2020年最も効果的な口コミマーケティング

2020年最も効果的な口コミマーケティング

この記事は The Best Word of Mouth Marketing Strategies to Use in 2020 の抄訳です。

世界で最も信頼できるマーケティングの手法とは何でしょうか?Web広告?映画やドラマの小道具として登場させる?有名人やセレブに宣伝してもらう?

Nielsenの調査結果によると、回答者の83%は友人や家族からのオススメを信頼しているということが分かりました。そして、数年前に行った同様の調査では、92%が全く知らない人の口コミでも信頼すると答えたのです。バナー広告は42%、SNS広告は46%、屋外看板は56%という結果から考えると、非常に高い割合です。

更には、米国のブランド信頼性調査によると、何かを購入する際に“ブランドへの信頼感”が影響を与えるかという質問に「非常に影響する」と答えた人は31%、「大きく影響する」と答えた人は37%いました。

口コミはブランドへの信頼感を高め、消費者の購買行動に大きく影響します。2020年にマーケティングで最も重要な手法となるのは間違いありません。口コミというととらえどころがないと感じるかもしれませんが、実はとても具体的な戦略が立てられます。以下でその理由をご説明しましょう。

口コミマーケティングとは?

口コミマーケティング

口コミマーケティングとは、製品やブランドイメージを消費者同士が伝え広めていくことです。1つ1つの口コミは小さなものですが、この記事の方法と実例を読んでいただければ、製品販売、メールマーケティングSNSの成長戦略などあらゆる場面で重要であることが分かってもらえると思います。

例えば、自動車メーカーのテスラは、広告を出さなくてもブランド力のおかげで最新の製品や会社のニュースが勝手に広まります。

みんなテスラについてツイートしたりブログに書くのが大好きなので、マーケティングは必要ありません。

他にも、「Spotify Wrapped」もいい例です。これは、自分が1年でどんなアーティストや曲を聞いたかチェックできるサービスです。Spotifyが2019年にこのキャンペーンを実施すると、ユーザはすぐに結果について友人や家族に話したり、SNSで共有しました。SpotifyはTVCMや看板、Web広告と上記の口コミマーケティングを組み合わせて実施し、広く拡散させました。

NIKEやディズニーのような熱狂的なファンが大勢いる場合は、情報を提供すればすぐにニュースを広めてくれます。でも、小規模なビジネスの場合には、口コミマーケティングを戦略的に行う必要があります。

口コミマーケティングの方法トップ6

口コミマーケティングの方法

現時点でまだ十分にブランド力がない場合、口コミマーケティングは単体で行っても効果がないかもしれません。あなたの会社が驚くほど慈善的、もしくは革新的なことを行っていても、知らなければ誰も広めてはくれません。拡散させるためには、まずは広めたくなるような材料を提供する必要があります。そこで、口コミを行いたくなるような6つの方法をご紹介しましょう。

1.体験マーケティング

思わず誰かに話したくなるような体験をしてもらうことは、口コミを活用するのにとてもいい方法です。Instagram、Twitter、Facebookなどで共有したくなる体験をしてもらえば、口コミマーケティングは自然と促進されます。音楽フェスのような大規模なものでも、裏庭でポケモンを捕まえるような小規模なものでも構いません。

すばらしい体験マーケティングの例をご紹介しましょう。ユタ州のマーケティング代理店EKRは、低予算で口コミマーケティングを実施しています。EKRは毎年ハロウィンに社員や顧客を集めて、かぼちゃを割ったり障害物レースをして楽しむSlach Bashというイベントを行っています。口コミで広めてほしいなら、このように人に話したくなるような体験を提供しましょう。

2.ソーシャルメディア

SNSは今や誰もが利用しており、口コミマーケティングを促進するのにとても良いチャネルです。例えば、ウェンディーズのTwitterアカウントは、ユーモアのあるツイートのおかげで350万人のフォロワーがいます。SNSには、多大な広告費よりも才能のあるライターが必要なのです。

口コミマーケティングでは、流行りのハッシュタグを作成するのもいい方法です。製品、イベント、キャンペーンのハッシュタグを作成して、拡散してもらいましょう。社員のSNSの個人アカウントで情報共有してもらうのも有効です。そのツイートによってより多くの人にリーチし、新しい会話が始まるかもしれません。

3.カスタマーレビュー

カスタマーレビューは、良くも悪くも製品を広める重要な存在です。調査によると、95%の回答者が購入前に消費者レビューを読み88%が知り合いが薦めてくるのと同じくらいレビューを信頼しています。
製品のレビューをFacebook、Google、Amazon、G2Crowd(※BtoB向けIT製品レビューサイト、日本ではITreviewとして展開)などに書くようユーザーにお願いしてみましょう。特別なインセンティブがなくても、レビューを書くのが好きな人もいます。10%割引などと引き換えに、お願いしてみてもいいかもしれません。

4.インフルエンサーマーケティング

インフルエンサーマーケティングは、とにかく影響力の強い有名人やセレブが行うようなものだと思っていませんか?ある調査では、有名人やセレブが宣伝する製品を信頼する人はわずか3%であるという結果が出ました。しかし、特定の集団の中であれば、インフルエンサーはとても親しまれ信頼されています。Edelmanの信頼性指標によると、回答者の58%が過去6か月でインフルエンサーのオススメ製品を購入していたのです。

インフルエンサーマーケティング

Ginger Runnerというウルトラランナーは、自身のYoutubeチャンネルに靴や製品のレビューを投稿しています。ウルトラマラソンをしない人は彼を知らないと思いますが、コミュニティ内では彼のレビューはとても信頼されています。そのため、各メーカーは彼に製品を試してもらおうと無料で靴を送るのです。私自身も、彼のレビューでそれまで知らなかったすばらしい靴と出会いました。ただし、この方法はレビューの評価が低ければ裏目に出てしまうかもしれません。
インフルエンサーマーケティングを活用する最もいい方法は、製品の業界内で影響力のある人を見つけることです。彼らは、広告費数千ドルを支払うのと同じくらい、製品やブランドへの関心を高めてくれる可能性を持っています。

5.ユーザー作成コンテンツ(UGC)

ユーザーにコンテンツを作成して投稿してもらえば一石二鳥です。いや、一石三鳥になるかもしれません!どういうことか解説します。

  1. まず、ユーザーに無料お試しやプレゼントなどのインセンティブを与え、写真などのコンテンツを作成してくれるようにお願いします。
  2. ユーザーはSNSにコンテンツを投稿し、フォロワーと共有してくれます。
  3. 許可を得て、そのユーザーの投稿を自身の製品サイトやSNSに掲載しましょう。
  4. ユーザーは製品サイトやSNSで自身の投稿が取り上げられたことを共有してくれるでしょう。SNSに加えて、パートナーや家族、犬などに話してくれます。一石三鳥ですね!

6.無料でプレゼント

無料でプレゼント

セブンイレブンでは、毎年7月11日に無料でSlurpeeというフローズンドリンクを提供しています。その数は推定900万杯にもなるそうです。なぜセブンイレブンはこんなことを行うのでしょうか?フローズンドリンクで人々に喜んでもらい、来店したついでにドーナツやエナジードリンクなど他の商品の購入してもらい、そしてSNSでSlurpeeについて宣伝してもらうためです。

Slurpeeは1杯平均18セント未満で製造できます。これは、SNSで数百~数千人のフォロワーにツイートしてもらうのに、18セント未満の費用で済むということなのです。口コミマーケティングにおいて無料で製品を配る方法は、適切な市場で行えばとても効果があります。

口コミマーケティングキャンペーンのすばらしい実例

口コミマーケティングの、とても有名な3つの実例をご紹介しましょう。

1.口コミマーケティングの実例:ALSアイスバケツチャレンジ

ALSアイスバケツチャレンジ

Facebookで氷水の入ったバケツをかぶる投稿が流れてきたのを覚えていますか?ALSアイスバケツチャレンジは、口コミマーケティングのすばらしい実例です。参加者は氷水入りのバケツをかぶって撮影し24時間以内に他の人を指名するか、ALS(筋萎縮性側索硬化症)に寄付を行うというキャンペーンです。この現象はインターネット上で急速に拡散し、プロのアスリートから一般人まで、老若男女さまざまな人が行いました。最終的に、ALS協会はこのチャレンジで1.15億ドルを調達し、研究資金やALS患者へのケアに利用しました。

2.口コミマーケティングの実例:TOMS 1足買うと、1足贈られる

TOMS

製品とビジネスモデル自体がマーケティングになる場合もあります。
TOMSで靴を1足購入すると、途上国で必要とするこどもに靴が1足贈られます。TOMSがこのビジネスモデルを発表したとき、多くの人が話題に上げました。TOMSを履いていて「その靴は?」と尋ねられたら、きっとこのビジネスモデルについて話すでしょう。他のブランドも同じようなビジネスモデルを展開しましたが、TOMSのように成功を収めたブランドは他にありません。

3.口コミマーケティングの実例:Dropboxの無料ストレージ

今となっては革新的なアイディアではありませんが、Dropboxの無料ストレージは当時新しいマーケティング戦略でした。まだクラウドストレージサービスの利用が人々に浸透する前に、Dropboxは500MBの無料ストレージの提供をはじめました。この無料のストレージに加え、知り合いに紹介すると追加容量がもらえるサービスによって、Dropboxは早い段階で市場の顧客を獲得できたのです。

口コミマーケティングのキャンペーンを実施してみましょう

口コミマーケティングは、高い拡散力のコンテンツを考えるよりも、人が誰かと共有したくなるような価値を提供することが重要です。ブランド力がまだ弱く知名度が低い場合は、自然と口コミが広まることはありません。共有してもらえるような材料を提供する必要があります。

製品の発売、SNSの成長戦略、キャンペーンを計画する時には、口コミマーケティングをどのように組み込むか検討してみてください。キャンペーンは自然と広まるようなものでしょうか?無料プレゼントやインフルエンサーなど、何か広める工夫が必要になるでしょうか?

もしメールキャンペーンに口コミマーケティングを追加したい場合は、2020 Email Planning Calendarがヒントになるかもしれません。口コミマーケティングの創造的なキャンペーンを見つけましょう。

メールを成功の原動力に

開発者にもマーケターにも信頼されているメールサービスを利用して、
時間の節約、スケーラビリティ、メール配信に関する専門知識を手に入れましょう。