創業からの5年間を振り返って

この記事は 5 Years and 273 Billion Emails の抄訳です。

今年の夏、SendGridは創業から5年目を迎えました。振り返りの意味で、主な出来事をまとめた年表や、インフォグラフィックを作成しました。
本記事では、3つの観点からSendGrid5年間の成長を振り返りたいと思います。

SendGrid自身の成長

TechStarsを卒業してから5年で、SendGridは、従業員が3名から250名に、メールの送信通数が0通から2,730億通まで成長してきました。その規模に成長する中で、信頼性、サポート、強力なインフラを持つことが世界中の(スパムを除く正当な)メールの2%の送信を支えるには不可欠であることを学びました。その証に、今日では以下を提供できるまでに至っています。

  • 24時間365日のチャット、メール、電話サポート
  • 大規模ユーザ向けの17人の専任テクニカルアカウントマネージャ(TAM)
  • 世界で活躍する12人のデベロッパーエバンジェリスト
  • 高速に、信頼性の高いメール送信を支えるための5つのデータセンタ
  • さらにそのデータセンタでは、650を越える物理サーバおよび1,100を越える仮想サーバが稼働

このように、我々自身が成長を続けること自体が、お客様の成功を助ける大きな支えとなってます。

SendGrid_scale_info_graphic3

SendGrid_scale_info_graphic5

SendGrid_scale_info_graphic6

パートナーとともに成長

SendGridはパートナーと共に成長をしてきました。50を越えるパートナーを担当するLaurence Trifon (Director of Business Development)はこの5年を振り返り以下のようにコメントしています。

メールは事実上全てのウェブサイト、モバイルアプリケーション、ビジネスにとって必須のテクノロジーとなりました。開発用プラットフォームを提供する場合であれ、システムインテグレータであれ、顧客に対しメールソリューションを提供できることは非常に重要となっています。
パートナーにとっては、SendGridと協業することでビジネスのコアとなる部分に注力しつつメール機能を提供することが可能になりますし、我々SendGridにとっても、通常ではリーチしにくいエンタープライズ分野などのユーザ獲得につながるというメリットもあります。

顧客の成功のために

大量のメールを送信することは簡単なことではありません。送信プロセスをよりシンプルにするため、出来る限り到達率を上げるため、SendGridでは以下の様なサポート体制をとっています。

  • 24時間365日のサポートチーム
  • Deliverability, Compliance, Developer Relationsのエキスパート
  • 顧客を成功に導くためのCustomer Successチーム

ここ数年の間、顧客の成功のために従事してきたAmy Mustoe(Director of Customer Success)は、大量のメールを送信するHigh Volumeユーザをどのようにサポートしてきたか、以下のようにコメントしています。成功につなげるため、一時的には顧客のマイナスになるようなアドバイスもすることが分かります。

メールは今もビジネスにおいては主要なコミュニケーションチャネルです。そのため優良なメール送信者となり、そのレピュテーションを高めていくということは、ビジネスの価値を高めていくこととイコールです。時にはメールの量を減らすべきというアドバイスもします。長い目で見てより成功するためにはそのようなことも必要になります。

【構造計画研究所SendGridチームよりコメント】
本記事では、SendGridがどのように成長してきたか、何を大切にしているかをお伝えするため、具体的な数値や取組の内容をご紹介しました。今後も技術情報と併せて、SendGridの紹介記事も発信していく予定です。