シンプルにいこう!メールマーケターのための、4つの効果的な施策

シンプルにいこう!メールマーケターのための、4つの効果的な施策

この記事は Keep it Simple: 4 Effective Emails for Marketersの抄訳です。

メールを送り始めなければならない、もしくは、送り始めたばかりの時は、その大変さに途方に暮れてしまう人もいるでしょう。いつかは送り始めなければいけないものですが、いつでも始められるという簡単なものではありません。

本記事では、マーケティングにおいてよく利用される4種類のメールをご紹介します。これからメールマーケティングを始めたい、という方は必見です!

1. ウェルカムメール

扱う製品が最先端のソフトウェアシステムであっても猫用靴下であっても、ウェルカムメールで新しいお客様(受信者)を暖かく迎え入れましょう。パーソナライズされ、洗練されたウェルカムメールは、受信者と送信者の関係を良好にしてくれます。さらに、受信者に、今後もメールが送られてくるだろうと認識させ、ブランドやサービスに親近感を抱いてもらえる絶好のチャンスです。

もっと詳しく知りたい方は、素晴らしいウェルカムメールを作成するための情報が詰まったEmail Marketing 101: The Welcome Email(英語)を確認してみましょう。ウェルカムメールを作成するためのベストプラクティスや、参考にすべき事例を記載しています。

2. メルマガ

メルマガは、受信者が楽しんで読めるよう、新しく作成したコンテンツや厳選した既存コンテンツを1通のメールにまとめる形で作成します。質の高いメルマガを作成するには、想定よりもはるかに時間がかかるものです。メルマガの作成には余裕を持って臨みましょう。

デザインに始まり、文章、校正など、「急ごしらえ」しただけでは受信者の興味をひくようなメルマガはできません。作成する時間と校正してもらう時間を十分に確保し、他の関係者のスケジュールにも気を配ってください。

メルマガの配信は、扱うビジネスのサイクルにあわせ、受信者に嫌がられない頻度で、定期的に行いましょう。常に受信者のことを気に留めておけば、配信停止されるリスクも低くなります。もっと詳しく知りたい方は「メルマガ配信を始めてみよう!メールマーケティングの5つのポイント」をご覧ください。

3. 販促目的のメール

セールやキャンペーンの案内は、ぜひともお客様にシェアしたいところです。しかし、「お得情報をシェアする」というシンプルな行動は、気をつけていないとすぐに受信者に嫌がられてしまいます。

営業メールなどの販促目的のメールは、歴史的に見てもエンゲージメントは平均より低くなりがちです。SendGrid’s Email Benchmarked Report(英語)によると、EコマースやDaily Deal サービス(※)のメールは「送信量が多いのにエンゲージメントが低い」という結果でした。

販促目的のメールを送信すると決めたら、このことを念頭に置き、1通ごとのエンゲージメントを確認しましょう。エンゲージメントが下がり続けたら、配信頻度を見直し、受信者にとって価値あるメールを作成することに重点を置いてください。

※Daily Deal サービス
期間限定、数量限定でクーポンを販売するサービス。(例:グルーポン)

4. 再エンゲージメントメール

事実を受け入れるのは難しいですが、「あなたからのメールはつまらない」と思う受信者もいます。その思いは、配信停止や迷惑メール報告のボタンを押すという行動につながります。そういった人たちを対象に、再エンゲージメントメールを配信しましょう。再エンゲージメントメールでは「(a)購読を続けたければ意志表示してもらう(b)意志表示がなければ配信を停止する」ようにします。

では、再エンゲージメントメールや「このメールに反応がなければ配信を停止する」といった引き際を決めたメールは、どのタイミングで配信すればいいのでしょうか?予め「このタイミングで配信する」と決めておけば迷うことはありません。引き際の指針であるSunset Policyを作成しておき、定義しておいたポリシーに基づいて、その時が来たら潔く配信しましょう。

再エンゲージメントメールに反応がなかったら、その宛先はリストから外しましょう。もしそうなっても、挫折しないでください。誰もが経験することですし、悪いことだけではありません。外すことで宛先リストがクリーンになり、エンゲージメントも高くなり、メールを受信ボックスに届けるかを決定しているISP(インターネットサービスプロバイダ)からの信頼も厚くなるのです。

さあ、メールを送信しましょう!

メールを送信する準備はできましたか?メールマーケティングの戦略や特定のタイプのメールについてもっと知りたければ、具体的な戦略やウェルカムメールの書き方などが載ったEmail Marketing 101 Tips(英語)をダウンロードしてください!