FAQ

料金

マイグレーション

宛先(Contacts)管理

セグメンテーション

統計情報

キャンペーン作成


料金

マーケティングキャンペーン機能の利用料金はどのように計算されますか?

旧マーケティングメール機能(Legacy Newsletter)では、通数に応じて利用料が発生しました。新しいマーケティングキャンペーン機能では、宛先(Contacts)の件数によって利用料が発生します。ただし、最初の2000件までは無料でご利用いただけます。

メールの送信数は、旧マーケティングメール機能と同様、APIやSMTPリレー等から送ったメール送信数と合わせてカウントされます。例えば、Goldプランをご利用いただいている場合、月に30万通までメールを送れますが、旧マーケティングメール機能や新しいマーケティングキャンペーン機能で10万通のメールを送信すると、基本使用料の範囲内でAPIやSMTPリレーから送れる残りの通数は20万通となります。利用料金の詳細はこちらを参照してください。

なぜマーケティングキャンペーン機能では宛先(Contacts)の件数で料金が発生するのですか?

メールの通数ベースの課金体系から宛先(Contacts)の件数ベースに変更となったのは、SendGridのベストプラクティスによる判断です。宛先の件数ベースにすることによって、宛先とのエンゲージメント結果に応じた、マーケティング戦略の変更を行いやすくなります。

エンゲージメントが低い宛先への送信頻度を下げる: 送信したメールを開かない宛先がある場合はリストから削除しましょう。こうした宛先へ継続的に送信を続けることは時間と費用の浪費となります。エンゲージメントが低い宛先は削除することで、費用を抑えつつ、到達率を高め、高いレピュテーションを維持しましょう。

エンゲージメントが高い宛先への送信頻度を上げる: エンゲージメントが高い宛先にはテスト的に送信頻度を上げてみましょう。マーケティングキャンペーン機能の利用料金は、メールの送信通数に関わらず、登録している宛先数に依存します。

マーケティングメール機能(Legacy Newsletter)と比べて、マーケティングキャンペーン機能にはどのような利点がありますか?

セグメンテーション: 顧客のデータやエンゲージメントの情報を利用することで、よりターゲットを絞った受信者に関連性の高いメールを送ることができます。

宛先(Contacts)管理: 名前や住所などの顧客データ、関連するリスト、最後に送ったキャンペーンがエンゲージした日付などを確認できます。

エンゲージメントの可視化: マーケティングキャンペーン機能では、どのキャンペーンを誰が開封、クリックしたか確認することができます。さらに、キャンペーンの中で、最も頻繁にクリックされたリンクを把握することもできます。

ユーザエクスペリエンス(UX,User Experience)の向上: マーケティングキャンペーン機能は使いやすさを重視して開発されました。SendGridのUI/UXチームでは各作業フローを細かく分析し、デザインを改善しました。今後もさらに最適化を目指していきます。

柔軟なキャンペーン作成手順: マーケティングキャンペーン機能では、決められた固定的な手順ではなく、どこからでも自由な手順でキャンペーンを作成できるようにしました。その結果、効率的にキャンペーンを作成できるようになりました。

受信者による購読管理: 送信するメールの種類(メルマガ、通知メールなど)ごとに異なるUnsubscribe Groupsを指定しておくことで、受信者は自分で簡単にメールを受け取るかどうか選択することができます。これにより、受信者の好みを尊重することができます。

統合: マーケティングキャンペーン機能は完全にSendGridへ統合されています。そのため、地域(Geographical)やデバイス(device)のような統計情報(Stats)まで含めて活用することができます。

継続的な機能拡張: SendGridはマーケティングキャンペーン機能の拡張に注力しています。既存機能の最適化だけではなく、新しく価値のある機能を継続的に提供していきます。

マイグレーション

マイグレーションする前にマーケティングキャンペーン機能でテスト送信できますか?

はい、マーケティングキャンペーン機能はいつでもお試しいただけます。宛先(Contacts)2000件まで無料で利用できます。また、マーケティングキャンペーン機能は旧マーケティングメール機能(Legacy Newsletter)と併用して両方同時にご利用いただくことも可能です。

SendGridは自動的にマーケティングキャンペーン機能へマイグレーションするのでしょうか?

いいえ。旧マーケティングメール機能(Legacy Newsletter)からマーケティングキャンペーン機能へのマイグレーションにおいて、自動ツールのようなものはありません。マイグレーションは手動で行っていただく必要がありますが、スムーズに実施するための情報をまとめておりますので、こちらをご参照ください。

マーケティングキャンペーン機能へのマイグレーションで必要なことは何ですか?

マイグレーションチェックリストを確認してください。

旧マーケティングメール機能(Legacy Newsletter)からマーケティングキャンペーン機能へどのように宛先データを移しますか?

こちらを参照してください。

旧マーケティングメール機能(Legacy Newsletter)からマーケティングキャンペーン機能へどのようにテンプレートを移しますか?

こちらを参照してください。

旧マーケティングメール機能(Legacy Newsletter)からマーケティングキャンペーン機能へどのように配信停止リストを移しますか?

こちらを参照してください。

宛先(Contacts)管理

マーケティングキャンペーン機能では宛先(Contacts)に関連してどのような情報を保持しますか?

マーケティングキャンペーン機能では、宛先(Contacts)について2種類のデータを持ちます。

カスタムフィールド: 年齢や地域、最終購入などのあらゆる情報を付与できます。カスタムフィールドのデータはCSVアップロードやContacts APIを利用して追加できます。現在、マーケティングキャンペーン機能では最大で60個の カスタムフィールドを作成できます。

エンゲージメント: マーケティングキャンペーン機能では、送信したメールからどのくらいの宛先とエンゲージしたかデータが取得できます。特定のキャンペーンまたはすべてのキャンペーンにおける開封率やクリック率を把握できます。

セグメンテーション

セグメンテーションとは何ですか?

セグメンテーションはマーケティングキャンペーン機能における強力なツールです。宛先に対して、より関連性が高くパーソナライズされたメールを送ることができます。

住所や性別などの顧客データに基づいたセグメントや、過去にメールを送った相手の中で(開封率やリンクのクリック率等の情報から)エンゲージメントが高いセグメントを作成することができます。

例えば「キャンペーンXを開封した東京の顧客」と「キャンペーンXを開封した大阪の顧客」にそれぞれ異なるメールを送ることができます。メールの受信者に対して、より高い価値を与えることで、エンゲージメントを高めることにつながります。

マーケティングキャンペーン機能のセグメント作成については、こちらを参照してください。

>セグメントと宛先リストの違いは何ですか?

宛先リストは単純に宛先(Contacts)が集まった静的なコレクションです。CSVを利用してアップロードしたり、手動での登録や、APIによる登録が可能です。特定のリストから、手動で宛先を追加したり、削除することもできます。

一方、セグメントはあなたが定義した基準にしたがって、宛先(Contacts)から作られる動的なコレクションです。基準には、性別や出身地などのデータ、あるいは過去に送信したメールのエンゲージメント情報などが利用できます。セグメントはすべての宛先(Contacts)から作成することもできますし、既に作成済のリストから作成することもできます。

宛先リストやセグメントについてはこちらを参照してください。

セグメントはどのように作成するのでしょうか?

セグメントを作成するには、まず最初に宛先(および宛先に関連するデータ)を登録する必要があります。宛先はCSVによるアップロード、または、手動で登録するかAPIを利用して行います。

宛先(Contacts)が登録されたら、画面からセグメントの条件を定義することができます。名前や性別などの登録したデータ、または過去に送信したメールのエンゲージメント情報を利用することができます。

セグメントの作成についてはこちらを参照してください。

統計情報

旧マーケティングメール機能(Legacy Newsletter)にある過去の統計情報(stats)はどうなりますか?

旧マーケティングメール機能(Legacy Newsletter)の過去のstats(統計情報)はそのまま利用できます。ただし、SendGridは新しいマーケティングキャンペーン機能にフォーカスしていくため、将来的には旧マーケティングメール機能が利用できなくなります。

注記:機能が非推奨となる12カ月前には情報を提示します

そのため、保存したいデータがあれば データをエクスポートすることを推奨します。

旧マーケティングメール機能(Legacy Newsletter)にはあった統計指標のいくつかが新しいマーケティングキャンペーン機能でなくなったのなぜですか?

新しいマーケティングキャンペーン機能では、旧マーケティングメール機能(Legacy Newsletter)と比べて、少し異なる統計情報の表示を行います。この違いについては 統計情報の比較ページを参照してください。マーケティングキャンペーン機能において、特別な統計情報が必要であれば、サポートまでご連絡ください。

旧マーケティングメール機能に比べて、新しいマーケティングキャンペーン機能ではより深い統計情報を提供しています。たとえば、キャンペーン内のどのリンクが最も頻繁にクリックされたか、また、特定キャンペーンの開封率やクリック率などがわかります。これらの情報を利用して、メール受信者とのエンゲージメントを最適化することができます。

マーケティングキャンペーン機能におけるエンゲージメントと統計情報については、こちらを参照してください。

キャンペーン作成

マーケティングキャンペーン機能では、キャンペーンの作成方法が何か異なるのでしょうか?

旧マーケティングメール機能(Legacy Newsletter)、新しいマーケティングキャンペーン機能ともに宛先やキャンペーンの作成、テスト実行、スケジュール送信、そして分析の機能を提供しています。そのすべてにおいて、新しいマーケティングキャンペーン機能では、より使いやすくなっており、例えば以下のような点に優れます。

  • 洗練された見た目と直観的なユーザインタフェース
  • カスタムフィールドなどにより、宛先の属性情報をより細かく管理可能に
  • ダイナミックなセグメント作成で、より的を絞ったキャンペーンを構築
  • 柔軟なキャンペーンビルダーによる自由な操作手順
  • 配信停止管理機能の向上
  • リンクのトラッキングなど、キャンペーンの効果を精度よく計測

その他にも様々な違いがあります。旧マーケティングメール機能(Legacy Newsletter)とマーケティングキャンペーン機能の比較を参照してください。