Delivered, Bounced, Blocked, Deferredイベントのそれぞれの意味合いとは

Delivered, Bounced, Blocked, Deferredイベントのそれぞれの意味合いとは

この記事は Delivered, Bounced, Blocked, and Deferred Emails: What Does It All Mean? の抄訳です。

優れたマーケターは、集まったデータからどのようなことが言えるか、より説得力のある考察にたどり着くように常に考えています。データを注意深く観察することで、送信したキャンペーンに何が起きているのか、たくさんの示唆を得ることができます。

あなたが送信したキャンペーンに対して、迷惑メール報告は多く寄せられているでしょうか?開封率は変化したでしょうか?なぜ多くのメール受信者が、配信停止を希望するのでしょうか?キャンペーンを配信した際のデータを取得し、これらの疑問を抱くことが、配信結果を理解するための出発点になります。

もちろん、メールのOpenイベントや迷惑メール報告は、あなたのメッセージに対する受信者の反応を知るための重要な情報となります。しかし、マーケターは見落としがちではあるものの、メッセージの送信中に発生したイベントも、同じように意味のある情報です。

SendGrid経由で購読者にメールを配信した際に、SendGridと受信側メールサーバの間で発生するイベントは、以下の4種類です。

  • Delivered – 受信側メールサーバがメッセージを受け付けた。
  • Bounce – 受信側メールサーバがメッセージの受け付けを拒否した。SendGridは、その宛先をサプレッションリストに掲載し、以降はその宛先に対してメッセージを送信しない。
  • Blocked – 受信側メールサーバがメッセージの受け付けを拒否した。SendGridは、送信リクエストがあれば、以降もその宛先に対してメッセージを送信する。
  • Deferred – 受信側メールサーバがメッセージの受け付けを先送りにした。

それでは、各イベントの意味合いを簡単に見ていきましょう。メール配信のパフォーマンスを向上させるのに役立つはずです。

Delivered

よくある誤解は、「Deliveredされたメッセージは、受信ボックスに届いている」というものです。Deliveredは、単にSendGridからのメッセージを受信側メールサーバが受け付けた、ということを意味します。受信側メールサーバは、その時点では、受け取ったメッセージの扱いをまだ決めていません。

多くの場合、その後のメッセージの扱いとしては、メッセージを受信ボックスに届けるか、迷惑メールフォルダに振り分けるかの2択になります。また、頻度は低いものの、受信側メールサーバがメッセージを破棄することもあります。こういったケースでは、受信者が迷惑メールフォルダを検索したとしても、メッセージを探し出すことはできません。メッセージが破棄されることは稀ですが、起こり得る動作です。

ほとんどの場合、メッセージの振り分け先は、送信者のレピュテーションやコンテンツによって決まります。送信者が、多くの迷惑メール報告を受けていたり、迷惑メールのリスクが高いとインボックスプロバイダが認識しているコンテンツを送ったりした場合は、より受信ボックスにメッセージが届きにくくなります。Deliveredの割合が高いことはすばらしいことですが、メールを届けるための第一歩に過ぎないのです。

Bounce

受信側メールサーバにメッセージが拒否されることを、一般的には「ハードバウンス」や「ソフトバウンス」と言いますが、SendGridではBounceとBlockという用語を使用します。

Bounceは、受信側メールサーバが「当該サーバや宛先アドレスに関する恒久的な理由で、メッセージの受け取りを拒否したこと」を示す結果コードを返した場合に発生します。Bounceが発生する理由として最も多いのは、宛先アドレスが不正であるというものです。SendGridのEvent Webhook機能を使用している場合は、”Bounce”というイベントタイプでPOSTされます。

Blocked

受信側メールサーバが、宛先アドレスに関する一時的な理由でメッセージの受取りを拒否した状態をBlockedと言います。これは、一般的な用語では「ソフトバウンス」と呼ばれる状態です。要するに、そのメッセージだけを拒否するのであって、宛先アドレス自体を評価するものではありません。

メッセージがブロックされる主な原因としては、送信元IPまたはドメインがブラックリストに登録された、送信したコンテンツがプロバイダから迷惑メールと疑われた、キャンペーンの送信時にサーバ間の通信で技術的な問題が発生したなどが挙げられます。

また、多くの迷惑メール報告を受けると、メッセージが迷惑メールフォルダに振り分けられるだけではなく、レピュテーションの低下によってメッセージがブロックされる原因にもなります。SendGridのEvent Webhook機能では、このイベントを”Blocked”というイベントタイプでPOSTします。Blockedイベントの発生状況は、レピュテーションの低下の指標として役立てることができます。

Deferred

Deferredイベントは、SendGridが、受信側メールサーバから「一時的にアクセスを制限している」という応答を受け取った場合に発生します。電話で言うと、「通話中」の状態と同じです。

Deferredイベントが発生したからといって、メッセージが届かないわけではありません。むしろ「すぐには届かない」という意味の通知です。このイベントの発生原因はさまざまです。よくある原因としては、送信者が過去に配信したメールに対して、多くの迷惑メール報告がなされている場合や、受信側メールサーバに障害が発生している場合などが挙げられます。

SendGridは、メールが特定のプロバイダでDefferedしていることを検出した場合、その後72時間は再送を試みます。その宛先に対するメッセージが、72時間以上にわたってDeferredし続ける場合は、Block状態に移行します。Block状態に移行する前に、受信側メールサーバがメッセージを受け付けた場合は、Deliveredイベントが発生します。一度Deliveredされると、SendGridは再送処理を終了します。

Event Webhook機能を使用している場合は、イベントを解析するために有効な情報をドキュメントで公開していますので、確認してみてください。

ここまでで、4つのイベントの意味合いについて概説してきました。
これらのイベントに着目することで、メッセージがSendGridから受信ボックスに届くまでの道筋で起こっていることの手がかりを得ることができます。メール配信のためのより詳しい情報については、「Email Deliverability Guide – メールを確実に届けるために」をご覧ください。