SIGNAL 2019参加レポートその3 | Integrating email with flex

サポートエンジニアの佐藤(@awwa500)です。サンフランシスコで開催されたSIGNAL 2019の参加レポート第三弾です。本記事では「Integrating email with flex」というTwilio Flexにメールチャネルを加える内容のセッションをご紹介します。

SIGNAL 2019

THE MODERN MAILROOM DILEMMA

現代版郵便室のジレンマ

多くの業界で企業と顧客とのやり取りに利用されているメールですが、次のような課題があると言われています。

  • メールの処理に業務時間の28%も時間を取られている
  • 受信者にとって重要な内容のメールは全体の38%程度で、その割合は低下し続けている
  • メールを処理したあと、元の業務に戻るのに平均で64秒程度かかってしまう

ビジネスがスケールすると、このような課題はより深刻になります。一方、メールのアカウント数および送信通数は世界規模で増え続けています。

現代版郵便室のジレンマ

Flex上にメールチャネルを加える

Twilioが提供するカスタマイズ可能なコンタクトセンタープラットフォーム「Flex」は、電話やSMS、チャットなどさまざまなチャネルを扱うことができます。今回のセッションでは、Flexをカスタマイズしこれらのチャネルにメールを加えます。

デモでは、Node.js上で動作するメールサーバ(Nodemailer)で顧客からのメールを受信し、これをトリガとしてTwilio API経由でFlex上にタスクを作成します。一方、タスクの処理後Flexから顧客に対する返信メールはSendGrid APIを利用して送信します。SendGridを利用することで次のようなメリットがあります。

  • 少ない実装量でメールが送信できる
    • メール送信処理のコードは10行程度
  • メール送信に必要な環境的制約が少ない
    • HTTPSでAPIにアクセスできれば利用できる
  • 高い到達率が期待できる
    • SPFやDKIMを利用してメールの信頼度を高めることができる
Flex上にメールチャネルを加える

デモでは、Gmailから送られたメールの内容をFlex上でタスクとして登録し、Flex上でタスクを更新すると、SendGridを通じて返信メールが送信できることを確認しました。

デモ

さいごに

今回のデモアプリケーションはGitHubでソースが公開されているので、興味のある方はぜひお試しください。以下2つのリポジトリから構成されています。

※動作確認するにはTwilioとSendGridのアカウントが必要になります

安心してメールを送信しましょう

開発者にもマーケターにも信頼されているメールサービスを利用して、
時間の節約、スケーラビリティ、メール配信に関する専門知識を手に入れましょう。