概要

Marketing Emails機能からマイグレーションを行う場合、こちらを参照してください。

現在のところ、キャンペーンは最大2500まで作成できます。

キャンペーンメールを送る準備ができたら、Campaigns(※ログインが必要)から”Create Campaign”をクリックします。 ここでは次の操作ができます。

  • メールテンプレートの選択
  • コンテンツ作成
  • メール送信

メールテンプレートの選択

キャンペーンは、Templatesから作成することもできます。

テンプレートは最初からいくつか用意されているので、その中から使用するものを選択します。 オリジナルのテンプレートを使いたい場合は、テンプレートを作成してください。

“Paste HTML”で指定したHTMLコードは、テンプレートとしては保存されません。 後で再利用したい場合は、別途テンプレートを作成してください。

“Paste HTML”タブをクリックすると、そのキャンペーン用のHTMLコードを貼り付けることができます。

コンテンツの作成と設定

このエディタは2分ごとに内容を自動保存するため、途中でブラウザを閉じても変更内容は保存されます。

テンプレートを選択すると、キャンペーンの編集ページが表示されます。

メールコンテンツを編集します。 ここで加えた変更はこのメールにのみ適用され、テンプレートの内容は変更されません。 そのため、同じテンプレートで複数のキャンペーンを作成しても安心です。
なお、自動保存中は、”Save” ボタンの表示が “Saving…” になります。

Campaign Name(キャンペーン名): キャンペーン一覧にも表示される名前です。 何も指定しない場合は “Untitled” というキャンペーン名になります。 キャンペーン名は、一意である必要はありません。

キャンペーンメールを送る前に、そのキャンペーンで使用するSenders(差出人情報)のVerifyが完了している必要があります。

From Sender(差出人): ここで選択した差出人情報が、メールの送信元として受信者に表示されます。

Email Subject(メールの件名): ここで指定した件名は、受信者の目に触れます。メールの件名にもSubstitution Tags(置換タグ)を使用できます。

Email Preheader(プリヘッダー): メールの簡潔な説明を書くことができ、受信者があなたからのメールをプレビューした時に件名の横に表示されます。 ここでは、テンプレートに変更を加えることなく、簡単に独自のプリヘッダーを設定することができます。

Lists/Segments to Send To(リスト/セグメント): メールの送信先の指定です。 リストもしくはセグメントを、1つ以上選択してください。 特定の宛先が複数のリストに含まれていても、その宛先が受信するメールは1通だけです。

配信がスケジュールされている場合、そのキャンペーンで指定されている差出人情報を削除することはできません。

Send Immediately/Schedule(すぐに配信/スケジュール配信): メールを配信するタイミングを指定します。 デフォルトは “Send Immediately(すぐに配信)” です。 スケジュール配信する場合、”ON”ボタンを”OFF”に変更し、配信時刻を設定してください。右上の “Schedule” をクリックすると、実際に配信がスケジュールされます。 また、Account Detailsでタイムゾーンが正しく設定されていることを必ず確認してください。

Categories(カテゴリ): メールにはカテゴリを指定することができ、メールの統計情報(Stats)はここで指定したカテゴリごとに分けて確認することができます。 カテゴリを追加するには、カテゴリ名を入力してEnterキーを押してください。

カテゴリ名は半角英数字で指定してください。日本語は使用できません

カテゴリは最大10まで作成できます。

Unsubscribe Group(配信停止グループ): 配信停止を希望した宛先が再びメールを受け取ることがないように、配信停止グループを指定します。 送信レピュテーションを高く維持するためには、配信停止を希望している宛先にはメールを送らない、ということが非常に重要です。
新しい配信停止グループを作成するには、Unsubscribe Groups(※ログインが必要)にアクセスしてください。 配信停止について、詳しくはSuppressionsをご確認ください。

配信停止をカスタマイズするには、プルダウンメニューから “Use Custom Link…” を選択し、表示されたテキストフィールドにURLを指定します。 配信停止グループのプルダウンメニュー

メールを配信(もしくはスケジュール配信)するには、テキストメールとHTMLメールの両方に [unsubscribe] タグが含まれており、適切な配信停止グループもしくはカスタムURLが設定されている必要があります。

IP Pool(IPプール): IPプールが作成済みの場合、追加のプルダウンメニューが表示され、当該キャンペーンの送信に使用するIPプールを選択することができます。 IPプールについて詳しくは、IP Poolsをご確認ください。 IPプールのプルダウンメニュー

テスト送信も、メールの送信通数としてカウントされます。

テスト送信の場合、データベースに存在していない宛先に対しても送信することができるため、Substitution Tag(置換タグ)の内容は置き換えられません。

Send Test Email(テスト送信): メールの表示を確認したい場合、ここにメールアドレスを入力し、”Send”をクリックします。 指定されたメールアドレスに、すぐに送信されます。

複数のメールアドレスにテスト送信するには、各メールアドレスを半角カンマ(,)で区切って入力してください。 最大10まで宛先を指定できます。

置換タグを使用できます。

A/Bテスト

件名や本文のテストについては、A/Bテストをご確認ください。

プレビュー表示

メールの表示は、いくつかの異なる画面サイズで確認することをおすすめします。 SendGridには3つのプレビュー表示機能があり、それぞれのアイコンは次の通りです。 デスクトッププレビュー デスクトッププレビュー(デスクトップでの表示を確認できます) モバイルプレビュー モバイルプレビュー(モバイルでの表示を確認できます) テキストプレビュー テキストプレビュー(テキストメールの内容を確認できます)

また、キャンペーン一覧に表示されているものであれば、どれでもプレビューできます。 プレピューしたいキャンペーンの歯車アイコンをクリックし、”Preview”を選択してください。プレビューウィンドウが表示されます。

プレビュー機能は多くのケースをカバーしていますが、すべてのモバイル機器やメールクライアントの表示を完全に再現している訳ではありません。 Litmusのようなサービスを使って、網羅的に表示をチェックすることをおすすめします。

メールの保存と送信

送信済のメールを再送信することはできません。

メールを送信するまでに、使用する差出人情報のVerifyが完了している必要があります。

後で編集できるよう、キャンペーンの内容は保存しておくことができます。 送信する準備ができたら、ページの右上にある”Send”ボタンをクリックしてください。 スケジュール配信を設定している場合は指定した時刻に、設定していない場合はすぐに送信されます。

すべてのキャンペーンの一覧

Campaignsページでは、作成(送信)したすべてのキャンペーンを確認できます。 キャンペーン名、送信日、ステータスとともに、各キャンペーンの統計情報が表示されています。 歯車アイコンをクリックすると、Duplicate(複製)、Stats(統計情報の確認)、Preview(プレビュー表示)ができます。

キャンペーンの検索

キャンペーンの数が増えてくると、古いキャンペーンを探したり、統計情報を確認したり、新しいキャンペーンのコンテンツを再利用したりすることが難しくなってきます。

キャンペーン一覧では、検索バーにキャンペーン名(もしくはキャンペーン名に含まれている単語)を入力するだけで検索できます。

Search Campaigns

入力された検索ワードを含むキャンペーンが、1ページあたり最大10件まで表示されます。 左端にあるチェックボックスを選択してキャンペーンを削除またはエクスポートすることもできますし、歯車アイコンをクリックしてキャンペーンを編集することもできます。 左側のナビゲーションメニューの”Campaigns”をクリックするか、検索ボックスをクリアすることで、いつでもキャンペーン一覧に戻ることができます。

また、以下のステータスごとに表示することもできます。

  • All:すべて
  • Draft:下書き
  • Scheduled:スケジュール済
  • In Progress:処理中
  • Sent:送信済
  • Canceled:キャンセル済

キャンペーンの複製

すでに作成済のキャンペーンを複製するには、歯車アイコンをクリックし、”Duplicate”を選択します。 複製したキャンペーンの編集画面が表示されるので、そこでキャンペーン名等を変更することができます。 この場合、”Save”ボタンを押さなくてもキャンペーン自体は作成されており、キャンペーン一覧にも表示されます。

スケジュール配信のキャンセル

キャンペーン一覧で歯車アイコンをクリックし、”Unschedule”を選択します。 すると、そのキャンペーンはDRAFT(下書き)状態に戻り、スケジュール日時がクリアされます。

キャンペーンの統計情報

キャンペーンメールを送信すると、そのキャンペーンの歯車アイコンから”Stats”というメニューを選択できるようになります。 ここから、キャンペーンのバウンス、クリック、開封等を含む統計情報を確認でき、そのデータをCSVでエクスポートすることもできます。

キャンペーンの統計情報

キャンペーン一覧の統計情報は、右上のボタンで「#(数)」と「%(率)」の表示を切り替えることができます。

キャンペーンの統計情報を複数まとめてエクスポート

複数キャンペーンの統計情報を、CSVファイルにまとめてエクスポートすることができます。

複数のキャンペーンの統計情報をまとめてエクスポートするには、ナビゲーションメニューの Marketing Campaigns > Campaigns をクリックし、エクスポートするキャンペーンのチェックボックスをONにします。 チェックボックスをONにしていくと、右上のドロップダウンメニューの数字も増えていきます。


選択し終わったら、”Export CSV”をクリックします。

  • キャンペーンは新しいもの順でソートされています。
  • SendGridが収集した統計情報が日付別に出力されます。
  • エクスポートファイルには、列ごとの合計値を出力した行が含まれます。

クリックされたリンクの確認

また、キャンペーンメール内に記載したリンクについては、単なるクリック数の合計だけではなく、リンクごとのクリック数のランキング表を確認することができます。 右上のボタンで「#(数)」と「%(率)」の表示を切り替えることも可能です。

ランキング表には、クリック数のトップ20が表示されます。

Link Tracking

クリック数がトラッキングされるようにリンクを追加する方法について、詳しくはClick Tracking and Substitution Tags in Marketing Campaignsをご参照ください。

エンゲージメントの活用

エンゲージメント情報の活用方法については、How to Leverage Your Engagement Statisticsをご参照ください。

エンゲージメントベースのセグメントの作成

マーケティングキャンペーン機能では、「メールを開封した人」「メール内のリンクをクリックした人」といった動的なセグメントを簡単に作成することができます。

まずは、Marketing Campaigns > Campaigns、もしくは、特定のキャンペーンのStatsを表示し、”Unique Opens” または “Unique Clicks” の上にマウスカーソルを移動してください。

キャンペーン一覧ページの場合 View Details

特定のキャンペーンのStatsページの場合 View Details

カーソルを合わせるとView Detailsと書かれたボタンが表示されるので、クリックしてください。

そうすると、そのキャンペーンメールを開封した人、もしくはリンクをクリックした人の一覧が表示されます。

ここでCreate Segmentをクリックすると、セグメントの作成画面が開きます。 デフォルトでは、そのキャンペーンのメールを開封またはクリックした全ての宛先を含む条件が設定されており、セグメントの名称は “Contacts who [clicked/opened] [キャンペーン名]” となっています。

セグメント名やセグメント条件を変更したい場合は、ここで直接変更することができます。 設定内容について詳しくは、こちらをご確認ください。

View Details

セグメントの設定ができたら、Saveをクリックします。 これで、このキャンペーンの受信者のエンゲージメントによって都度更新される、動的なセグメントができました。

エンゲージした宛先のリストをエクスポートする

上述のように、キャンペーンメールへのエンゲージメントに基づいた動的セグメントを作成することもできますが、メールを開封した、もしくは、メール内のリンクをクリックしたすべての宛先のリストをエクスポートすることもできます。

キャンペーンのStatsを開き、”Unique Opens” もしくは “Unique Clicks” の表示の上にマウスカーソルを乗せ、View Detailsをクリックします。 最後に、Export CSVをクリックしてください。