宛先リストクリーニングサービス「BriteVerify」を試してみました

今回は、SendGridが推奨する宛先リストのクリーニングサービス「BriteVerify」を実際に試してみたのでご紹介します。

はじめに

BriteVerifyを利用すると、実際にメールを送信することなく「送信しても問題ないメールアドレスかどうか」のチェックが行なえます。収集してから時間が経ってしまった宛先リストにメール送信を行う場合、アドレスが既に使用されなくなって届かない(バウンスする)リスクがあります※。大量のバウンスを発生させると、宛先サーバから迷惑メール送信者とみなされ、本来届くはずの宛先にも届かなくなってしまう可能性があります。宛先リストの質に不安がある場合、クリーニングサービスの利用を検討しましょう。

1年経つと4分の1のアドレスが無効になるという話

テスト条件

今回は、以下の8ドメインにおいてあらかじめ存在すること/存在しないことがわかっている合計16の宛先アドレスで試してみました。

  • kke.co.jp(当社ドメイン)
  • gmail.com
  • yahoo.co.jp
  • outlook.jp
  • yahoo.com
  • docomo.ne.jp
  • ezweb.ne.jp
  • softbank.ne.jp

操作手順

宛先リストの準備

まず、チェック対象の宛先リストを準備します。宛先リストはメールアドレスを改行で区切ったものをテキストファイル(ファイル名は任意)に保存します。ローカルパートは伏せ字(**valid**は存在するアドレス、**invalid**は存在しないアドレス)にしてあります。

**valid**@kke.co.jp
**valid**@gmail.com
**valid**@yahoo.co.jp
**valid**@outlook.jp
**valid**@yahoo.com
**valid**@docomo.ne.jp
**valid**@ezweb.ne.jp
**valid**@softbank.ne.jp
**invalid**@kke.co.jp
**invalid**@gmail.com
**invalid**@gmail.com
**invalid**@yahoo.co.jp
**invalid**@outlook.jp
**invalid**@yahoo.com
**invalid**@docomo.ne.jp
**invalid**@ezweb.ne.jp
**invalid**@softbank.ne.jp
宛先リストのチェック

BriteVerifyのダッシュボードにログインして「Drag Files Here」と書いてある場所に先程用意した宛先リストをドラッグ&ドロップします。

ドラッグ&ドロップ

チェックする件数に応じて請求金額が計算されます。問題なければ「Begin Verification」を選択してチェックを開始します。

チェック開始

今回は結果をファイル出力するためSelect Export Destinationで「File」を選択します。最後に「Let’s Get Started!」ボタンを選択してチェックを開始します。

チェック開始

チェックが完了するまでしばらく待つと、自動的に画面が更新されます。もう少し詳しく確認するため、右上の「→」を選択します。

詳細を確認

判定結果の詳細が確認できます。クリーニング済みの宛先リストは「Safe to Mail」からダウンロードできますが、全結果の確認のため、「Full Results」を選択して結果をダウンロードします。

全結果のダウンロード

結果の確認

先ほどダウンロードしたチェック結果は次のようになりました。結果はアドレス毎にemail_statussecondary_statusという2つのステータスで表現されます。validとなったものは送っても問題ないと考えられるアドレスです。一方、invalidとなったものは送ってはいけないアドレスです。accept_allは一旦すべてのメールを受信した後で、宛先が存在しなかった場合に後からバウンスするため、BriteVerifyでは完全なチェックができないことを意味しています。この結果を見る限り、yahoo.co.jpドメインのアドレスはチェックが難しいようです。RoleやDisposableの詳細についてはBriteVerifyのドキュメントを参照してください。

**invalid**@yahoo.co.jpaccept_all

email email_status secondary_status
**valid**@kke.co.jp accept_all
**valid**@gmail.com valid
**valid**@yahoo.co.jp accept_all
**valid**@outlook.jp valid
**valid**@yahoo.com valid
**valid**@docomo.ne.jp valid
**valid**@ezweb.ne.jp valid
**valid**@softbank.ne.jp valid
**invalid**@kke.co.jp accept_all
**invalid**@gmail.com invalid email_account_invalid
**invalid**@outlook.jp invalid email_account_invalid
**invalid**@yahoo.com invalid email_account_invalid
**invalid**@docomo.ne.jp invalid email_account_invalid
**invalid**@ezweb.ne.jp invalid email_account_invalid
**invalid**@softbank.ne.jp invalid email_account_invalid

さいごに

非常に簡単な手順で宛先リストのチェックができました。BriteVerifyではファイルに保存された宛先リストチェックの他、SendGridのマーケティングキャンペーン機能と連携して宛先リストのチェックを行うこともできます。他にもReal-Time APIを使ってトランザクションメール送信前のチェックに利用する、といったこともできます。是非お試しください!