的での当該顧客利用データの保持、使用および開示は、第11.4条に定める秘密保持義務の対象となることを条件とします。当社は、上記の目的で顧客利用データを必要としなくなった後、これを匿名化するか、別途消去するものとします。

4.2.1 Twilioサービス内の顧客コンテンツ

お客様は、Twilioサービスを通じて顧客コンテンツのコピーを取得し、顧客コンテンツを消去することができます。お客様は、Twilioサービスを通じた顧客コンテンツのコピーの取得および顧客コンテンツの消去について単独で責任を負うことに同意します。本契約の終了をもって、当社は、以下を行います。(i) 保存されている顧客コンテンツのコピーをTwilioサービスを通じて取得するための期間として、解除発効日後30日間をお客様に付与し、(ii) 解除発効日から30日後に保存されている顧客コンテンツを自動的に消去し、(iii) 解除発効日から60日後にTwilioのバックアップシステムに保存されている顧客コンテンツを自動的に消去します。Twilioのバックアップシステムにアーカイブされている顧客コンテンツは、安全に分離し、更なる処理から保護されます。ただし、適用法により別途義務付けられる場合はこの限りではありません。Twilioサービスを通じた顧客コンテンツの削除に関する詳細情報については、ここをクリックしてください。

4.2.2 SendGridサービス内の顧客コンテンツ

本契約の解除または満了をもって、当社は、(i) お客様の選択で、SendGridサービスに保存されている顧客コンテンツ(コピーを含みます)を消去するかまたはお客様に返還し、(ii) 解除発効日から1年後に、Twilioのバックアップシステムに保存されている顧客コンテンツを自動的に消去します。

4.2.3 法により義務付けられる場合の保持

本第4.2条の反対の趣旨の定めにかかわらず、Twilioは、適用法により義務付けられる場合は、顧客コンテンツまたはその一部を保持することがあります。

5. 制約および要件

お客様が本サービスを利用して何を構築するのかが楽しみです。しかしながら、本サービスを利用してできる行為にはいくつかの制約があり、また本サービスを利用する場合に従うべき要件があることを把握しておく必要があります。

5.1 Twilioサービス

Twilioサービスに関して、お客様は、以下のとおり同意するものとします。

  1. a. 第3.1条(b)に定める場合を除き、お客様は、Twilioサービスを第三者に移転、再販、リース、ライセンス付与もしくはその他利用に供しないものとし、またはこれをスタンドアロンで提供しないものとします。
  2. b. お客様は、救急サービスにアクセスするまたはそのアクセスを許可するためにTwilioサービスの利用を試みないものとします。
  3. c. お客様は、Twilioサービスがすべての適用法、第三者の権利、ならびに本規約および当社の利用規約(随時修正される場合があります)に従い使用されるよう努めるものとします。
  4. d. お客様は、当社がTwilioサービスを提供するために必要な場合に、お客様の顧客データを使用する権利を得られるよう努めるものとします。
  5. e. お客様は、適用法に違反する方法でTwilioサービスを利用しないものとします。
  6. f. 適用法により許可される場合を除き、お客様は、当社がTwilioサービスに関して提供したソフトウェアについて、リバースエンジニアリング、逆コンパイル、逆アセンブルを行わず、その他ソースコードを生成し、生成もしくは導出を試み、または他者によるその生成もしくは導出を許可もしくは援助しないものとします。

5.2 SendGridサービス

SendGridサービスに関して、お客様は、以下のとおり合意するものとします。

  1. a. お客様は、SendGridサービスを第三者に移転、再販、リース、ライセンス付与もしくはその他利用に供しないものとし、スタンドアロンベースでこれを提供せず、またはSendGridサービスに関してTwilioに代わりエンドユーザーまたは第三者に表明もしくは保証を行わないものとします。
  2. b. お客様は、本契約に基づき提供されたSendGridサービスのお客様による利用が、本契約の条件(ここに、本契約に組み込まれるSendGrid Eメールポリシーを含みます)に違反しないよう努めるものとします。
  3. c. お客様は、当社がSendGridサービスを提供するために必要な場合に、お客様の顧客データを使用する権利を得られるよう努めるものとします。
  4. d. お客様は、SendGridサービスを利用して、実質的に類似する製品またはサービス(他の機械翻訳エンジンを含みます)の(直接または間接的な)作成、強化または改良を行わないものとします。
  5. e. お客様は、(それぞれ)1つの顧客アプリケーションまたはSendGridサービスアカウントであるふりをして、もしくはそのようにふるまうため、または別途料金の発生を回避することを意図した方法でSendGridサービスにアクセスするために、複数の顧客アプリケーションまたはSendGridサービスアカウントを作成しないものとします。
  6. f. 適用法により許可される場合を除き、お客様は、当社がSendGridサービスに関して提供したソフトウェアについて、リバースエンジニアリング、逆コンパイル、逆アセンブルを行わず、その他ソースコードを生成し、生成もしくは導出を試み、または他者によるその生成もしくは導出を許可もしくは援助しないものとします。
  7. g. お客様は、適用法に違反する方法でSendGridサービスを利用しないものとします。

6. 本サービスの変更

本サービスの特徴および機能(Twilio APIおよび当社のTwilio SLAを含みます)は、時の経過とともに変更される場合があります。お客様は、その時点の本サービスの仕様に準拠した形式でコールやリクエストを実行する責任を負います。当社は、後方互換性のない本サービスの変更を行わないよう試みますが、当該変更が必要となった場合、当社は、Twilioサービスに関する変更を実施する場合は、少なくともその60日前、またSendGridサービスに関する変更を実施する場合は、少なくともその30日前までにお客様に知らせるよう合理的な努力をします。

7. 輸出管理

本サービスは、適用される米国の輸出管理法および経済制裁規則の対象となる場合があります。本サービスを受領する際に、お客様は、本サービスに適用される場合、すべての国内および国際的な輸出法および経済制裁規則を厳守すること、ならびに本規約に合致する範囲で、本サービスの輸出、再輸出または移転を行うために必要な認可またはその他の許可を取得することに同意します。これらの法には、仕向地、エンドユーザーおよび最終利用に関する制約が含まれます。お客様は、制限なく、米国政府の許可を得ずに、米国政府の除外リスト(商務省の取引禁止対象者リストまたは未検証者リスト、ならびに財務省の特定国籍業者および制裁対象者リストなど)に掲載されているいかなる事業体にも本サービスを移転することはできません。お客様は、自らが米国政府の除外リストに掲載されていないこと、または当該リストに掲載されている事業体の支配下になく、その代理人でもないことを表明します。お客様はさらに、お客様が当該リストに掲載されることになった場合または当該リストに掲載されている事業体の支配下に入るか、その代理人となる場合、直ちに本サービスの利用を中止することを保証します。

8. 関係会社

お客様の関係会社とは、お客様を支配する、お客様により支配される、またはお客様と共通の支配下にある事業体または人(子会社、親会社または従業員など)を意味します。同様に、当社の関係会社に言及する場合、当社を支配する、当社により支配される、または当社と共通の支配下にある事業体または人を意味します。お客様の関係会社は、本規約が自らに適用されることを条件として、本規約に従い本サービスを利用することができます。お客様および本サービスを利用するお客様の関係会社は、連帯して、お客様の関係会社の作為および不作為(本規約の違反を含みますが、これに限定されません)につき責任を負います。本規約に基づき本サービスを利用するお客様のいずれかの関係会社からの請求は、お客様のみがお客様の関係会社に代わり当社に対して提起することができます。

9. プロダクト規約

9.1 アドオン

当社は、Twilioマーケットプレイスを通じて、サードパーティパートナー(それぞれ「アドオンプロバイダー」)が提案する追加の特徴、機能およびサービス(それぞれ「アドオン」)を利用に供する場合があります。 お客様が、自らのみの裁量で、アドオンの使用を選択する場合、お客様は、アドオンのインストール手続の一環として、アドオンプロバイダーのサービス利用規約(「アドオンプロバイダーの規約」)に同意するよう求められます。お客様は、Twilioマーケットプレイスを通じて購入する各アドオンについて、アドオンプロバイダーの規約は、お客様と該当するアドオンプロバイダーの間のみの法的拘束力を有する合意を構成することを認めます。各アドオンのアドオンプロバイダーは、当該アドオン、これに含まれるコンテンツ、ならびにお客様または他の当事者が当該アドオンまたはお客様による当該アドオンの利用に関して有することのある請求権につき単独で責任を負います。お客様は、自らが該当するアドオンプロバイダーから各アドオンのライセンスを購入することを認めます。当社は、当該各アドオンをお客様に提供する際にアドオンプロバイダーの代理人として行動します。当社は、当該アドオンに関するお客様とアドオンプロバイダーの間のライセンス契約の当事者ではありません。当社は、当該アドオン、これに含まれるコンテンツまたはお客様もしくは他の当事者が当該アドオンもしくはお客様による当該アドオンの利用に関して有することのある請求権につき責任を負いません。お客様は、当社および当社の関係会社が、各アドオンに関するお客様とアドオンプロバイダーの間の契約の第三者受益者であること、また当社および当社の関係会社が、当該契約の第三者受益者として、お客様に対し当該ライセンス契約を執行する権利を有する(また当該権利に同意したとみなされる)ことを認め、これに同意します。アドオンプロバイダーの規約は、本サービスに関して、本規約を変更するまたは別途これに置き換わるものではありません。

アドオンを購入することで、お客様は、アドオンをお客様に提供するために必要な場合に、顧客アプリケーションおよび顧客データをアドオンプロバイダーと共有することを当社に許可したことになります。

お客様に付与されるアドオンを使用するライセンスは、お客様に一身専属的なものであり、お客様のエンドユーザーにサブライセンス付与することはできません。ただし、アドオンが顧客アプリケーションを通じてエンドユーザーに提供される場合はこの限りではありません。お客様は、アドオンを他者に提供または再販することはできません。

9.2 電話番号の転出

当社は、電話番号の転出に関して、この電話番号がTwilioサービスの一環として使用される場合、特定の権利を有します。適用法により別途義務付けられない限り、当社は、自らのみの裁量で、当社に転出されたまたは当社から購入した電話番号を転出することをお客様に許可することを拒否する権利を留保します。さらに、お客様は、電話番号が悪意によりまたは誤って当社から転出されることを防ぐためにのみ、電話番号がデフォルトで「ロック」されていること(すなわち、お客様が当社から番号を転出させる意図を明確に通知していない限り、当社は転出の要請につき異議を申し立てること)を了解します。上記にかかわらず、以下の(a)から(d)を条件として、当社は、自らのみの裁量で、お客様が当社から購入する電話番号を転出することを許可する場合があり、またお客様に対し、お客様が当社に転入させた電話番号を転出することを許可します。(a) お客様が良好な状態でプロダクションレベルのTwilioアカウントを有しており、(b)転出日に先立つ90日よりも前に、電話番号を転入または購入しており、(c) 転出要請を行う前に当社から電話番号を転出させる旨の意図を当社に明確に通知しており、かつ (d) 本規約を遵守している場合。

当社が電話番号を当社から転出させるよう、お客様に要請を通知した場合かつお客様が第三者に当該電話番号を再販または再提供しているときは、お客様は、当該第三者への転出要請を速やかに有効にすることに同意します。当該第三者が転出要請を承認する場合、お客様は、(x) 転出要請に対する当該第三者の承認を当社に通知すること、また (y) 当該転出要請の実施を回避するための措置を取らないことに同意します。

9.3 ショートコード

お客様がTwilioサービスの一環として当社においてショートコードを使用する場合、以下のとおりとします。

  1. a. お客様は、最初に当社と協働で、電気通信事業者により承認された新たなショートコードのユースケースを取得しない限り、当該電気通信事業者により承認されたショートコードのユースケース(キャンペーンなど)を変更しないものとします。
  2. b. お客様は、ショートコードを「停止」(または同等の文言)すると回答した第三者に対し追加のメッセージを送信することを中止するものとします。ただし、ショートコードのオプトアウトが完了したことを確認する単一のテキストメッセージを当該第三者に送信する場合を除きます。
  3. c. お客様は、ショートコードの使用に関して、お客様の各エンドユーザーが意図的にかつ明示的に、ショートコードからのメッセージを受領する前に、当該メッセージの受信へのオプトインを確実にするにあたり、電気通信事業者の適用されるすべての規則(電気通信事業者の規則を含みますが、これに限定されません)に従うものとします。

お客様は、各ショートコードアプリケーションまたはお客様によりもしくはお客様に代わって当社により提出されるショートコードの要請(それぞれ「ショートコードアプリケーション」)が、該当する電気通信事業者の承認を得ることを条件とすることに同意します。当社は、電気通信事業者のショートコードの承認手続に対し支配権を有しません。またショートコードアプリケーションが電気通信事業者により拒否された場合も責任を負いません。さらに、電気通信事業者がショートコードアプリケーションを拒否する場合でも、当社は、電気通信事業者によるショートコードアプリケーションの拒否前にお客様が当社に支払ったショートコード関連の料金を返金する義務を負いません。

10. 料金、支払条件、および税金

10.1 料金

お客様は、Twilioサービスに関しては、https://www.twilio.com/pricingに記載の料率、およびSendGridサービスに関しては、https://sendgrid.com/pricing/に記載の料率に従い料金を支払うことに同意します。ただし、両当事者間の注文書または注文確認書(「注文書」)に別途記載されている場合はこの限りではありません。

さらに、当社は、第10.3条に従い、お客様が本規約に違反して本サービスを利用した結果、政府機関もしくは規制機関または電気通信事業者により当社に課される一切の追加の費用、罰金または違約金をお客様に請求し、お客様は、これらを支払うものとします。

10.2 税金

注文書に別途記載されていない限り、お客様は、本契約の対象である本サービスに対してまたはこれに関して課されるすべての税金につき責任を負い、これを支払うものとします。このことは、当該税金が直接お客様に対して、または当社に対して課されているかを問いません。「税金」とは、適用されるすべての連邦、州および現地の税、料金、課徴金、電気通信事業者(通信キャリアなど)の追加料金またはその他の類似の取立金(販売税および使用税、通信サービス税、公益事業利用税もしくは公益事業利用料金、消費税、付加価値税、物品・サービス税、免許税、事業税もしくは営業税、911税、フランチャイズ税およびユニバーサルサービス基金料金および税を含みますが、これらに限定されません)を意味します。本第10.2条において、税金には、当社の純利益に対して課されるか、これに基づき査定される税金、財産税または給与税は含まれません。お客様が何らかの理由で当該税金を免除される場合、お客様が、正当な署名と日付を付した有効な非課税証明書を当社の税務部門に提出し、当社の税務部門が当該非課税証明書を承認した場合、当社はその後、当該税金につきお客様を継続的に免除します。当該非課税証明書は、taxforms@twilio.com 宛に直接送付してください。お客様が付加価値税または物品・サービス税の免除を受ける場合、お客様は、付加価値税または物品・サービス税の登録番号を当社に提示する責任を負います。お客様が、税金の支払後に非課税証明書または付加価値税もしくは物品・サービス税番号を提示した場合、当社は、お客様の書面による要請に応じて、お客様の書面による要請を受領した日から3カ月以内に、既に支払われた税金額をお客様のTwilioアカウント宛に弁済します。何らかの理由で税務当局により、お客様が当該免税を受けないと判断され、当社に当該税金が課される場合、お客様は、当該税金に、適用される利息または査定された違約金を加えた額を速やかに当社に支払うことに同意します。

お客様が適用法により、当社に対して支払うべき金額から何らかの税を源泉徴収するよう義務づけられる場合、お客様は、当該源泉徴収額を減額もしくは排除するために、非課税証明書または類似の文書を当社に提出することができます。当該証明書または文書の受領をもって、お客様はその後、当該源泉徴収額を(場合により)減額または排除するものとします。お客様は、当該源泉徴収税を該当する税務当局に支払ったことを証明する文書を当社に提出するものとします。

10.3 支払条件

お客様は、以下で該当する支払方法に従い、本契約に基づき、Twilioサービスに関して請求を受けた料金はすべてTwilio Inc.に対して、またSendGridサービスに関して請求を受けた料金はすべてSendGrid, Inc.に対して支払います。

10.3.1 クレジットカード支払条件

お客様がクレジットカードによる支払を選択する場合、お客様は、(a) お客様のTwilioアカウントへの自動チャージを有効にするか、または (b) 異議のない料金を支払うためにお客様のTwilioアカウントに十分な残高を確保する責任を負います。何らかの理由で、お客様のTwilioアカウントの残高がマイナスとなった場合、当社は、本サービスを停止する権利を留保します。

10.3.2 請求書による支払条件

お客様が請求書を受領し、後払いすることを選択する場合で、当社がこれを認めたときは、請求書は、毎月PDFとしてEメールで送信されます。お客様は、本契約に基づき異議のないすべての料金を請求書の日付から30日以内に支払います。お客様およびTwilioが書面にて別途合意しない限り、本規約に基づき支払うべき異議のないすべての料金は、両当事者が別途書面にて合意しない限り、米ドルで支払われます。 支払債務は、取消不可能であり、支払済みの料金は、返金不可です。お客様が異議のない料金の支払を延滞し、当該延滞について書面通知を受けてから10営業日以内に支払を行わない場合、当社は、遅延損害金を査定することができ、お客様は、これを支払う必要があります。遅延損害金は、月率1.5%、または適用法により許可される最高額のうち、いずれか低い方とします。
支払不履行通知の後、当社はさらに、お客様が支払期日の到来した異議のない料金に、遅延損害金を加えた額を支払うまで、本サービスを停止することができます。

10.3.3 支払不履行による停止

当社が本第10.3条に基づき本サービスを停止する場合、当社は、当該停止に関してお客様が被ることのある損害、責任、損失(データまたは利益の喪失を含みます)またはその他の結果につき、責任を負いません。

10.4 料金に関する紛争

お客様は、本規約に基づき自らが支払ったまたは支払うべき料金のいずれかの部分につき異議を申し立てる場合は、書面にて当社に通知する必要があります。お客様は、当社がお客様が異議申立を希望する請求額につき請求を行った日付から60日以内に当社に当該書面通知を行う必要があり、当社は、お客様と協力して、紛争を速やかに解決するよう努めます。

11. 所有権および秘密保持

11.1 総則

お客様とTwilioの間では、当社は、本サービス、ドキュメント、当社の秘密情報および顧客サービスデータ、ならびにお客様またはエンドユーザーから本サービスに関して提出されるフィードバック、提言、是正要請または提案(「貢献」)に存するすべての権利、権原および権益を独占的に有し、またこれらを留保します。お客様とTwilioの間では、お客様は、各顧客アプリケーションおよびお客様の秘密情報に存するすべての権利、権原および権益を独占的に有し、これらを留保します。

11.2 提案および貢献

本サービスに関するお客様の貢献をお待ちしております。ただし、貢献を提出する際に、以下のことに留意してください。

  1. a. 当社は、お客様の貢献に関して秘密保持義務を負いません。
  2. b. 当社は、目的および方法を問わず、お客様の貢献を使用もしくは開示する(または使用もしくは開示しないことを選択する)ことができます。
  3. c. お客様の貢献は当社に帰属します。
  4. d. お客様は、いかなる場合も、お客様の貢献に関して、当社からいかなる種類の報酬または弁済も受ける権利を有しません。

11.3 標章の使用

本規約に従い、各当事者(「ライセンサー」)は、他方当事者(「ライセンシー」)に対し、本規約に基づく各自の活動に関してのみ、ライセンサーの名前、ロゴ、および本サービスを利用したお客様のユースケース(「ライセンサーの標章」)をライセンシーのそれぞれのウェブサイト、収支報告書、およびその他の販売促進資料もしくは公に配布されている資料において使用および表示する権利を付与します。
ライセンシーによるライセンサーの標章の使用は、ライセンサーの適用される利用ガイドライン(Twilioの利用ガイドラインは、ここここから入手可能です)に従うものとし、ライセンサーの利益に資するものとします。ライセンシーは、ライセンサーの書面による許可を得る場合を除き、ライセンサーの標章を使用、登録せず、またはこれに関してその他の措置を取らないものとします。ライセンシーは常に、その時点のライセンサーの標章を使用し、ライセンサーの標章に追加、削除または変更を加えないものとします。ライセンシーは、いつにても、ライセンシーとライセンサーの関係について虚偽表示を行わないものとします。ライセンシーは、自らをライセンサーの関係会社またはその他の法的代理人であると称しないものとします。本第11.3条に基づきライセンサーの標章を使用および表示するライセンシーの権利は、本規約が終了する際に自動的に終了します。

11.4 秘密保持

「秘密情報」とは、有形であるかを問わず、一方当事者により秘密もしくは専有と表示されるか、別途そのように指定されて開示されるか、または情報の性質および開示に伴う状況に鑑みて秘密であると合理的に理解されるはずの一切の情報またはデータを意味します。秘密情報には、以下に該当する情報は含まれません。(a) 受領当事者の過失によらずして公知である情報、(b) 開示当事者から開示を受ける前に、受領当事者が制約なく適切に知悉していた情報、(c) 開示当事者の権利を侵害することなく、他者から制約を受けずに受領当事者に適切に開示された情報、または (d) 受領当事者が開示当事者の秘密情報を使用もしくは参照することなく独自に開発する情報。

受領当事者は、自らが開示当事者の秘密情報を、本規約に従ってのみ使用すること、また開示当事者の書面による事前の同意を得ることなく、当該秘密情報を第三者に開示しないことに同意します。ただし、本契約に基づき別途許可される場合を除きます。ただし、第4条に従い、Twilioは、本サービスを提供するために必要な場合は、お客様の秘密情報を使用および開示することができます。受領当事者は、相当な注意をもって、開示当事者の秘密情報を不正利用および開示から保護することに同意します。受領当事者は、開示当事者の秘密情報を全部または一部を問わず、本第11.4条の条件に従い、知る必要があり、当該情報を秘密に保持する法的な義務を負う自らの従業員、代表者、実際のもしくは潜在的な投資者および下請業者、ならびにSendGrid, Inc.のSOC2または類似の報告書(これはTwilioの秘密情報を構成するものとします)のみに関しては、エンドユーザーに対して、開示することができます。受領当事者は、適用法により義務付けられる場合は、開示当事者の秘密情報を開示することができます。ただし、当該強制的な開示の前に、受領当事者は、許可される場合は、以下を行うものとします。(a) 開示当事者が当該開示に抵抗する、および/または保護命令を求める合理的な機会を得られるよう、開示当事者に速やかに書面で通知すること、また (b) 開示当事者と合理的に協力して、当該開示から保護する、および/または当該開示の範囲を狭めるための保護命令を得ること。当該開示に対する保護が得られない場合、受領当事者は、開示当事者の秘密情報を開示する権利を有しますが、当該強制的な開示を法的に遵守するために必要な範囲のみとします。

11.5 差止命令による救済

両当事者は、本第11条の実際の違反または違反の恐れに対し、コモンロー上、適切な救済が存在しない場合があること、また本第11条の定めの実際の違反または違反の恐れが生じた場合、違反していない当事者が、自らに適用される他の権利または救済を放棄することなく、即時差止命令による救済およびその他のエクイティ上の救済を求める権利を有することを明示的に認め、これに合意します。各当事者は、本第11条に定める秘密保持義務の違反を知り得た場合は、他方当事者に書面にて速やかに通知するものとします。

12. 表明および保証、保証否認

12.1 表明および保証

12.1.1 記録および通信の監視

お客様が、本サービスを用いた電話の内容、SMSメッセージまたはその他の通信を記録または監視する場合、お客様は、これを行う前に常にすべての適用法を遵守することを表明および保証します。当社は、電話の内容、SMSメッセージまたはその他の通信の記録または監視に関して表明または保証を行いません。また、お客様が常に、本サービスを利用した通信の記録または監視につき、事前に同意を得ることを推奨いたします。お客様は、当社が、本サービスの一部である記録および監視機能へのアクセスをお客様に付与するために、この表明、保証および義務が必要不可欠であることを認めます。お客様はさらに、第13条(補償)の条件に従い、電話の内容、SMSメッセージまたはその他の通信の記録または監視に関するお客様の作為または不作為に起因または関連する請求につき、当社および当社の関係会社を補償することに同意します。このことは、当該請求が契約上、不法行為、法令その他の法的理論に基づき生じるかを問いません。

12.1.2 顧客データ

お客様は、第4条(当社による顧客データの使用)に基づく使用および開示の目的で当社に顧客データを提供するため、適切な通知を行ったこと、また必要な許可および同意を得たことを表明および保証します。

12.1.3 サービス

当社は、本サービスが適用されるドキュメントに従い機能すること、またそこに含まれる仕様に実質的に合致することを表明および保証します。Twilioがこの第12.1.3条の規定に違反した場合のTwilioの唯一の義務、およびお客様の唯一かつ排他的な救済は、Twilioの判断により、影響を受けた本サービスを再度履行すること、またはお客様が影響を受けた本サービスに関して実際に支払った料金を返金することとします。

12.2 保証否認

本契約に基づく当社の明示的な保証および義務を制限することなく、当社は本契約により、明示的または黙示的なその他の一切の保証を否認します。当該保証には、商品性、非侵害性および特定目的の適合性の保証ならびに第三者の設備、資材、サービスまたはソフトウェアに関する保証が含まれますが、これらに限定されません。この第12条に定める当社の明示的な保証およびTwilio SLAおよびサポート規約に定める当社の義務を除き、本サービスは、法により許可される最大限の範囲で「無保証(as is)」で提供されます。当該保証否認が適用法に反する範囲で、適用される保証の範囲および期間は、当該法に基づき最低限許可される範囲となります。Twilioは、Twilioに送付された機微のデータ(以下に定義されます)につきお客様を補償する責任を負わず、またその義務を負いません。

「機微のデータ」とは、以下を意味します。(a) 社会保障番号、パスポート番号、運転免許証番号もしくは類似のID(もしくはその一部)、(b) クレジットカードもしくはデビットカードの番号(クジレットカードもしくはデビットカードの一部(下4桁)を除きます)、財務情報、銀行口座番号もしくはパスワード、(c) 雇用、財務、遺伝、生体認証もしくは健康情報、(d) 人種、民族、支持政党、信仰宗教、労働組合の加入の有無、性生活もしくは性的指向に関する情報、(e) アカウントのパスワード、母親の旧姓もしくは生年月日、(f) 犯罪歴、または (g) GDPRもしくはプライバシーやデータ保護に関するその他の適用法に基づく「特別な種類のデータ」の定義に該当するその他の情報もしくはその組み合わせ。

12.3 ベータサービス

随時、お客様は、Twilioが提供するアルファ、ベータ、非GA、制限付きリリース、開発者のプレビュー、または同様に指定されるサービス、製品特徴、および文書(「ベータサービス」)を使用する場合、当社と共にあるプログラムに参加するオプションを有する場合があります。Twilioは、いつでも自らの裁量でベータサービスを中止し、ベータサービスを一般公開しないことを決定する場合があります。このベータサービスは、一般公開されておらず、バグ、エラー、欠陥または有害なコンポーネントが含まれる場合があります。よって、Twilioは、ベータサービスをお客様に対し「無保証」で提供しています。Twilioは、ベータサービスに関して、明示的、黙示的、法令上その他を問わず、いかなる種類の保証も行いません。当該保証には、商品性、特定目的の適合性または非侵害性に関する黙示保証が含まれます。本規約の反対の趣旨の定めまたは別途記載されている公開文書にかかわらず、Twilioは、ベータサービスがエラーフリーであること、所定のレベルに達すること、または妨害もしくは中断なく稼働することを保証しません。Twilioは、ベータサービスに起因または関連する害または損害につき、いかなる責任も負わないものとします。

13. 補償

13.1 Twilioによる補償

当社は、第三者によりお客様に提起されるもしくはその恐れのある一切の請求、要求、コモンロー上もしくはエクイティ上の訴訟、開示要請(第三者の令状、政府の調査もしくは執行措置を含みますが、これらに限定されません)(以下、総称して「請求」といいます)、ならびに上記に関する損害、責任、損失、和解、判決、費用および経費(合理的な弁護士料金および費用を含みますが、これらに限定されません)(以下、総称して「損失」といいます)のうち、本契約に基づき許可される本サービスの提供が第三者の著作権、営業秘密または特許を侵害または悪用しているとの主張に基づくもの(以下、「侵害請求」といいます)につき、お客様を防御、補償および免責します。

13.2 侵害に関するオプション

お客様による本サービスの利用が、侵害請求の対象となった、またはTwilioの意見で侵害請求の対象となる可能性がある場合、Twilioは、自らの選択および費用負担で、以下の対応を行うことができるものとします。(a) お客様のために、本契約に定める通り引き続き本サービスを利用する権利を取得する、(b) 本サービスを侵害しなくなるよう修正する、または (c) 上記オプションが合理的に実行不可能である場合は、本規約を解除し、未使用の前払料金をお客様に返金すること。

本第13.2条は、本契約に基づき許可されるとおり本サービスを利用したことで、第三者の著作権、営業秘密、商標または特許が侵害または悪用されている旨を主張する場合において、当該第三者による請求に対しお客様が有する排他的な救済を定めています。

13.3 制限

Twilioは、以下につき責任または義務を負いません。(a) お客様が本規約に違反して本サービスを利用したことに起因する請求およびこれに関する損失、または (b) 本サービスと他のアプリケーション、アプリケーションの一部、製品もしくはサービスの組み合わせ、操作もしくは利用に起因する侵害請求およびこれに関する損失であって、本サービスがそれ自体、変更を加えられることがなければ侵害することはなかったもの。

13.4 お客様による補償

お客様は、以下の(a)から(c)を主張するまたはそれらに起因して、第三者がTwilio、その役員、取締役、従業員、代理人、株主および関係会社(「Twilio被補償当事者」)に対して提起するか、その恐れのあるすべての請求、およびこれに関する損失につき、Twilio被補償当事者を防御、補償および免責します。(a) お客様もしくはお客様のエンドユーザーによる本規約の違反または本規約に基づく活動、(b) お客様もしくはお客様のエンドユーザーによる本サービスの利用、または (c) 各顧客アプリケーションの提供に関するお客様の作為もしくは不作為(各顧客アプリケーションに関する知的財産の本請求を含みますが、これらに限定されません)。

13.5 補償条件

上記補償義務の条件は、以下のとおりとします。(a) 補償を受ける当事者(「被補償当事者」)は、補償する当事者(「補償当事者」)に対し請求について速やかに通知します。当該通知を付与しなかった場合でも、補償当事者は、本契約に基づく自らの義務を免除されないものとしますが、補償当事者が当該通知を行わないことにより実際にかつ著しく不利を被った場合はこの限りではありません。(b) 補償当事者は、当該請求につき、抗弁または和解する唯一かつ排他的な権限を有します(ただし、補償当事者は、被補償当事者により求められる作為もしくは不作為に関して被補償当事者の同意を取得することを条件とします。なお当該同意は、不当に保留してはなりません)。(c) 被補償当事者は、本契約に基づく補償当事者の活動に関して、補償当事者の費用負担で補償当事者に合理的に協力します。被補償当事者は、自らの費用負担で、請求の抗弁に参加する権利を留保します。補償当事者は、請求に関して、請求の通知(これはこの第13.5条の規定に従い提供されるものとします)後にすべての損失を支払います。本規約の別段の趣旨の定めにかかわらず、補償当事者は、自らが第13条に基づき補償する義務を有している請求において、被補償当事者に代わり責任若しくは過失を認める和解を行わず、また被補償当事者の書面による事前の同意を得ることなく、被補償当事者に代わりいかなる義務も生じさせないものとします。

14. 責任の制限、救急サービス

14.1 間接的損害

いかなる場合も、いかなる法理論(不法行為、債務不履行その他)によるかを問わず、いずれの当事者も、種類を問わない間接的損害、特別損害、付随的損害、派生的損害または懲罰的損害の賠償(暖簾の喪失、逸失利益、売上もしくは事業機会の喪失、業務停止、コンピュータの不具合もしくは故障、データの喪失、またはその他一切の損害もしくは損失に対する賠償を含みますが、これらに限定されません)につき、他方当事者に対して責任を負いません。このことは、一方当事者が、当該損害の可能性につき、通知を受け、知らされているか、または知っていたはずである場合も同様とします。本第14.1条は、(A) お客様による第5条(制約および要件)または第11.3条(標章の使用)の違反に起因するお客様の責任、または (B) 本規約に基づく一方当事者の補償義務を制限するものではありません。

14.2 直接損害

いかなる場合も、いかなる法理論(不法行為、契約その他)によるかを問わず、いずれの当事者も、インシデントまたは請求に先立つ12カ月間にお客様が支払ったまたは支払うべき金額を超える直接的な損害、費用または債務につき、他方当事者に対して責任を負わないものとします。本第14.2条は、(A) お客様による第5条(制約および要件)、第10条(料金、支払条件および税金)、もしくは第11.3条(標章の使用)の違反に起因するお客様の責任、または (B) 本規約に基づく一方当事者の補償義務を制限するものではありません。

本第14条の定めは、本規約に基づくリスクを両当事者間で割り当てるものであり、両当事者は、本規約を締結するか否かを決定する際に、本条に定める制限事項に依拠しました。

14.3 救急サービスに関する保証否認

本サービスは、救急サービスへの救急コールまたはSMSメッセージをサポートまたは実施することを意図したものではありません。Twilioまたはその代表者はいずれも、コモンロー上またはエクイティ上の理論に基づき、本サービスを利用して救急サービスに連絡することができないことに起因または関連するいかなる請求、損害または損失についても責任を負いません(またお客様は、当該一切の請求につきTwilioを免責します)。

15. 期間、解除、停止

15.1 期間

本期間(随時更新される場合があります)は、お客様により承認された日に開始し、下記第15.2条(解除および停止)に従い解除されるまで存続します(「本期間」)。

15.2 解除および停止

いずれの当事者も、他方当事者に対して30日間の書面通知をすることで、理由を問わず、契約を解除し、お客様のTwilioアカウントを閉鎖することができます。上記の文にかかわらず、有効な注文書が存在する場合、契約は、当該注文書が満了するまたは解除されるまで終了しません。お客様が本規約の重大な違反を犯した場合で、Twilioが当該違反の書面通知をお客様に行った後5日以内に当該違反を是正しないときは、Twilioは、自らのみの裁量で、契約を解除し、お客様のTwilioアカウントを閉鎖することができます。当社が本規約に著しく違反した場合で、当該違反について当社に書面通知がなされた後5日以内に当該違反を是正しないときは、お客様はさらに、本規約を解除することができます。

第10.3条(支払不履行による停止)に定めるとおり料金の支払不履行による本サービスの停止に加えて、以下の場合、当社はさらに、正当な理由で通知をもって直ちに本サービスを停止することができます。(a) お客様が当社の利用規約もしくはEメールポリシーに違反した場合(もしくはお客様が違反したと確信する理由が当社に生じた場合)、(b) お客様による本サービスの利用により生じたトラフィックもしくはお客様による本サービスの利用が不正であるか、本サービスの操作能力に悪影響を及ぼしていると確信する理由がある場合、(c) 当社が、自らのみの裁量で、本サービスの提供が適用法により禁止されると判断した場合、もしくは法規制上の理由で本サービスを提供することが実施もしくは実行不可能となった場合、または (d) 適用法に従い、お客様が清算し、解散手続を開始し、自らの資産を処分するか、支配権の変更があった場合、事業を継続しない場合、債権者のために譲渡を行う場合、またはお客様が破産もしくは類似の手続の対象となった場合。当社は、商業上合理的な努力をもって、(x) 本条項に記載の停止権の行使につながる可能性のある状況について知り得た場合は、可能な限り事前の通知を行い、(y) お客様と協力して、本条項に定める停止権の行使につながる可能性のある状況を(是正可能である場合は)是正し、(z) 停止につながる状況に鑑みて、可能な限り停止を(例えば、特定の電話番号、サブアカウントまたはその他のトラフィックのサブセットなどに)制限します。

16. 存続条項

お客様の支払義務、本第16条、および以下の条項の条件は、本契約の終了後も存続します(すなわち、引き続き適用されます)。第4条(顧客データ)、第10条(料金、支払条件および税金)、第11条(所有権および秘密保持)、第13条(補償)、第14条(責任の制限、救急サービス)、第17条(総則)、および第18条(仲裁に対する合意)

17. 総則

17.1 法令遵守

お客様およびTwilioは、本規約に基づく各自の活動に関して、適用法を遵守するものとします。

17.2 権利不放棄

当社がいずれかの時点で本規約、当社の利用規約またはEメールポリシーのいずれかの条項を執行しない場合でも、後にこれらを執行する当社の権利を放棄したことにはなりません。また当社が本規約、当社の利用規約またはEメールポリシーのいずれかの条項に対し明示的に権利を放棄した場合でも、将来のすべての時点においてこれらが放棄されることにはなりません。権利放棄は、法的に拘束力を有するためには、お客様と当社が署名した書面によらなければなりません。

17.3 譲渡

お客様は、当社の書面による事前の同意を得ずに、本規約の全部または一部を譲渡またはその他移転しないものとします。お客様が本規約の譲渡、委譲または移転を試みた場合、無効となります。Twilioは、同意を得ることなく、本規約の全部または一部を譲渡することができます。本第17.3条に従い、本規約は、お客様とTwilioの両方およびそれぞれの承継人および譲受人を拘束します。

17.4 関係

お客様とTwilioは、本規約の各部分の履行において、独立した契約者です。本規約のいかなる定めも、雇用関係、パートナーシップ、代理関係、合弁事業関係またはフランチャイズの関係を構築することは意図されておらず、またはそのように構築するものと解釈されないものとします。お客様およびTwilioは、各自のすべての従業員および代理人、ならびに各自の従業員および代理人に関して生じる労働費および経費につき単独で責任を負います。お客様およびTwilioはさらに、本規約の履行において、各自の活動、または各自の従業員もしくは代理人の活動を理由に生じることのあるあらゆる種類の一切の請求、債務、損害もしくは負債につき単独で責任を負うものとします。お客様またはTwilioはいずれも、いかなる形であれ他方当事者に約束する権限を有さず、これを行うよう試みず、または自らが上記を行う権利を有すると黙示しないものとします。

17.5 執行不可能性

第18条(仲裁に対する合意)で説明する場合を除き、本規約のいずれかの条項が、管轄権を有する裁判所またはその他の裁定機関により執行不可能であると判示された場合、当該条項は、これを執行可能とするために必要な最小限の範囲で制限または削除されるものとし、いかなる場合も、本規約の残余部分は、引き続き完全に有効に存続します。

17.6 通知

本規約に基づきなすよう求められるまたは許可される通知は、受領当事者に対し、手渡し、配達証明付き内容証明郵便、全国的に評判の良い運送業者による翌日配達の宅配便または受信確認機能付きのEメールにより、書面にて行うものとします。Twilio宛の通知は、その写しを以下宛に送付します。legalnotices@twilio.com、宛名:General Counsel

17.7 完全なる合意

本規約および本規約の添付書類に定める場合を除き、本規約は、口頭によるか書面によるかを問わず、従前および同時期のすべての提案、記述、販売資料またはプレゼンテーションおよび契約に優先します。Twilio、その代理人または従業員が付与する口頭または書面による情報または助言は、保証を生じさせるものではなく、またいかなる形であれ、本規約に定める保証の範囲を拡大するものでもありません。お客様が提供する購入注文書類または類似の書類は、お客様の社内業務手続の証拠としてのみ解釈されるものとし、それらに定める条件は、お客様とTwilioの間の本規約に関して無効であり、効力を有しないものとし、またお客様が本規約に同意した日より後にTwilioが署名した場合でも、Twilioに対して拘束力を有しないものとします。

17.8 不可抗力

一方当事者側にいずれかの義務の懈怠、遅滞または不履行があっても、以下の事由に起因する範囲においては本規約の不履行または違反とはみなされないものとします。当該懈怠、履行遅滞または不履行が、当該当事者の過失なく、その支配を超える現存するまたは将来の事由(政府、民間もしくは軍当局の作為もしくは不作為、火災、ストライキ、ロックアウトもしくはその他の労働争議、洪水、テロ行為、戦争、暴動、盗難、地震およびその他の自然災害を含みます)。当該事由により影響を受けた当事者は、当該事由の影響を最小限に抑えるため、合理的なあらゆる措置を取るものとします。

17.9 政府に関する条件

当社は、本規約に従ってのみ、連邦政府の究極の最終利用のために、本サービス(関連するソフトウェアおよび技術を含みます)を提供します。お客様(またはお客様のいずれかのエンドユーザー)がいずれかの政府の機関、部門もしくはその他の事業体である場合、本サービスまたはいかなる関連文書(技術データ、ソフトウェアおよびマニュアルを含みます)の使用、複写、複製、リリース、修正、開示または移転は、本規約により禁止されます。その他のすべての利用は禁止され、本規約に定める権利を除くいかなる権利も付与されません。本サービスは、完全に個人の費用負担で開発されたものです。

17.10 準拠法および裁判地

第18条(仲裁に対する合意)の執行可能性および解釈は、連邦仲裁法(その手続規定を含みます)により決定されます。 第18条を除き、本規約は、カリフォルニア州法を準拠法とし、同法に従い解釈されますが、抵触法および他の管轄区の法が適用される原則は考慮に入れないものとします。本規約は、国際物品売買契約に関する国連条約の適用を受けません。第18条(仲裁に対する合意)に定める場合を除き、本規約または本サービスに起因または関連するコモンロー上の訴訟、エクイティ上の訴訟または手続は、カリフォルニア州サンフランシスコの州裁判所または連邦裁判所のいずれかで開始されるものとし、両当事者はそれぞれ、当該裁判所の人的管轄権に服します。

18. 仲裁に対する合意

正式な訴訟を提起する前に、最初に当社のカスタマーサポートに連絡を試みてください。大半の紛争は、この方法で解決することができます。

18.1 両当事者は、仲裁に合意します。

当社のカスタマーサポートチームを通じて紛争を解決することができない場合、お客様またはお客様の関連会社を一方当事者とし、TwilioとTwilioの関係会社を他方当事者として、全当事者は、本規約または本サービスに関する紛争を、カリフォルニア州サンフランシスコにおいてまたは両当事者が合意する他の場所において、拘束力を有する仲裁により解決することに合意します。

このことは、法理論を問わずすべての請求に適用されます。ただし、当該請求が第18.2条(仲裁に対する合意の例外)に定める下記のいずれかの例外に該当する場合はこの限りではありません。これは、お客様がお客様のTwilioアカウントの使用を中止した後またはこれを閉鎖した後も適用されます。両当事者において、この仲裁に対する合意が執行可能であるか、または当社の紛争に適用されるか否かについて紛争が生じた場合、両当事者は、仲裁人がこの点についても決定することに合意します。

本第18条(仲裁に対する合意)に基づき、お客様およびその関係会社とTwilioおよびその関係会社は、本規約または本サービスに起因または関連する意見の相違または請求を判事および/または陪審員により解決させる権利を放棄することを了解します。

18.2 仲裁に対する合意の例外

お客様およびお客様の関係会社を一方当事者とし、Twilioおよびその関係会社を他方当事者として、全ての当事者は、以下に関する紛争解決を裁判所に付託することに合意するものとします。

  1. a. お客様、お客様の関係会社、TwilioまたはTwilioの関係会社の知的財産(商標、トレードドレス、ドメイン名、営業秘密、著作権または特許など)
  2. b. お客様による当社の利用規約またはEメールポリシーの違反

さらに、いずれの当事者も、カリフォルニア州サンフランシスコ、お客様が居住する国、または両当事者が合意するその他の場所において、少額裁判所において請求を提起することができます。ただし、当該裁判所に提起する資格を有する場合とします。

さらに、いずれかの当事者が、仲裁に付託すべき請求を裁判所に提起した場合、またはいずれかの当事者が仲裁に付託すべき請求につき仲裁を拒否した場合、他方当事者は、裁判所に対し、当該請求の解決を仲裁に付託することを命じるよう求めることができます(すなわち、仲裁の強行)。いずれの当事者も、裁判所に対し、仲裁手続が継続中に、裁判所手続を停止するよう求めることもできます。

18.3 仲裁手続の詳細

仲裁を申請する前に、両当事者は共同で、米国仲裁協会(AAA)により実施される調停により、両当事者間で紛争を解決するよう試みることに合意します。調停人の料金および経費はすべて、両当事者が均等に負担します。調停により解決に至らなかった場合、いずれの当事者も、AAAにおいて仲裁手続を開始することができます。AAAの規則および手続は、AAAのウェブサイト(http://www.adr.org)で確認することができ、また1-800-778-7879に電話をかけて問い合わせることもできます。

仲裁は、その時点のAAAの商事仲裁規則(「仲裁規則」)に準拠し、仲裁規則に従い指名される1名の仲裁人により行われます。本第18条に記載の事項が仲裁規則に反する範囲で、本第18条の文言が適用されます。

各当事者は、他方当事者が所有または管理している秘匿特権のない関連文書の写しを入手し、合理的な数の宣誓供述を取る権利を有します。当該ディスカバリーはすべて、仲裁人により承認された手続に従います。本第18条は、いかなる形であれ、一方当事者が主張する請求または反対請求に適用される出訴期限を変更するものではありません。

仲裁人の裁定は、認められた証拠ならびにカリフォルニア州および米国の実体法(該当する方)に基づくものとし、各争点および反対請求に対する裁定を含めるものとします。裁定には、書面にて、当該裁定の事実認定および法的根拠を記載するものとします。仲裁人は、本規約を変更する権利を有しないものとします。

連邦仲裁法に規定する場合を除き、仲裁裁定は、最終的なものであり、両当事者を拘束します。管轄権を有するいかなる裁判所にも判決を登録することができます。

18.4 集団訴訟に対する権利放棄

お客様およびその関係会社を一方当事者とし、Twilioおよびその関係会社を他方当事者として、両当事者は、双方の間の請求または意見の相違は個別にのみ相互に提起しなければならないことに合意します。つまり、お客様およびその関係会社を一方当事者とし、Twilioおよびその関係会社を他方当事者として、両当事者はいずれも、集団訴訟、併合訴訟または代表訴訟において原告としてまたはクラスメンバーとして請求を提起することはできないということです。仲裁人は、複数の人または事業体の請求を1つの事件に併合することはできず、また併合手続、集団手続または代表手続に対して統括することはできません(ただし両当事者が別途合意する場合はこの限りではありません)。単一の人または事業体の事件における仲裁人の決定または裁定は、他のTwilioの顧客ではなく、当該請求を提起した人または事業体に対してのみ影響を及ぼすものであり、他の顧客との他の紛争を解決するために使用することはできません。

裁判所が本第18.4条(集団訴訟に対する権利放棄)が執行不可能または無効であると判断した場合、第18条(仲裁に対する合意)全体が無効になります(すなわち、効力を失います)。ただし、本規約の残余部分は引き続き適用されます。

19. 楽しみ

お客様は、アプリケーションの開発は楽しく簡単でなければならないことを了解し、認めます。また、本サービスを利用することで、お客様は、想像力を自由に働かせることに同意します。

DMCAエージェント

お客様が、著作権に関する問題について当社の指定されたエージェントに連絡を取ることを希望する場合、当社宛にご連絡ください。

Twilio Inc.
宛名:Twilio Designated DMCA Agent
375 Beale Street, Suite 300
San Francisco, CA 94105
+1 877-889-4546
legalnotices@twilio.com

SendGrid, Inc.
宛名:Copyright Infringement Agent
1801 California Street, Suite 500
Denver, Colorado 80202, USA

欧州経済地域(EEA)、スイスまたは英国から入手した個人データを処理するためにTwilioを利用するお客様

EUデータ保護補遺契約: TwilioがEEA、スイスまたは英国から入手した個人データをお客様に代わり処理する場合で、お客様が一般データ保護規則(GDPR)により求められるとおりTwilioとの間でデータ保護補遺契約(DPA)を締結することを希望するときは、お客様は、ここから要求書を提出することでこれを行うことができます。お客様の要求書の受領をもって、当社は、締結用のGDPR DPAをお客様に送付します。

Twilio Inc.による一般データ保護規則(GDPR)の遵守に関する詳細については、ここをクリックしてください。

SendGrid, Inc.によるGDPRの遵守に関する詳細については、ここをクリックしてください。

欧州連合に居住するお客様のみ

A. お客様とTwilioの間で合意される本サービスの主要な特徴については、本期間中、引き続きお客様の利用に供されます。

B. ドイツに居住するお客様について、保証に関して以下の定めが適用されるものとします。

  1. ⅰ. Twilioは、お客様が本規約に合意した日から12カ月間、本サービスが実質的に、お客様とTwilioの間で合意される仕様に適合することを保証します。
  2. ⅱ. その他の一切の保証は排除されます。

C. 上記第10.4条(料金に関する紛争)にかかわらず、お客様は、請求日から合理的な期間を与えられ、その間に当該請求について異議を申し立てることができます。

D. 以下の定めは、責任の制限に関して適用されるものとします。

  1. ⅰ. 両当事者は、故意および重過失、ならびに生命、身体または健康に対する害に起因する損害についてのみ全責任を負います。
  2. ⅱ. 軽過失の場合、両当事者は、著しい契約上の義務(基本的な義務)の違反に対してのみ責任を負うものとします。本条項の意味において「基本的な義務」とは、義務のうち、その充足が契約の履行の前提となるもので、他方当事者がその義務の充足に全般的に依拠する可能性があるものを意味します。
  3. ⅲ. 上記のいずれかの場合において、両当事者は、商業上の不成功、逸失利益および間接的損害につき責任を負わないものとします。
  4. ⅳ. 上記条項に従った責任は、予測可能な一般的な損害に制限されるものとします。
  5. ⅴ. 本規約に別途記載されている場合を除き、両当事者は、損失もしくは損害または費用、経費もしくはその他の請求(利益、事業、収入、暖簾もしくは予想される節減の喪失、データもしくは情報の喪失、および/または特別もしくは間接的な損失もしくは派生的な損失、または別途本規約に起因もしくは関連して生じる損失を含みますが、これらに限定されません)につき責任を負わないものとします。

E. Twilioは、本規約を随時修正または変更することができます。この場合、本規約の修正版または変更版は、すべての旧版に優先します。Twilioは、当該修正または変更の発効日より30日前までにEメールでお客様に通知し、意図された修正または変更についてお客様にお知らせします。お客様が上記通知から30日以内に修正または変更に異議を申し立てない場合、Twilioは、当該異議申立がなかったことに依拠して、お客様が当該修正または変更に同意したものとみなすことができます。Twilioは、上記通知において異議申立の権利に関する情報および異議申立が行われなかった結果に関する情報をお客様にお知らせします。