新しいダッシュボードと配信停止管理機能(β版)

この記事は Introducing the Next Generation of SendGrid and Advanced Suppression Manager の抄訳です。

SendGridがどのように利用されているかを数ヶ月間に渡り調査し、このたび新しいダッシュボード(β版)をリリースすることができました!
この新しいダッシュボードでは、進化したユーザ体験とインターフェースをご利用いただけます。
新しいダッシュボード画面

今後はこの新しいダッシュボードに新機能や拡張機能を追加していく予定なので、ぜひチェックしてください!

新しいダッシュボードをお試しいただくには、SendGridにログインし、ダッシュボードのトップにあるバナー(Try Beta)をクリックします。クラシックモードに戻すには、ヘッダの右上にある “Update” リンクをクリックし、ダイアログの ”Return to Classic” をクリックします。
クラシックモードへの変更

新しい配信停止管理機能(ASM)

新しいダッシュボードのリリースに伴い、もう1つβ版の機能をリリースしました。配信停止管理機能 ASM (Advanced Suppression Manager) です。
新しい配信停止管理機能(ASM)

ASMではサプレッショングループ(ソーシャル系の通知、デイリーダイジェスト、アラートといったメールタイプ)を定義でき、このグループごとに配信停止の設定をすることができます。

<メール受信者>
全てのメールを配信停止しなくても、どのタイプのメールを受け取りたいかを自分で選択できるようになり、一度配信停止したメールを再購読することもできます。
ASMを使って配信したメールのサンプル購読停止の設定画面

<送信者(SendGridユーザ)>
メールのタイプを「サプレッショングループ」として設定するだけで利用することができ、Email Preferences(購読設定)画面を作成する必要はありません。エンゲージメントやレピュテーションの向上も期待できます。
サプレッショングループの設定画面

ASMにアクセスするには、新しいダッシュボードの左端にある Suppressions アイコンをクリックします。なお、この機能はマーケティングメールではご利用いただけません(現在対応中です)。

詳しい使い方は、Documentation(英語) または 操作マニュアル(会員登録が必要)をご覧ください。