SendGrid Cabo Kickoff 2014参加レポート

米国SendGridのサイトでも紹介されていますが、メキシコで行われたSendGrid Cabo Kickoff 2014に参加しましたので、そのレポートです。
会場となったFiesta Americana

SendGrid Cabo Kickoff 2014とは?

SendGridでは毎年初めに世界中から全社員が集まりメキシコでキックオフを行っています。今回で3回目で今年はCabo San LucasのFiesta Americanaで3日間に渡って行われました。
1年目はCancunで50人参加、2年目はPuerto Vallartaで100人参加、今回は180人参加、と年々規模が大きくなりSendGridが成功・成長していることが参加者の数字からも見て取れます。
参加者は、ボルダー、デンバー、アナハイムといったUSのオフィスを始め、UK、ルーマニアオフィスのメンバーも集合し世界中から集まっていました。ルーマニアからはフライトだけで36時間もかかったんだとか。。

何をしてきたのか?

前述のブログでも述べられていますが簡単にご紹介します。
初日は昼過ぎ頃からだんだんとGridder達(SendGridでは社員のことをGridderと呼んでいます)が集合し、夕方からレセプション〜ディナーでした。そこでは、SendGridが掲げる4つのHに最もふさわしいGridderがCEO Jim Franclinから表彰されていました。
表彰者の半分くらいはよく知っていたのですが、確かに。という感じで周りの雰囲気を見ていても皆納得の人選だったようです。

4つのH

その後は、夜遅くまで、ダンス、パーティと明日が本番なのに初日からこんなに盛り上がって大丈夫なのか、という感じでした。

バンド演奏に合わせてダンス!

2日目は、12月に来日したKen AppleとCarly Brantz司会のもとGeneral Sessionsが行われました。

CarlyとKen

CEO Jimからは2014年のビジョンについての発表が、CFO Chadからは2013年の数字のふり返りと2014年の目標が。その後もfounderからのメッセージや、各部門の責任者が様々な発表やパネルディスカッションなど盛りだくさんの内容でした。
SendGridの精神、大切にしていることを肌で感じることができた貴重な時間でした。
その後はみんなでSendGrid Tシャツを着て記念撮影を。(というかほとんどの人が何らかのSendGrid Tシャツを常に着ています笑)

こちらは、2014年オリジナルのTシャツ!!SendGridオリジナルTシャツ

写真撮影後は、いくつかのチームに分かれてグループワークでした。Family Feud(クイズ100人に聞きました)とMinute to Win It(1分間チャレンジ〜めざせ!100万ドル)というTV番組をベースにしたゲームで、トイレットペーパーをいかに早く体に巻き付けることができるか、といったおバカなゲームから、コーディングチャレンジといった比較的真面目なものまで全員大マジで取り組んでいました。
私のチームは1位タイだったのですが、最後の決勝戦でfounderの一人であるIssac率いるチームに負けてしまいました。

最終日はExcursion Dayということで、シュノーケリングやサーフィン、スパなど自分の楽しみたいものをそれぞれが楽しんでいました。
夜は初日同様皆で集まってディナーからのダンスパーティでした。何杯テキーラを飲んだのか。。。

またもやダンス!

最後に

と、ここまでを見ると遊びに行ってきたようにしか見えませんが笑、間に日本のユーザから上がっているリクエストについてのディスカッションや、今後の日本での活動方針についての摺合せを行ってきました。
SendGridは日本のことを非常に大切に考えています。今後も多くの方々にご利用いただき、満足いただけるよう、協力して取り組んでいきますのでどうぞよろしくお願いします。