適切な時間に送信して、マーケティングメールへのエンゲージメントを高めよう

適切な時間に送信して、マーケティングメールへのエンゲージメントを高めよう

この記事は The Best Time to Send Your Marketing Emailの抄訳です。

「マーケティングメールを送信するのに最も適している時間はいつですか?」
これは本当によくいただく質問です。本記事で、皆様の疑問にお答えします。

残念ながら、近道はありません

まず、「エンゲージメントを確実に保証する、魔法のような時間は存在しない」ということを認識してください。どんなケースにも当てはまる答えはないのです。
SendGridはESPなので、保持している膨大なデータを解析すればエンゲージメントが最も高くなる時間の平均値を算出することはできます。しかし、その平均値があなたのマーケティングメールに当てはまるとは限りません。宛先リストが送信者ごとに異なっているのと同様に、送信に適した時間も送信者ごとに異なります。

最適な送信時間を知るための方法

どんな送信者にも当てはまる魔法のような時間はありませんが、あなたの宛先リストに送信するのに最適な時間を導くことは可能です。必要なのは、過去のエンゲージメント(開封、クリックなど)のデータです。(エンゲージメントの指標についてよく知らない方は「【メールマーケティングTips】エンゲージメントの基本」をご覧ください。)もしデータがあれば、少なくとも過去6ヶ月間のデータを解析しましょう。
データを掘り下げると「受信者が、いつ開封やクリックなどをしているのか」を知ることができます。その時間こそが、あなたにとって最適なメール送信時間です。なお、データから、エンゲージメントがピークとなる時間帯がいくつかあることがわかるかもしれません。次の段落を参考に、テストを重ねてみましょう。

仮説に基づいたセグメンテーション

扱っているサービスや製品がBtoBであれば、受信者が1日のうちのある時間帯にメールをチェックする傾向がある、ということに気づくでしょう。

例えば、次の時間帯では、メールチェックする人が急激に増えているかもしれません。

  • 午前8時〜10時(会社についてすぐ)
  • 午後12時〜1時(ランチから戻った後)

リストをセグメンテーションして各セグメントごとに適した時間帯に送信すれば、「受信ボックスの一番上」にメールが入り、エンゲージメントの向上につながるでしょう。

※注意※
アカウントのタイムゾーン設定を確認してください。正しく設定されていないと、受信者がメールを開封したりクリックしたりした時刻を見誤ってしまいます。

エンゲージメントがピークとなっているように見える時間帯をいくつか把握したら、それらをテストしましょう。多くの人は一日に何度か受信ボックスをチェックするので、より良いエンゲージメントを引き出せる時間を見つけられるかもしれません。

さいごに

エンゲージメントの指標を計測し改善を図ることで受信ボックスに到達する可能性が高くなります。そのために、受信者自身および受信者のメールに対する習慣を調べ、把握しましょう。エンゲージメントを高めるための近道はありませんが、今回ご紹介した方法を試すことで、あなたのマーケティングメールの特徴にあった最適な送信時間に辿り着くことができます。

参考
「配信のタイミング」に注目したセグメンテーション手法