Email Blastとは? メール戦略を見直す5つのヒント

Email Blast

この記事は What is an Email Blast? 5 Tips for Rethinking Your Email Strategy の抄訳です。

Email Blastとは、いわゆる一斉配信メールのことを表現する英語です。新聞の折込広告やDMのような同じメッセージを沢山の人へ一斉に送るようなことを意味しています。

多くのメールマーケターは、Email Blastというメール戦略が効果的であることを知っていますが、それと同時に少し気まずい想いもあります。

“Blast”という言葉は、予期せぬ攻撃や気配りのなさ、といった意味を含むためです。SendGridではメール送信者に対してEmail Blastを止めるようアドバイスしているわけではありませんが、Email Blastをどのように考えるのが良いか、見直す時機であると考えています。

今回のエントリでは、メールマーケティングを開始するときに考えるべきことや、次に送るEmail Blastが受信者へ届き、何らかの行動へ移すようになる、役立つヒントを紹介します。

1.Email Blastと呼ぶのをやめましょう

次のキャンペーンメールを送信する前に、少し考えてみましょう。メールを一方的に送りつけるのは本当に良いことでしょうか?「Email Blastと呼ぶのをやめましょう」というヒントは、メールマーケティング戦略のコンセプトを検討する段階で、キャンペーンメールについてどのように考えるべきか?という基本的な部分に関わってきます。

受信者がメールに費やす時間とあなたのブランドへ関心を持っていることに敬意を払いましょう。そして、キャンペーンをデザインするときは、常にそのことを念頭におきましょう。単純にメールを送りつけているのではなく、受信者があなたのブランドに対して対価を払うことを納得するような価値のあるコンテンツを届けているのです。

メールマーケティングのマナーを磨くために、「Email Marketing Manners: 4 Tips to Guide Your Sending Strategy」のビデオブログを是非みてください。

2.メールサービスプロバイダを利用する

一つ目のヒントによって、しっかりした内容のメールキャンペーンを作成できたら、次は受信者に不快な思いをさせないように気を配りましょう。そのためには、メールが受信トレイへしっかり届き、スパムフォルダに入ったり、メールサーバから拒否されないことを検証する必要があります。そこで、メールサービスプロバイダ(Email Service Provider, ESP)を利用することをお勧めます。メールの到達に関する問題を自分で考える必要がなくなり、キャンペーンの内容や戦略を考えることに集中できるようになります。

また、宛先リストのサイズが大きくなってくると、信頼性が高く、対応が素早いメールサービスプロバイダに頼ることは、より重要になってきます。メールサービスプロバイダは、メール送信元IPアドレスをチェックして、メールの到達率に影響する何かが起きた場合、すぐに知らせてくれます。

3.クリーンな宛先リストへ送る

メールの宛先リストとして、パーミッション・マーケティング戦略に基づいていないリストを使用することはとても危険です。送信できるすべてのメールを危険にさらすことになりかねません。(受信者との関係を台無しにすることは言うまでもありません。)

SendGridでは、業者などから購入した宛先リストへメールを送信することはできません。これはあなただけでなく、SendGridを利用してメールを送信するすべてのユーザを守ることに結びつきます。リストを構築する戦略については、「How to Authentically Grow Your Email List」を是非読んでみてください。

4.宛先リストをセグメントごとにパーソナライズする

コンテンツや広告の作成において重要なのは、一人の個人に対して話しかけているかのように文章を書くことです。これはメールマーケティングのように一斉送信するものには向いていませんが、宛先リストやメッセージを上手くセグメントすることで、一人一人に同じような気持ちを与えることができます。メールマーケティングにおけるセグメント化は、汎用的なメールをパーソナライズして、メッセージを個人向けに仕立てます。その結果、受信者へ響きやすいメールとなります。

セグメント化を実現するのは容易ではありませんが、最近のメールマーケティングツールでは、「年齢」「性別」「地域」「過去のメール」といった受信者に関する様々な要素に基づいて、メッセージを効率的良くセグメント化できます。

SendGridも、こうしたセグメント化に必要なすべての機能を「マーケティングキャンペーン機能」に含めて提供しています。

5.Call to action(CTA)を含める

プロモーションメールを送信する際、受信者がメールを開封しやすくなるような工夫をしているならば、それはとても良いことです。しかし、それは初めの一歩にすぎません。受信者の注意を引くことができたら、その後、どのようなことを受信者にして欲しいですか?

Call to action(CTA)を促すことができなければ、あなたの努力や計画は残念ながらうまくいかないでしょう。受信者にどのような行動を取って欲しいのか?その内容によって、どのようなCTAを作るべきか変わってきます。もちろん、CTAの作成に関するガイドもありますので、こちらからダウンロードしてください。

Happy blasting emailing!

今回紹介したヒントは、メールキャンペーンが成功する道へ繋がります。それぞれのヒントについて、もっとよく考えて、時間を費やしましょう。そして、魅力的な件名や綺麗で読みやすいデザインを心がけましょう。メールマーケティングについて、もっと知りたい方は、メールマーケティングのベストプラクティスが載っている「Email Marketing 101」を是非ダウンロードしてください。