FAQ

Whitelabelとは何ですか?

Whitelabelは、SendGridがユーザに許可された正当な送信者であることを示すための機能です。設定の際、利用されているレジストラ(お名前.comなど)に、独自ドメインのサブドメイン(例 em.example.com)に対するDNSレコードをいくつか登録する必要があります。これらのDNSレコードは、一般的なメールの規格に準拠しています。

Whitelabelはどのアカウントでも設定できますか?

Domain WhitelabelLink Whitelabelは全てのアカウントで設定できます。

IP Whitelabelは、固定IPアドレスが割りふられるSilverプラン以上のアカウントでのみ設定できます。その際、DNSにAレコードを登録する必要があります。これにより固定IPアドレスが正当なものであることを示せます。

Domain Whitelabelとは?

Domain whitelabelは、独自ドメインで送信ドメイン認証を行うための機能です。さらに「AUTOMATED SECURITY」をONにすることで、実質的にSendGridがSPFやDKIMのレコードを管理できるようになります。Domain Whitelabelを設定することで、「sendgrid.net経由」といった表示を消せるでしょう。

Link Whitelabelとは?

Link Whitelabel は、クリックトラッキング用リンクおよび開封トラッキング用の画像リンクを、SendGridのドメインから独自ドメインに切り替える機能です。DNSにCNAMEレコードを登録する必要があります。Link Whitelabelを設定することで、メールの到達性を向上し、信頼を築くことができます。

IP Whitelabelとは?

IP Whitelabelでは、DNSに固定IPアドレス用のAレコードを追加する必要があります。IP Whitelabelを設定することで、よりメールの到達性を向上し、信頼を築くことができます。

Whitelabelの設定手順はどのようなものですか?

どのWhitelabelの設定も、二つのステップを踏みます。

  1. SendGridによって生成されたDNSレコードを、利用されているレジストラ(お名前.comなど)に登録します。
  2. Whitelabelの設定ページで、設定したいドメインの歯車アイコンから「Validate」を選択します。すると、登録したDNSレコードが適切かどうかチェックされます。

複数のドメインでWhitelabelを設定できますか?

はい。ドメインの異なる複数のWhitelabel設定が存在した場合、SendGridはメールごとにヘッダFromのドメインを確認し、それと一致するドメインの設定を適用します。一致する設定が存在しない場合は、デフォルト(DEFAULT)に指定された設定を適用します。

Whitelabelの主なメリットはなんですか?

Domain Whitelabelは、「sendgrid.net経由」といった表示を消すのに有効です。 Link Whitelabelでは、クリックトラッキング用リンクをSendGridのドメインから独自ドメインに切り替えることができます。 また、いずれのWhitelabelも、到達性を向上することができます。

固定IPアドレスが11個以上ある場合はどうすればいいですか?

SPFレコードには文字数制限があるため、特定のIPアドレスを11個以上含めることはできません。

固定IPアドレスを11個以上お持ちの場合、自動で生成されるSPFレコードは、SendGridから送信されうる全てのIPアドレス範囲を含むようになります。もしセキュリティのため、自身の固定IPアドレスだけを含むようにしたい場合は、include機構を利用した複数のSPFレコードを手動で作成してください。詳しくはOpen SPFのサイトをご覧ください。

Link Whitelabelで登録する二つ目のDNSレコードは何のためにあるのですか?

Link Whitelabelで登録する二つ目のDNSレコード(サブドメインが数字の列)は、 Link Whitelabelを設定したユーザが誰なのか確かめるためだけに使われます。クリックトラッキングには使われません。ただし、設定は必須です。

関連記事