コンテンツの移行

 
マーケティングキャンペーン機能では簡単にメールを作れるようにするため、レスポンシブなメールテンプレートを予めいくつかご用意しています。もし、旧マーケティングメール機能(Legacy Newsletter)で使用していたデザインが既にあり、それをマーケティングキャンペーン機能でも再利用したいという場合は、以下の手順で移行してください。

まずは、Legacy Newsletterにアクセスしてください。

上部メニューの Marketing Email から Manage をクリックします。

以降、”Use my own HTML code(HTMLコードを直接記述する方法)” で作成されたコンテンツの移行手順について説明した後、”Drag & Drop Wizard” や “Basic Templates” で作成されたコンテンツの移行方法について説明します。

Use my own HTML code で作成されたコンテンツの移行

移行するメールの上にマウスポインタを移動させ、Edit をクリックします。

すると、デザイン画面(メール本文を編集する時の画面)が表示されると思います。

まずは、移行が必要な画像をローカルにダウンロードします。 すべてのコンテンツを正常に移行するため、以下の手順で、画像を手動で移行するところから始めてください。

旧マーケティングメール機能(Legacy Newsletter)の Image Library のうち、マーケティングキャンペーンに移行する必要のある画像を右クリックし、「名前をつけて画像を保存」でローカルに保存します。

次に、そのメールのすべてのHTMLコードを選択し、クリップボードかお手持ちのテキストエディタにコピーします。

Marketing CampaignsTemplates をクリックしてください。

Create New Template をクリックし、テンプレート名を入力します。

旧マーケティングメール機能(Legacy Newsletter)からダウンロードした画像を、マーケティングキャンペーンの Image Library にアップロードしてください。

Image Library を開くには、マーケティングキャンペーンのメール作成画面のツールバーに表示されている、小さな画像アイコンをクリックします。

Image Library の、大きな緑色のプラスマークのボタンをクリックし、ローカルに保存した画像をアップロードしてください。このとき、アップロードした画像のURLを手元にメモしておいてください。

全ての画像のアップロードが終わったら、左上の CODE ボタンをクリックして、Code Editorに切り替えます。表示されているサンプルコードを削除し、旧マーケティングメール機能(Legacy Newsletter)のメールからコピーしてきたHTMLコードをペーストし、画像のURLを先ほどアップロードした画像のURLで置き換えてください。

コピーしたHTMLコードをマーケティングキャンペーンのCode Editorにペーストしたら、Design Editorには切り替えないでください。フォーマットが崩れる可能性があります。
編集や調整は、必ずCode Editor内で行ってください。

次に、マーケティングキャンペーンに合わせてタグを編集していきます。以下の対比表を参考にしてください。

Legacy Newsletter タグ Marketing Campaigns タグ
[%from_name%] [Sender_Name]
[%address%] [Sender_Address]
[%city%] [Sender_City]
[%state%] [Sender_State]
[%zip%] [Sender_Zip]
[weblink] [Weblink]
[unsubscribe] [Unsubscribe]
[Unsubscribe_Preferences] *

* [Unsubscribe_Preferences] タグについては、マーケティングキャンペーンでのみ使用可能なタグで、どういったメールを受け取るかを受信者自らが設定できるようにするためのものです。このタグについて詳しくは、Manage Email Preferences Linksをご確認ください。 その他のタグについては、Unsubscribe, Sender ID, and Weblink System Tagsで詳しくご紹介しています。

全てのタグを置換し終えたら、デスクトップ表示、モバイル表示、テキストメール表示が、それぞれ意図通りになっているか、エディタの上部にあるプレビューボタンをクリックして確認しましょう。

最後に、Save をクリックします。 これで、このテンプレートが使用できるようになりました。 新しくキャンペーンメールを作成する際に表示されるテンプレートの一覧の中に、このテンプレートも追加されているはずです。

Basic Templates や Drag & Drop Wizard で作成されたコンテンツの移行

旧マーケティングメール機能(Legacy Newsletter)の Basic Templates や Drag & Drop Wizard で作成されたコンテンツの移行については、選択肢が3つあります。

  1. 新しく作り直す
    マーケティングキャンペーンの新しいDrag & Dropエディタを使い、一から作り直す。
  2. Quick and Dirty な方法
    旧マーケティングメール機能(Legacy Newsletter)で作成したメールを自分自身に送り、そのソースコードをコピーして、マーケティングキャンペーンにペーストする。
  3. テクニカルな方法
    旧マーケティングメール機能(Legacy Newsletter)とマーケティングキャンペーンのAPIを活用し、Legacy Newsletterから抽出したコンテンツをマーケティングキャンペーンに投入する。

新しく作り直す

移行にあわせてコンテンツもリフレッシュしたい場合は、この方法(マーケティングキャンペーンのDrag & Dropエディタでコンテンツを一から作り直す方法)を選択される方もいらっしゃるかもしれません。

キャンペーンを新しく作成してキャンペーン名を入力したら、”DRAG AND DROP EDITOR” を On にします。 Onにすると Build というタブが表示され、そこで各種モジュールを選択することができます。これを使って綺麗で魅力的なメールを作成してください。 Drag & Dropエディタの使い方については、こちらをご確認ください。

Quick and Dirty な方法

Legacy Newsletter にアクセスし、Marketing Email > Manage をクリックしてください。 移行対象のメールを探し、その上にマウスポインタを移動させ、Edit をクリックします。

Basic Templates や Drag & Drop Wizard で作成されたメールの場合、画面上ですぐにそのソースコードを確認するということができません。 コードを確認するために、まずはそのメールをご自身にテスト送信する必要があります。

Send a Test をクリックし、ご自身のメールアドレスを入力してください。

送信したテストメールが自身のメールボックスに届いたら、そのメールを開き、ソースコードを確認してください。

例えばGmailを使用している場合は、返信ボタンの横の「▼」マークから メッセージのソースを表示 をクリックし、<HTML> タグの中を全て選択してコピーしてください。 そして、コピーしたコードをマーケティングキャンペーンにペーストします。詳しい手順は、この記事の前半で説明した通りです。

なお、受信ボックスに届いた時点で、そのメールは Quoted-Printable でエンコードされているかと思います。 この場合、マーケティングキャンペーンにペーストする前に必ずデコードしてください。

デコードの方法は簡単です。

メールの タグの中身を全てコピーしたら、Encode Maniaxの最上部のテキストボックスにペーストし、エンコード/デコード をクリックします。 デコード結果の「Quoted Printable」の内容をコピーし、マーケティングキャンペーンに貼り付けてください。

この場合も、

  • マーケティングキャンペーンの Image Library に画像を再アップロード
  • 旧マーケティングメール機能(Legacy Newsletter)用のタグを、マーケティングキャンペーン用のタグに更新

については実施が必要です。

テクニカルな方法

3つ目は少し技術的な方法になりますが、Postmanというアプリケーションを使って、SendGridの Legacy Newsletter APIMarketing Campaigns API を呼び出し、API経由で旧マーケティングメール機能(Legacy Newsletter)からコンテンツを抽出し、マーケティングキャンペーンに投入します。