宛先リストの移行

旧マーケティングメール機能(Legacy Newsletter)で宛先リストをエクスポート

旧マーケティングメール機能(Legacy Newsletter)では、マーケティングメールを送る宛先のことをrecipientsと呼びますが、マーケティングキャンペーン機能ではcontactsと呼びます。

旧マーケティングメール機能(Legacy Newsletter)の宛先リストをマーケティングキャンペーン機能へ自動的に移行することはできません。ただし、手動の移行手順はとてもシンプルです。

SendGridのダッシュボード画面にあるMarketingメニューからLegacy Newsletterを選択してください。

旧マーケティングメール機能(Legacy Newsletter)の画面が開いたら、上部にあるRecipientsをクリックして、Manageを選択してください。すると、宛先リストの一覧が表示されます。

移行対象とする宛先リストの上にマウスカーソルを合わせるとメニューが表示されるので、その中にあるExportをクリックしてください。

有効なメールアドレスのみエクスポートするため、Usable Emails以外のすべてのチェックを外してください。(または、Email Address Typeのチェックを外してください。すると、すべてのチェックが自動で外れるので、最後にUsable Emailsをチェックします。)

旧マーケティングメール機能(Legacy Newsletter)からマーケティングキャンペーン機能へ宛先リストを移行しても、配信停止リストは自動的に移行されません。別の作業として、配信停止リストの移行を行う必要があります。

Exportボタンを押すと宛先リストのダウンロードが始まります。宛先リストのサイズが大きい場合、ダウンロードに少し時間がかかります。

マーケティングキャンペーン機能のリスト準備

旧マーケティングメール機能(Legacy Newsletter)の宛先リストを新しいマーケティングキャンペーン機能へスムーズにアップロードするためには、CSVファイルの1行目にあたるカラムヘッダのフォーマットを正しく設定する必要があります。

カラムヘッダはカスタムフィールドに該当するもので、セグメントやパーソナライズメールで活用できます。後でも触れますが、カスタムフィールドとして指定できるフォーマットは、テキスト(Text)、数値(Number)、日付(Date)です。

宛先データのアップロード後、マーケティングキャンペーン機能の画面からカスタムフィールドの追加・編集・削除が可能です。

まずはじめに、カラムヘッダの中でも特殊なフォーマットを持つ、3つの固定カスタムフィールドを紹介します。

Email (必須のカラム)

  • 宛先リストのメールアドレスに該当するカラムは”email”というヘッダカラムである必要があります。

First name (任意のカラム)

  • 姓名の名にあたるFirst nameは、First_Name, FName, First-Name, First Name,FirstName、いずれかの名前が付いたカラムである必要があります。

Last name (任意のカラム)

  • 姓名の姓にあたるLast nameは、Last_Name, LName, Last-Name, Last Name, LastName、いずれかの名前が付いたカラムである必要があります。

これらのフィールドでは大文字小文字を区別しません。

その他、すべてのフィールドはテキスト(Text)、数値(Number)、日付(Date)のいずれかのフォーマットでなければなりません。

テキストフィールドでは任意の文字列を利用可能です。ただし、必ずUTF-8で保存してください。

数値(Number)フィールドは整数または小数の数字のみ利用可能です。ダッシュ記号、スラッシュ、スペース、文字、その他、句読点などは含めることができません。この条件により、宛先リストから動的にセグメントを生成する際、より複雑な条件式(例えば、is greater thanを利用して「~より大きい値」など)を書けるようにしています。

日付(Date)フィールドは次のいずれかのフォーマットに一致している必要があります。

  • MM/DD/YYYY
  • MM/D/YYYY
  • M/D/YYYY
  • M/DD/YYYY

年(year)は4桁すべてが含まれる必要があります。

上記それぞれの条件を満たすことを確認したら、宛先リストをCSVファイル(.csv)で保存してください。

宛先リストの保存形式はExcelファイル(.xlsなど)ではなく、CSVファイル(.csv)としてください。また、文字コードはUTF-8で保存してください。

マーケティングキャンペーン機能のリストへアップロード

ここまでの手順で適切なフォーマットとなったCSVファイルをマーケティングキャンペーン機能へアップロードしていきます。旧マーケティングメール機能(Legacy Newsletter)画面の右上にあるアカウント名をクリックして、Account Overviewを選択してください。SendGridのダッシュボードに戻ります。

SendGridのダッシュボードからMarketingメニューのMaketing Campaigns配下にあるContactsをクリックしてください。

画面の右上に表示されるAdd List or SegmentからUpload CSVを選択してください。

移行先のリストを新しく作成することもできますし、マーケティングキャンペーン機能を既に利用している場合は既存のリストへ追加することも可能です。あるいは、単純に”All Contacts”へ全ての宛先を追加しても構いません。

CSVファイルをパネル表示された灰色のエリアにドラッグ&ドロップするか、”or select it from your computer”のリンクをクリックしてください。

モーダルのウィンドウが表示されたら、ヘッダのフィールド名とType(テキスト、数値、日付)を確認してください。名称や文字列(文字や数字)の項目はNew text fieldを選択し、整数や小数はNew number field、日付はNew date fieldを選択してください。

新しいフィールドの設定が終わったら、移行プロセスを完了するためにSaveを押してください。

新しい宛先の追加処理が終わり、利用可能な状態になると、SendGridから確認メールが届きます。

開発者の方で、旧マーケティングメール機能(Legacy Newsletter)からマーケティングキャンペーン機能へ宛先リストを移行するためにAPIを利用したい場合は、以下のAPIリファレンスを参照してください。