チュートリアルを公開しました

チュートリアルイメージ

このたび、SendGridの日本語ドキュメントに「チュートリアル」を追加しました。ドキュメントはSendGrid社が公開する英語版ドキュメントの翻訳を中心に構成されていましたが、チュートリアルは、これまでいただいたお問い合せの中からよく使われる設定手順や運用方法を目的別に紹介しています。今回は、チュートリアル含めSendGridのドキュメント全体をご紹介します。
日本語ドキュメントは以下のコンテンツから構成されています。

  • チュートリアル
    今回追加したコンテンツです。各種メールの送信方法からメールのトラッキング方法、到達率向上のコツなど、推奨される設定手順や運用方法を満載しています。何からはじめればよいかわからないという方はもちろんのこと、これまでなんとなく使ってきた方もより良い使い方が見つかるかもしれませんので、ぜひご一読をおすすめします。
  • ユーザマニュアル
    Webポータルの使い方を機能別にご紹介しています。設定画面の使い方で不明な点があったらこちらを参照してください。
  • APIリファレンス
    各種API(Web API、SMTP API、Webhook)の使い方やパラメータの詳細をご紹介しています。API経由でSendGridと連携するプログラムを開発している方向けの内容です。
  • インテグレーション
    SendGridと連携する際に知っておくべきことや、開発効率を上げるライブラリの他、フレームワークやメールサーバなどの設定方法など幅広い内容をご紹介しています。
  • 各種資料
    ご利用ガイドやビデオなどのコンテンツをご紹介しています。

今後も、チュートリアルの充実、その他ドキュメントの翻訳を進めていきたいと思います。不明な点がございましたら、ぜひサポートサイトよりお問い合せください。