BriteVerify for SendGridのご紹介

BriteVerify

この記事は Introducing BriteVerify for SendGrid の抄訳です。

送信したメールがバウンスしないよう祈りを捧げ続けるのに疲れた、、、なんてことありませんか?実は毎月2.1%の宛先は利用されなくなるなどの理由で届かなくなっています。責めているわけではありませんが、多くのマーケターは、キャンペーンの結果が思わしくなかったり、ブラックリストに登録されてしまったときのみ宛先リストのクリーニングを行っています。

でも大丈夫です。今回ご紹介するSendGridとBriteVerifyの連携によりこの悩みは過去のものになるでしょう。BriteVerifyはSendGridと連携して宛先リストの妥当性と到達性を確かなものにします(メール版アメコミスーパーヒーローチームみたいなものです)。これにより、メールがバウンスする前に不適切な宛先を取り除くことができ、到達率の向上が見込めます。

では、今回の連携でどのようなことができるようになったのでしょうか?

新規宛先リストを簡単に安全に登録する

BriteVerifyからSendGridの新規宛先リストを簡単に登録できます。BriteVerifyに宛先リストをアップロードするだけで、BriteVerifyは不適切または届かない宛先を取り除き、クリーニング済みのデータを自動的にSendGridに転送します。さらに、キャンペーンの結果に悪影響を与えるリスクのある宛先を削除する、というオプションも選択できます。

SendGrid上の宛先リストを検証する

SendGrid上の宛先リストから不適切またはリスクのあるメールアドレスを削除できます。この他に、過去数ヶ月間開封アクティビティがない宛先を削除するオプションが選択できます。これにより可能な限りリスクを減らし、最高レベルの結果を得ることができるでしょう。

他サービスの宛先リストをSendGridに移行する

他のプラットフォーム上の宛先リストを検証するとともに、シームレスにSendGridに移行できます。例えば、以前利用していたメールサービスプロバイダ上の宛先リストを選択して、検証が完了したら自動的に新しいSendGridの宛先リストとして転送することができます。

詳しくはビデオをご覧ください:

今すぐBriteVerifyにサインアップしてSendGridアカウントとの紐付けを行い利用を開始しましょう!