メールシステムの運用をより楽に ~SendGrid APIガイド~

APIガイド

この記事は The Seven SendGrid APIs – A Quick List の抄訳です。

SendGridは柔軟で使い勝手の良いAPIを提供しています。このAPIをご利用いただくことでSendGridの機能を最大限活用することができます!この記事ではSendGridのAPIを簡単にご紹介します。詳細は「もっとメールを活用するためのAPIガイド」をご覧ください。

SendGridのAPI

  • SMTP API
    このAPIはメールヘッダに組み込んで使用します。メールテンプレートの使用や、トラッキング・統計分析のための情報埋め込みや、短時間で大量のメールを送信するために活用することができます。

  • Web API
    マイページにログインしなくても設定情報や統計データ、レポート情報を取得できます。

  • Event Webhook
    メール送信時の各種イベント情報を、指定したURLにPOSTすることが可能です。各種イベントをリアルタイムに通知したり、イベントをトリガとして処理を実行することができます。

  • Parse Webhook
    メールをコンテンツ(例:メールヘッダ、件名、本文、添付ファイルなど)ごとに分けて、指定したURLにPOSTすることが可能です。空メールによるユーザ登録などに活用することができます。

  • Subuser API
    サブアカウントの設定管理、権限設定に使用するAPIです。

  • Marketing Email API
    宛先リストやマーケティングメールのコンテンツ、そして差出人情報を、アップロード・管理するためのAPIです。

各APIの詳細や活用術は、下記のガイドをご覧下さい!